5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天皇はクソ

1 :po:03/09/14 18:33 ID:4nRiy0Zv
クソ!

666 :名無しかましてよかですか?:04/02/25 12:23 ID:tdne81JN
666get!

667 :キムコ:04/02/25 14:25 ID:zf5WKHk2
>>663
不可侵条約を一方的に破ったソ連の参戦は想定外の事態だった。
すべてを予見しろといわれたらそのとうりだが、預言者でもない天皇個人には不可能なことだ。
北方領土は終戦後連合国間で協議してその帰属を確定することになっている。
地図でピンクの色に成っている部分がまだ確定されていない部分だ。

無条件降伏という国家の降伏は前例の無い異常な要求だった。
国家を解体されても異議申し立ても出来ないことになり、国家民族の存亡を賭けた決断だった。
単なる戦闘行為の停止とぜんぜん性格が違う国家としての降伏は、連合国の真意が不明なために躊躇せざるおえなかった。
ドイツのように分断されるのか予想もつかないため決定が遅れた。
天皇は降伏に反対していなかったと聞いている。


668 :キムコ:04/02/25 14:29 ID:zf5WKHk2
>>665
「粋だね!」  

669 :名無しかましてよかですか?:04/02/25 15:43 ID:DJKeZFW2
7月に降伏を申し受けた時、天皇制維持だけがネックだった。
無条件とは、事実上、天皇制を放棄せよという意味だ。
1945年8月の時点で,ドイツはまだ分断されてなかった。

670 :名無しかましてよかですか?:04/02/25 16:28 ID:pniIJbUj
7月に降伏してたら台湾と千島と南樺太と関東州は
保全されていただろうね

天皇より領土のほうがいいや

671 :名無しかましてよかですか?:04/02/25 18:24 ID:ZVnqYjX/
>>670
原爆を落とす為、アメリカは降伏を受けつけなかっただろう。

>保全されていただろうね

・・・・そんなわけないでしょ。

672 :名無しかましてよかですか?:04/02/25 21:35 ID:6f0x3lll
どっち道ソ連はヤルタ協定を盾に強引に満州・朝鮮へ進軍し、工業設備などを持ち去っただろう。

673 :名無しかましてよかですか?:04/02/25 22:07 ID:DJKeZFW2
ポツダム宣言で降伏を申し出たのは、アメリカの方です。
いったん日本は受け入れる事にして応じたが
天皇制維持でまとまらなかった

674 :名無しかましてよかですか?:04/02/26 07:09 ID:RgOLAO6A
ここに天皇を中傷する人々がいます

http://www.megabbs.com/Baby/

675 :キムコ:04/02/26 23:04 ID:CAcQr0S4
>>673
理不尽な要求だと思いませんか?
ヒトラーが英国の王室を解体せよと要求することと同じでしょう。

どこに相手国の文化や習慣制度への配慮が感じられるでしょうか、
当時の関係者が怒り、抵抗することは当然でしょう。

当時としては異常に高圧的な、理不尽な要求だったのです。

676 :名無しかましてよかですか?:04/02/26 23:23 ID:J2FpMJYa
天皇という存在は
人類誕生以来これまで地球上に現出した奇跡の中でも
最も素晴らしい奇跡なんだ。

677 :名無しかましてよかですか?:04/02/27 00:00 ID:fonf+cqz
文化施設も、人間も何もかも破壊されている時期に、
高圧的要求・・・戦争に無関係にお茶お花でもしている連中に
とっては、そうかも知れないなあ。国民の苦しみなんか
気にしないお偉いさんは。普通の神経なら、降伏して、国民を
救おうと思うはずさ。

678 :名無しかましてよかですか?:04/02/27 00:15 ID:ax31V+eV
>>661
>宗教倫理と産業労働者倫理の齟齬がどのように解消されようと努力
>されていたかということです。

心学にみられるように、世俗的に勤勉を尊ぶ日本が、なにをいまさら欧米のドキュソな宗教観混じりの勤勉など。(W

>それだけでないことは知っているはず。衛星国家と日本の違いも。

日本はアメリカの回りを回ったりしないよ。
アメリカの手の中で回されてるんだ。

>それは「分裂」・・・。

じゃ、ローマ帝国は?
ゲルマン人の大移動で帝国を分割されたんじゃなくて、併合した領土を失っただけ?
オスマン・トルコ帝国は?
オーストリア・ハンガリー帝国は?
分割されたんじゃなくて、併合した領土を失っただけ?
それなら日本も併合した領土を失っただけだろうが、それじゃ、戦争に負けて分割された帝国って、あるの?

679 :名無しかましてよかですか?:04/02/27 00:21 ID:ax31V+eV
>>662
>今の日本も、官僚が公社公団で天下りや乱脈運営で巨額赤字をだし、年金制度を崩壊させようとしている。
>これらが天皇の責任だというのは、あまりにも無責任な国民というべきだろう。

もちろん、官僚の責任だよ。今も戦前もそうだ。
官僚にとって天皇制という無責任体制はとっても便利なんだよ。

>戦前だって選挙で議員を選ぶことが出来たのだ。

国権の最高機関としての議会の議員を選挙で選ぶことができたわけではない。

>あのような国家体制にしたのは国民自身なのだ。

天皇が勝手に出した憲法で、国民が決めたわけではないのだが。


680 :名無しかましてよかですか?:04/02/27 00:21 ID:4iI55z2T
>>675
>当時としては異常に高圧的な、理不尽な要求だったのです。
ナポレオンや、一次大戦のドイツなどで帝政廃止の前例はあるし、日本も戦勝国と
してその処分に賛成していたのですよ。異常でも高圧的でも理不尽でもありません。

681 :名無しかましてよかですか?:04/02/27 00:27 ID:ax31V+eV
>>667
>すべてを予見しろといわれたらそのとうりだが、預言者でもない天皇個人には不可能なことだ。

真珠湾奇襲に先立って、日米間の国力の差を考えて、日本に勝ち目がないと予測するのに預言者の能力など必要なかろう。

>天皇は降伏に反対していなかったと聞いている。

そうじゃねーよ。天皇の処遇がネックだったんだよ。


682 :名無しかましてよかですか?:04/02/27 00:29 ID:ax31V+eV
>>671
>原爆を落とす為、アメリカは降伏を受けつけなかっただろう。

アメリカが突き付けた条件を日本が丸呑みしたら、アメリカは受け入れる以外にないのだが。


683 :名無しかましてよかですか?:04/02/27 00:34 ID:ax31V+eV
>>675
>理不尽な要求だと思いませんか?
>ヒトラーが英国の王室を解体せよと要求することと同じでしょう。

そもそも戦争というのは、理不尽な要求によって外交交渉による解決が不可能になった結果なのだが。
だから普通に理不尽な要求なら負けた方が受け入れて決着する。


684 :名無しかましてよかですか?:04/02/27 01:23 ID:DZXIik5g
>>678
>なにをいまさら欧米のドキュソな宗教観混じりの勤勉など。

君は産業の発展と倫理観の変貌の相関関係についてまるで
無知だということだ。高度な産業が発達するうえで、国民に
必要な倫理観とは何か?よく考えてみることです。
あと「世俗的に勤勉を尊ぶ日本」はもっぱら明治以降のもの。
近代とそれ以前では中身がまるで違う。

>日本はアメリカの回りを回ったりしないよ。

おやおや、知らないようならもういいですよ。あと、たとえば
内乱の結果複数の国にわかれたものを「分割」などと呼ばない。
意図的に分けて統治したものなら「分割」と呼べる。「割譲」とも
もちろん違う。「独立」も分割とは違う。もっと分かりやすく言おうか?
アメリカが「日本国」と「北海道共和国」とに分けて統治したなら
「分割」、北海道を己の領土に編入したのなら「割譲」。
ちなみに朝鮮は「独立」。


685 :名無しかましてよかですか?:04/02/27 01:32 ID:DZXIik5g
>>682
>アメリカが突き付けた条件を日本が丸呑みしたら、アメリカは受け入れる以外にないのだが。

甘いですねえ。文句のつけようなどどうとでもなるものなのです。
第一この条件がすんなりと飲めないことくらい、アメリカは知って
いたんですよ。莫大な費用をつぎ込んだマンハッタン計画の
総仕上げをしない訳無いでしょ?

686 :キムコ:04/02/27 11:12 ID:m7gyn2Tm
倒産した会社が再生できるように、従業員の処遇を再雇用できるように、
敗戦の条件闘争をすることはごく普通のことだろう。

無条件降伏でも交渉で有利な状況を獲得しようとしていた。
記録では天皇個人が自分の処遇を心配して終戦に反対していたというものは存在していない。
国体の護持=日本という国が残ることを希望していた。

687 :名無しかましてよかですか?:04/02/27 23:14 ID:hNjECiwe
国体とは天皇制の別名だよ

688 :名無しかましてよかですか?:04/02/28 00:07 ID:hT3OpHal
>>686

うだくだ降伏しないで、日本人が死ぬに任せていたのと、
降伏後の条件闘争と一緒にするなよ。


689 :名無しかましてよかですか?:04/02/28 00:09 ID:hT3OpHal
>>685

>第一この条件がすんなりと飲めないことくらい、アメリカは知っていたんですよ。

そうだよ。天皇は天皇制にこだわった。そして大勢の日本人がさらに死んだ。

690 :名無しかましてよかですか?:04/02/28 00:26 ID:fGtVwriF
>>684
>君は産業の発展と倫理観の変貌の相関関係についてまるで
>無知だということだ。高度な産業が発達するうえで、国民に
>必要な倫理観とは何か?よく考えてみることです。
>あと「世俗的に勤勉を尊ぶ日本」はもっぱら明治以降のもの。
>近代とそれ以前では中身がまるで違う。

他人を無知と罵る以外に開陳すべきことは何もないのか?
しかも、こちらは心学の話をしてるのに明治以降とは馬鹿馬鹿しくて馬鹿馬鹿しくて。

>日本はアメリカの回りを回ったりしないよ。

>内乱の結果複数の国にわかれたものを「分割」などと呼ばない
>アメリカが「日本国」と「北海道共和国」とに分けて統治したなら「分割」

日本と朝鮮と台湾と琉球と南洋群島とソ連占領下の北方領土に分割されたのは何と呼ぶんだ?
朝鮮だの台湾だの、自力で内乱起こして独立したわけでなし。


691 :名無しかましてよかですか?:04/02/28 17:05 ID:4ijmO9rU
>>690
こまったなあ、罵るも何も君が知らないから「無知」なんですよ。
罵ってはいません。知らないのに知ったような態度は関心しません
がねw

>心学

また恥ずかしいことを・・・。心的資質が形成される際に国土、風土、
人口密度と構成など諸所の問題が関係していることを前提として
天皇制などの話をしているんですよ。たとえば産業の転換はそれに
従事する人間たちにある「心的」改革を迫ります。それは何か・・・?
明治政府はそれにどう対応したのか?

>明治以降とは馬鹿馬鹿しくて

天皇制、近代産業を語る上で明治以降と以前を分けて考えるのは
子供でもわかると思っていたのですが、残念ですね。ひょっとして
きみは田んぼを耕すこと、産業に従事することの違いがわからない?

「分割」云々の件は政治的に考えるべきですね。政治の話なのだから。

692 :名無しかましてよかですか?:04/02/29 01:02 ID:aBg3bFv/
>たとえば産業の転換はそれに従事する人間たちにある「心的」改革を迫ります。
>それは何か・・・?
>明治政府はそれにどう対応したのか?

そんなことも知らないで一々教えて呉れというのですか?
付き合い切れませんね。




693 :名無しかましてよかですか?:04/02/29 18:18 ID:+ZGNwV4t
>>692
知ってますよ、もちろんw
というかこれが私の主張の核心部なのですがねえ。過去レスを
読むこと。わたしは繰り返しこの内容を述べています。
あなたの意見があまりにトンチンガンなので、理解できているか
どうか確認しようとした「発問」なのです。

694 :名無しかましてよかですか?:04/02/29 23:29 ID:iJ7zTXhq
>>691
>知らないのに知ったような態度は関心しませんがねw

相手を無知だ無知だと言うだけで、産業と宗教倫理の関係とやらについて、俺が示した以外に何の見解も示せない。
それこそ、知らないのに知ったような態度、だろ。

>また恥ずかしいことを・・・。心的資質が形成される際に国土、風土、
>人口密度と構成など諸所の問題が関係していることを前提として
>天皇制などの話をしているんですよ。たとえば産業の転換はそれに
>従事する人間たちにある「心的」改革を迫ります。それは何か・・・?
>明治政府はそれにどう対応したのか?

それが心学について何か反論になっているとでも?

>天皇制、近代産業を語る上で明治以降と以前を分けて考えるのは
>子供でもわかると思っていたのですが、残念ですね。ひょっとして
>きみは田んぼを耕すこと、産業に従事することの違いがわからない?

おやおや、自虐虫は日本は何でも明治になって西洋から学んだとでも思っているのかな?
例えば先物市場というのは大阪の米相場が世界で一番最初だ。
世俗的倫理観も日本は西洋に先駆けている。
明治になってから宗教倫理で産業化なんて日本から見れば退行現象だよ。
ていうか「男神のチンコを女神のマンコに差し込んで…」なんて神話に何か産業化に都合の良い倫理が隠されているのか?
明治以降の日本は国家神道を作ってはみたものの、倫理については儒教に依存してたじゃないか。
国家神道を国教にしたことは天皇を担ぐのに成功した香具師らの日本国内での立場を強化する役には立っただろうが、日本の立場を国際的に強化する役には立ってないんだよ。

>「分割」云々の件は政治的に考えるべきですね。政治の話なのだから。

政治学には普通の「分割」以外の特別な「分割」の定義でもあるのか?
あるなら示して欲しいな。
ちなみに分割の普通の意味は「幾つかに分けること。分けて別別にすること。」だが。

695 :名無しかましてよかですか?:04/03/01 00:06 ID:Nz+g0Wv/
>>693

名無しに過去レスと言われてもな。どれがお前の書込みなんだ?
これ↓なんか、お前のか?

天皇なんか崇拝するなんて馬鹿らしい。


696 :名無しかましてよかですか?:04/03/01 00:17 ID:XmqWPcnb
>659
>GHQが怖くて人間宣言するような香具師はクソ。
>てか、明治帝以来ずーとクソだけどね。
>政治の都合に左右されるような宗教的権威は宗教的権威の名に値しない。

GHQが怖くて人間宣言しただなんて脳内で天皇その他を矮小化し過ぎだよ。
昭和21年年頭の詔書のどこが天皇の名に相応しくないわけ?
本来あの詔書を「人間宣言」て呼ぶのも変な話なのに。

閣議決定に拒否権が無く、発言も内閣の輔弼による天皇が
政治に左右されるのは当たり前でしょ。
天皇をGODだ、GODであるべきとでも思ってんの?

697 :>696:04/03/01 00:37 ID:mGHi0iY0
>閣議決定に拒否権が無く、発言も内閣の輔弼による天皇が
>政治に左右されるのは当たり前でしょ。

そんな、篭の鳥みたい天皇のどこに権威がある。

>天皇をGODだ、GODであるべきとでも思ってんの?

宗教的権威を失った天皇はだたのクソ、ということさ。
クソが良いか悪いかは別問題だ。
ま、同じクソなら英王室くらいクソに徹すれば、あれはあれでエンターテイメントだ。


698 :おひさ5:04/03/01 01:26 ID:e0ldIpDm
>>663
>>669
>>689
天皇だけがこだわったわけではなかろう、官僚(国民)もこだわったはず
思想とかではなく「日本人」というものを守ろうとすれば当然そうなる
それに降伏勧告後数日で原爆を落とすのは常識的判断とは言い難い
放っといても降伏するのは時間の問題だったはず

「民主主義」というのはUSAの形を支える唯一の「思想」なのでそれを脅かしかねない「独裁体制(に見える)」文明を破壊したい
自分たちの思想を正当化したいというのがこの戦争の理由の一つ(共産主義、近年のフセイン氏の存在も同様(金氏は別))
また「(米国の)経済政策の一環」としての戦争であると言うのも理由の一つ(イラク戦争も同様)
太平洋戦争は経済戦争であり思想戦争(以後、朝鮮、ベトナム・・・)の始まりでもある

戦争は「なぜ始まったか」があって、「終わりはどうするのか」がある
始まり(?)には「真珠湾(WTC)」が必要で
終わりには「日本(イラク)を民主主義国家にした」という世間体が必要なんです
朝鮮(中国)への足がかりとなる沖縄を押さえて満足した点も挙げておく


699 :おひさ5:04/03/01 01:39 ID:e0ldIpDm
>>697
>宗教的権威を失った天皇はだたのクソ、ということさ。
本当に(宗教的、日本人的権威を)失ったと思いますか?
その権威がないなら敢えてあなたは彼を「クソ」と呼ぶ必要はないはず

確かにただの看板に「今は」なっているが、彼らは今も「皇族」で
あなた方には残念なことかもしれないが我々は間違いなくその国民なんです
どこかに書いてあったが「看板」が国旗や国歌のような「もの」ではなく
「人間」であることには意味がある
人間であるが故にその「発言」に少なからずの国民がその影響を受けているという現状を目の当たりにしているはずです
実質、看板であるためその発言内容は官僚が示すのだが
人間なのだからその言葉には「意思」があり「力」があるんです
米国に見せるために「象徴」=「看板」としたが、むしろ
「看板」<「旗印」という意味合いもあるんです
実質的権力はないし規模も小さくなったが、戦時中とその意味合いに差は無いんですよ


700 :名無しかましてよかですか?:04/03/01 02:10 ID:sJxFt98e
>697
崇高な権威である天皇が憲法の制限下におかれ
内閣と協調するからこそ、
憲法や政権に権威が生じると思う。

長い歴史上で見れば天皇は宗教的権威を失ったと呼べる程には失ってないと思う
(多分、詳しく調査できないからわからないけど)。
世界大戦という未曾有の緊急事態だったからこそ
一時的に天皇崇拝に熱狂が生まれざるをえなかっただろうし、
一たび熱狂が過ぎれば、大戦以前のように、
或は今現在のように厳かな信仰に戻って当然。
今もこんな無礼極まりないスレが堂々と存在できてるわけだし。

>クソが良いか悪いかは別問題だ。

そうなの?悪い意味で使ってるとばっか解釈してた。
なんかニュアンスが複雑だなぁ。

>あれはあれでエンターテイメントだ。

これはエンターテイメント性が高ければ天皇に多少は理解なり敬意なりを払えるぜって意味だね?
ならば文化や歴史や宗教や政治もエンターテイメント性を孕んでいるから
天皇のエンターテイメント性という視点でも十分に高い価値があるでしょ。

以上の理由から、例え悪い意味で使ってなくても、
例え崇拝できなくとも、例え天皇制反対でも
「クソ」とかそーゆー類の表現は控えるべきだと思う。

701 :名無しかましてよかですか?:04/03/01 02:48 ID:sJxFt98e
排泄物には肥料になるとか良い意味もあるだろうけどさ、
その文脈から見ると悪い意味で使ってるとしか映らないかもよ。

702 :名無しかましてよかですか?:04/03/01 03:48 ID:wn5ehsgu
>>694
きりが無いので思いっきり簡単にまとめましょう。要するにですね、
産業の変遷は社会そして人間を変えてしまうということですよ。
そしてその産業をそのままほかの文明の人間のうえに移植できる
のかというとこれは非常に難しい。西欧倫理を日本流に翻訳する
際に「天皇教」に一役買ってもらったということですよ。というか
過去レスで何度か触れたはずだが・・・・。

>明治になってから宗教倫理で産業化なんて日本から見れば退行現象だよ。

勘違いですね。優劣の話などしていません。

>世俗的倫理観も日本は西洋に先駆けている。

倫理に優越も何もないでしょ?時代時代の要請なんですよ倫理は。

>「男神のチンコを女神のマンコに差し込んで…」なんて神話に何か
>産業化に都合の良い倫理が隠されているのか?

私がわざわざ「天皇教」と言った意味がわからないようですねえ。
「分割」の件は歴史教科書でもみてください。「独立」「割譲」みな
意味が違います。


703 :名無しかましてよかですか?:04/03/01 03:50 ID:wn5ehsgu
>>695
あえていうなら「天皇なんて税金の無駄使い」など子供の言い分だ
と言いたい訳ですよ。機関として役に立ってますよ。

崇拝するしないはその人の自由です。

704 :名無しかましてよかですか?:04/03/01 23:41 ID:wbiuBc8R
>>698
>それに降伏勧告後数日で原爆を落とすのは常識的判断とは言い難い
>放っといても降伏するのは時間の問題だったはず

そりゃ原爆くらい使うさ。
もたもたしてたらソ連にどこまで取られるか分かったものじゃないのに。

>「民主主義」というのはUSAの形を支える唯一の「思想」なのでそれを脅かしかねない「独裁体制(に見える)」文明を破壊したい

御陰でポチホシュが賛美して止まない象徴天皇制が出来ましたとさ、メデタシメデタシ。


705 :名無しかましてよかですか?:04/03/01 23:59 ID:wbiuBc8R
>>699
>本当に(宗教的、日本人的権威を)失ったと思いますか?

思う。
宗教的権威というのは俗人が何を言おうが、超自然的力によってカリスマを与えられているものだ。
少なくも信者はそう思ってるものだ。
「国民の総意で天皇です」なんて、世俗もいいとこだ。

>その権威がないなら敢えてあなたは彼を「クソ」と呼ぶ必要はないはず

はじめから権威がないなら、クソにさえなれない。
権威を失ったからクソ。


706 :名無しかましてよかですか?:04/03/02 00:14 ID:k4GAx9t/
>悪い意味で使ってるとばっか解釈してた。
>なんかニュアンスが複雑だなぁ。

良い悪いは別として、すでにクソになっちまったってことだ。
伝統芸能の形式的残滓だよ。
せめて何かの肥やしになれれば上出来だ。

>これはエンターテイメント性が高ければ天皇に多少は理解なり敬意なりを払えるぜって意味だね?

全く逆だ。
俺は娯楽番組英王室を見て楽しむことはあっても、理解も敬意もない。
日本の皇室が英王室みたいになるなら、日本の象徴の地位を辞退して欲しいね。

707 :名無しかましてよかですか?:04/03/02 00:42 ID:k4GAx9t/
>>702
>過去レスで何度か触れたはずだが・・・・。

どこで?
念のため検索してみたが心的資質も国土も風土も人口密度も人口構成も691がこのスレでの初出だ。
それを「何度も繰り返した」と強弁してもダメだよ。

>勘違いですね。優劣の話などしていません。
>倫理に優越も何もないでしょ?時代時代の要請なんですよ倫理は。

お前こそ勘違いだ。
俺は時間的前後関係の話をしてる。
優劣の話ではない。
日本が遅れていたのは理系、特に工業技術の分野だ。
人文社会系ではない。
社会が遅れていないのだから倫理も遅れていない。
遅れていないのに追い付こうとする香具師はバカ。

>私がわざわざ「天皇教」と言った意味がわからないようですねえ。

わからねーよ。教えてくんねーか。

>「分割」の件は歴史教科書でもみてください。

どの教科書の何ページ目だ?


708 :名無しかましてよかですか?:04/03/02 00:50 ID:k4GAx9t/
>>703
>機関として役に立ってますよ。

盲判押すのが仕事だろ。晴眼者の仕事じゃねーよな。


709 :名無しかましてよかですか?:04/03/02 02:04 ID:3BYraoVL
>>707
>日本が遅れていたのは理系、特に工業技術の分野だ。
>人文社会系ではない。
>社会が遅れていないのだから倫理も遅れていない。
>遅れていないのに追い付こうとする香具師はバカ。

あなたが社会思想史にかんして無知であることが良く分かりました。
倫理は変遷するものであって、進んだり遅れたりするものでは
無いんですよ、わかります?論理学か何かと勘違いしてない?

倫理というのはね、「なにをよしとするか」という問題なんですよ。
産業革命以降の近代産業をささえる労働者の意識(倫理)と
近代産業が要求する諸条件の間に齟齬が発生したらどうなるか?

710 :名無しかましてよかですか?:04/03/02 02:08 ID:3BYraoVL
>わからねーよ。教えてくんねーか。

「神道」との違いを強調するためです。政治的場において。

>どの教科書の何ページ目だ?

子供じゃないんだから、それくらい自分で捜してください。
それぞれの言葉がちゃんと使い分けられていることに気が付くでしょう。

711 :名無しかましてよかですか?:04/03/02 23:34 ID:8MhruHmo
>>709
>あなたが社会思想史にかんして無知であることが良く分かりました。
>倫理は変遷するものであって、進んだり遅れたりするものでは
>無いんですよ、わかります?論理学か何かと勘違いしてない?

知識というものは単純に変遷するものではなく、進歩するものだよ。
物理学でも化学でも農学でもそうだ。
そうやって進歩した知識や経験に支えられた社会は進歩した社会と呼んで良いだろう。
そういう進歩した社会により良く適応している倫理を進んだ倫理と呼んで何か悪いか?


712 :名無しかましてよかですか?:04/03/02 23:38 ID:8MhruHmo
幕末明治にかけて日本は大勢の外国人技術者を雇った。
また言葉も「物理学」のように外国語を翻訳するための造語もした。
しかし、それは専ら理系の話だ。
日本は経営者を外国から雇ってくる必要はなかった。
手形とか為替といった経営や商業の用語も日本在来のものが使えた。
労働者についても幕末の日本にはたった三ヶ月で洋式帆船を建造できる技能工が大勢いたんだよ。
つまり日本に足りなかったのは理系の知識や科学的発想だったんだ。
で、理系の人材の養成が国家の急務である時に宗教だのオマジナイだのに時間を裂く香具師はバカだろ。


713 :名無しかましてよかですか?:04/03/02 23:56 ID:8MhruHmo
>>710
>「神道」との違いを強調するためです。政治的場において。

それで?
神道と政治的に違うと何か産業倫理の面で有利なのか?
科学的思考が必要とされる時代になってるんだよ。
「天皇さまは神さまだ」と信じると科学に目覚めるのかよ?(W

>子供じゃないんだから、それくらい自分で捜してください。
>それぞれの言葉がちゃんと使い分けられていることに気が付くでしょう。

あんたの脳内教科書は佐賀市ようがなくてね。
もちろん独立と割譲は違うものだが、どちらも分割の一形態として現れ得るだろ。
言ってみれば「サンマとヒラメは違うが、どちらも魚の一種」という感じだな。
あんたの教科書では「サンマは魚で、ヒラメは魚ではない、なぜならヒラメはサンマではないから」とでも書いてあるのか?


714 :名無しかましてよかですか?:04/03/03 22:53 ID:6nSvB7HB
>>711
>知識というものは単純に変遷するものではなく、進歩するものだよ。

いやだから・・・。倫理学という学問ならそりゃ日々進歩していきますよ?
たくさん学者がいて大量の論文が執筆されていますしね。でも倫理は・・。
分かりやすく言うとですね、チリ人と日本人では善悪の基準が
一致しないことがありますよね?また主婦にとっては許されること
でも板前にとっては許しがたい振る舞いというのがあるでしょ?
これが倫理の違い。進んでいるいないの問題ではない。

>進歩した社会により良く適応している倫理を進んだ倫理と呼んで何か悪いか?

だから近代産業を取り入れた際にそれに「適応」する「進んだ倫理」
が模索されていたわけ。士農工商が近代西欧文明にマッチするなど
誰も思わないでしょ?

715 :名無しかましてよかですか?:04/03/04 00:24 ID:XVkgQB5H
>714
>だから近代産業を取り入れた際にそれに「適応」する「進んだ倫理」が模索されていたわけ。

オイオイ、倫理に進むも遅れるもない、変遷するだけだって誰かが言ってなかったか?(W

>士農工商が近代西欧文明にマッチするなど誰も思わないでしょ?

皇族、華族、士族、平民がマッチするとも思えないが。(W


236 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)