5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本は民主主義国家なのか?

1 :憂国:03/11/25 14:28 ID:C6WmztbZ
あえて問いたい。日本は、はたして民主主義国家なのか?
年金対策、憲法改正、構造改革、イラク派兵、アメリカ属国化、非自主的外交。
批判の声はいつの世も多いが、結局、自民党が勝つのは何故だ?
いつまでも地方の自主性を殺しておく超中央集権体制が続くのは何故だ?
世界第二位の経済大国と言われ続けて、生活には取り立てて問題もないのに、
日本国の自殺率は世界最高で、年間3万人以上。どう考えても病んでない?
「人生は生きてゆく価値がない」と思う人がそれだけいるって事でしょ?
日本って、本当に民主主義国家なのか?いや、長谷川三千子風に言えば、
もしかして、日本は民主主義だからダメなんじゃないのか?
世界平和は確かに必要だ。
でも今の日本ってそんなに「平和」か?
今の日本人ってそんなにも「幸せ」か?
あえて問いたい。問いつめたい。小一時間問い詰めたい。
日本は独立した民主主義国家なのか???

2 :右や左の名無し様:03/11/25 14:41 ID:???
自殺率と民主主義とどういう関係が?

3 :右や左の名無し様:03/11/25 14:50 ID:???
>2

民主主義で多くの国民の意見が繁栄された国家ならば、何故そんなに自殺者
が多い社会が形成されて、継続的に存在するんだ???

という意味で書いたのだけれど、説明不足ですた。どう思う?


4 :右や左の名無し様:03/11/25 14:56 ID:???
>>1
日本は民主主義国家です。

5 :右や左の名無し様:03/11/25 16:03 ID:Bj0yQI45
>>3
資本主義だから。

6 :右や左の名無し様:03/11/25 16:29 ID:b8+TGmzo
日本が真の民主主義国家だと思ってる一部の勉強不足の人達と、国家の未来よりも
自分の利益だけを考える人達が結局自民党を支持しているのではないのでしょうか?
未来を考えない選挙に行かない人々も問題ですが。
社会に溢れる世襲制や、統制されたマスコミの報道、気ずけば、おかしい事ばかりだと思う。



7 :右や左の名無し様:03/11/25 19:39 ID:kEHcGsTk
さてと、今日の日課。
「女は人間じゃなくて家畜だよ。」
「女は人間じゃなくて家畜だよ。」
「女は人間じゃなくて家畜だよ。」
おわり。


8 :右や左の名無し様:03/11/25 20:57 ID:uH13z+bd
日本は取り敢えず共産思想の国じゃないので、ほっとするね
共産主義の国民だったら、経済がこれだけ低迷していたら
暴動とかデモも起きて国民がバラバラで、きっと大変だったな
日本って国はそれぞれの場所で
なんとかその状態でも調和させていこうとする優秀な国民がいるから
日本政府も成り立ってるわけで国民が優秀なことに感謝するべき、普通共産圏の思想で国民がいたら
とっくにゴルバチョフのような憂い気目に今の与党なんてあってるわけで、
70年代当時に極端な評論する人間に高度成長期後の
将来の展望としてバブル崩壊後の
経済の低迷の数字を見せたら、多分凄いこと言ってたと思うよ
日本人がいかにタフで経済が悪いなら悪いなりにうまくやっていける国民であるとの
証明でもあるわけで個人が抱えてる大きな負債とかとは別に社会が大きく乱れずやれてることは
世界から見たら高度成長の頃の日本と今の日本は落差は数字上であっても
人間はけっこう優秀な国民だと言えるだろうな
共産主義背景の国だったら、これだけ経済冷えてたら今頃もっと大変だよ
日本人は、『和をもってたっとす』の国でいいと思う自分達のバランスで
うまく回そうとする国、だからサムライや武士道が出てくる国でもある
もともと日本人には共産思想は根ずかないし合わない国なのさ

9 :右や左の名無し様:03/11/25 23:42 ID:???
天皇条項が憲法から消えればだいぶ民主国家にになる

10 :右や左の名無し様:03/11/26 02:26 ID:yljzOnMN
>>1
そんなスレを平気で立てられる時点で民主主義国家の証だよ。

11 :右や左の名無し様:03/11/26 03:12 ID:???
>>1
>小一時間問い詰めたい。
小一時間でいいのか?
じゃあ、もう終わっているじゃないか。w
とっくに1時間以上たっているよ。

12 :右や左の名無し様:03/11/26 03:44 ID:zix1siX7
かつてのファシズムの時代の名残がまだまだあるよ。
民主化されてないと思うな。
これから全体主義に逆戻りするとは思わないけど
世襲化や犯罪は酷くなる一方だろうね。



13 :右や左の名無し様:03/11/26 05:02 ID:???
たしかに全体主義政党共産党は勢力を減勢させつつあるね。

14 :右や左の名無し様:03/11/26 06:53 ID:???
>>6
>日本が真の民主主義国家だと思ってる一部の勉強不足の人達

というからには、「民主主義」の定義を述べる必要が出てくるわけだが。
あなたのいう「民主主義」とは何かな?

>>6         >>8
 ×気ずけば    ×根ずかないし
 ○気づけば    ○根づかないし

同一人物かな。
 




15 :右や左の名無し様:03/11/26 08:37 ID:rFVLk2i2
民主主義を模索中だと思う なぜなら平成の世に天皇が
開放されていないからだ
天皇を解放して始めて民主主義の起点にたちうる

16 :右や左の名無し様:03/11/26 10:22 ID:???
立憲君主制は民主主義の見本

17 :右や左の名無し様:03/11/26 18:09 ID:???
「理想」を信仰させる国家は不健康な国家である。
大衆を酔わせるような「理想地上天国」などを説いて成功した国家などない。
「未来の最高の理想国家を最も確実に目指している」とか、
「わが国こそ、一番の理想の全人民を幸福にしている国家」などといいはって、
大部分の民衆を不幸のどん底に陥れて、
指導者を、「偉大な」とか「敬愛する」とか、
そういう接頭語をつけて呼ばなければ罰せられるような国の不幸を見よ。
「民主主義人民共和国」などと祖国の名を唱えるような地には生まれたくないものだ。

18 :金正日天皇陛下を解放して始めて民主主義:03/11/26 18:13 ID:7TZ6c1hU
http://cgi.din.or.jp/~yossiy/cgi-bin/umeboard10.cgi?task=view&mnum=93
http://www5a.biglobe.ne.jp/~oumi/minshutookougi.htm
「教育勅語にも良い面がある」と発言し、野党などの攻撃の
ターゲットになっています。「日本は神の国である」との森
首相発言について、我々はこう考えます。
「林さんはもう駄目です。」
「え?」
「もうだめです。あの人、右と左の両方から金をもらっちゃった。」
林とは勿論、右翼の論客・林房雄である。
1970年・昭和45年の9月のある日、場所は銀座「浜作」
呼ばれて駆け付けた毎日新聞徳岡孝夫は『五衰の人』のなかで書いている。
「、、それまで私が見たことのない、世間の人が三島由紀夫に想像したこともない、
投げ遣りな姿と言葉遣いだった。、、(林房雄に対する怒りは)執拗であった。
普段そんなに飲まない人が、少し自暴自棄に酔っていた。」
つまり日本は太古 の昔から「やおよろず」の神々が自然界には存在すると信じ
られ、そのように信じることによって自然に対する畏敬の念
が幼い頃から育まれ、それが道徳の規範となってきたのだ
と考えます。それが証拠に日本各地においても、その地域
地域に古くから取り入れられてきた神社またはお寺などへの
祈りなどの風習が現在も行われているではありませんか。友清歓真氏著『霊学筌蹄』


19 :民主主義者:03/11/26 23:35 ID:jniLQjxj
民主主義国家とは?
主権が国民にある国家のことだよ
国民に主権があることで為政者は功利的政治を行わざるを得ない(さもなければ選挙で落選する)
これこそが民主主義政治の真髄だ

大抵の場合功利を追求すれば少数派は割を食うことになるがその場合でも自然権や人権は保障或いは補償される
これが民主主義国家においては重要な点で法は絶対と仮定せねばならないし勝手な解釈は排除されねばならない
さもなければ少数派は国民をやめたり甚だしくは国家に反逆しようとしたりするだろう(政治が行われるたび少数派は現れることに注意)

>>1
日本は民主主義国家だ
どこに問題があるかというと法の絶対性が充分に確保されていない事が第一
次に民衆の民度が低いので主権を行使するに当たり判断材料である「自分の利益」と「自分の即物的欲望を満たすこと」とを混同してしまっている事だな


20 :國憂う気持ち定めし皆同じ:03/11/26 23:48 ID:???
>>10
厳密に言えば、「言論の自由=民主主義」と捉えるのは、ちょっと違うと思う。
何故なら、日本にも規制は十分にあるので、そう捉えるなら日本は「非民主」である。

>>11
小一時間「日本の民主主義」について説明した(問い詰めた)上で、結論を聞きたい
という意味ですた。説明不足、スマソ。

>>12
厳密に言えば、日本は「ファシズム」ではなく、「軍国主義」だと思う。
非民主的な要素が未だに多々あるという点では禿同。

>>13
注意すべきは、共産主義は「民主主義」を否定していないということでつね。

>>15
「天皇」というシステムは確かに反民主的な側面があると思ふ。
ただ国民の意思自体も存続を望んでいるという点では「民主的」であって、
相矛盾した二つの側面がある。そこが現代立憲君主制国家の抱える問題点…。

>16
立憲君主制は、確かにどこの國でも安定した国家形成をしている國が多いと思う。

>17
北朝鮮も、「民主主義」を唄っているというのは、結局どこの国どんな国であっても、
国家の名において「民主主義」を否定する言説を述べるのはタブーであるということ。
そういう意味では、「民主主義」といっても、共産圏の民主主義が、かような末路を
辿った点では、デモクラシーというシステムには一定の問題性も有るわけでは。

纏めてのレスで申し訳ないでつ…。

21 :1:03/11/27 00:28 ID:???
>19
ここでの議論で出した「民主主義国家」とは、「形式的民主主義国家」ではなく、
「実質的民主主義国家」のことを指していまつ。
「主権在民」という点では、確かに日本は「民主主義国家」で間違いない。
でも、たとえば時の政府は国民の何割の支持を得ているのか。
選挙の投票率が50%前後で、さらに第一党の得票率は半分くらい…。
全体主義国家ではないので、当たり前の結果だが、国民の4人に3人は政府を
積極的に支持していないことになるわけです(漏れ含む)。

「法の絶対性が充分に確保されていない事」にも、確かに問題があるとは思うが、
戦後の「日本的民主主義」というシステム自体に問題があるのではないか。
たとえば、日本は外見上「独立国家」であるが、国民の総意を反映した独自の
外交はまず見られず、基本的にアメリカに依存しているし、その点では日本の
「国家主権」はアメリカ国民の総意に大きな影響を受けていることになる。
 論点がずれたが、近代民主主義の制度化には多くの道筋があって、「これが
民主主義だ」と決めるのはかなり難しいと思われ。もう一点、例を挙げれば、
「共産主義思想」と「民主主義」の原点は同一ということが指摘できる。
あまり知られていないが、共産主義は民主主義を否定していない、というか「真の民
主化」をすることが共産主義思想の目的である。
(その結果が「独裁」に陥っているのは誰もが認めることだが。)
マルクスは、ブルジョア的な西側の民主主義を批判したが、「民主主義」自体を否定
しているわけではなく、特権から疎外されていたすべての民衆を政治化することで、
その自覚的な結集を作り出そうとしていた。
そう考えると、共産主義の「思想」の方が、より民主的なのではないか??
(漏れは、日本が共産主義になってほしいとは思わんが…)


みんな、議論を活性化汁!!

22 :右や左の名無し様:03/11/27 00:31 ID:???

日本は官主主義国家ですよ。

23 :右や左の名無し様:03/11/27 00:42 ID:???
>22
「ワロタ」って書きたいとこだけど、あまり笑えないよなぁ…。

24 :右や左の名無し様:03/11/27 10:11 ID:x/UwusmW
>>21
論理の道筋は合っていると思われ。
確かに「形式的民主主義」ではなく「実質的民主主義」を求めるとすれば、
共産主義思想に行き着くのは必然かも。ただこれを実現するとどうなるかは、
20世紀の実験で証明された通り。

だから論理を展開する際の前提を問い直す必要があると思われ。
まず民主主義は本当に良い制度なのかどうかが一つ。
次に「形式的民主主義」よりも「実質的民主主義」が望ましいのかどうか。

俺の意見をいうと、前者に関しては、とりあえず民主主義は他の制度よりマシと思われ。
後者には反対。フランス革命以降の、ネガティブな自由ではなく、ポジティブな自由を
求める発想は、20世紀の全体主義体制の思想的基盤になったと思う。

一言で言うと、英国の保守的な民主主義観に賛成ですかね。
それから民衆の支持を得たという建前で造られた民主主義国家は、かつてない強力なパワーを
持っているので、法による支配という発想を確保することが絶対に必要。
君主制であれ民主制であれ、為政者の恣意によって国が振り回されるほど恐ろしい事はないよ。



25 :◆r0FmiN9ADk :03/11/27 10:50 ID:???
民主主義というものは反対意見の存在を許すという側面がある。
したがって、共産主意は民主主義を認めない。中国も、北朝鮮も民主主義国家ではない。

日本は宗教政党を正式に認めて、初めて民主主義国家になる。

為政者の恣意によって振り回されることも、国民の熱狂によって振り回されることも
国家としては、そして国民としては不幸である。

26 :民主主義者:03/11/27 23:29 ID:uhN2GMFX
>>21
>国民の総意を反映した独自の
>外交はまず見られず、基本的にアメリカに依存しているし、

日本国民の代表者たちで構成される政府がアメリカに追従しているだけだよ
採りうる選択肢としては決然と自主的外交をすることも可能(それが功利を追求する上で有利かどうかは別だが)

その後段全般についてはちょっと指摘しておきたいことがある
君は民衆が政治にくちばしを突っ込まなければ真の民主主義ではないと勘違いしているようだな
だから共産主義(こそが民主的なのではないかという結論が導き出されてしまう

質問だが君はどうして政治をプロに任さず素人にくちばしを突っ込ませたがるのかね
主権者ではあるものの政治的に素人の国民がそこに関るときになすべきは
プロの仕事のできばえを評価することではないのかな?


27 :1:03/11/28 02:19 ID:???
>>26
なかなか鋭い指摘thx。

>日本国民の代表者たちで構成される政府がアメリカに追従しているだけだよ
>採りうる選択肢としては決然と自主的外交をすることも可能
 WWU以降、日本が主権を回復してから、我が国の外交が、米国の外交をな
ぞらなかった時代はまずない。その前提を踏まえて考えれば、「功利」云々
以前に、我が国に主権的な選択肢はないのではないだろうか。
「日本に自主的外交が可能」であるのは、現状ではあくまで「形式」でしかないと思う。

>君は民衆が政治にくちばしを突っ込まなければ真の民主主義ではないと勘違いしているようだな
 誤解しないでもらいたいのは、「真の民主化」というのは、括弧書きであって、
漏れの意見ではないということ。共産主義者の考える「民主主義」の理想型を
述べたつもりだったのだが。 ただ、根源的な民主主義を追求すれば、それは
人民主権であり、共産思想であるという点は否定するつもりはない。
そうすれば、「最終的には独裁につながるという矛盾を内包している」という事
は既に指摘したとおりだが、その点で、漏れは「プープル主権」も「共産主義」
にも、また、誤解を恐れずに云えば「根元的民主主義」にも反対である。
(参考程度に述べれば、漏れはナショナリストです。)

>質問だが君はどうして政治をプロに任さず素人にくちばしを突っ込ませたがるのかね
 「突っ込ませたい」のではなく、「突っ込む」のが「民主的」なのではないか
ということを問いたい。(ただ、それが必ずしも良いのかどうかは別問題)
「政治をプロに任せればいい」とするのならば、それは矢張り、未だ「発展
段階の民主主義」にとどまるのではないか。
例えば、「憲法改正に国民投票は不要か否か?」ということを考えてみればいい。
あなたの意見には大筋同意できるが、日本の民度が下がり続けているのは、
「政治をプロにのみ任せすぎた」からではないのかという気がするのだが。

横やりでもヲーケー。意見求ム。

28 :1:03/11/28 02:58 ID:???
>>24
>まず民主主義は本当に良い制度なのかどうかが一つ。
>次に「形式的民主主義」よりも「実質的民主主義」が望ましいのかどうか。
 この点は激しく重要!!「民主主義」という制度の問題性についての議論も
大いに期待したい。ただ、国民の意思を反映できる制度(たとえば国民投票)
を設けて、民意を反映する事も重要だと思う。

>一言で言うと、英国の保守的な民主主義観に賛成ですかね。
 禿同。ただ、日本の場合、「国民主権」というより「人民主権」に近い。
しかも、それが半強制的に制度化されたことが、日本の現代民主主義の抱える
問題点だと思う。「そりゃ民度も下がるだろ」という思いが。

>>25
>したがって、共産主意は民主主義を認めない。
>中国も、北朝鮮も民主主義国家ではない。
 「共産主義」でよいのかな?そうであるならば、それは誤解だと思う。
中国や北朝鮮が現在、民主主義国家ではない事は明白だが、「共産主義」
という思想は、そもそもが「民主主義」ときわめて近いところにある。
だから、民権を重視した「民主集中制」という政治体制を執ることで、
国家権力の「抑制と均衡」が崩れ、「民主→独裁」という流れになる。
その意味では、共産主義は根元的な民主主義を過信した点に問題がある。

>日本は宗教政党を正式に認めて、初めて民主主義国家になる。
 一見正しそうだが、それはどうだろうか。 日本の場合、必ずしも統一的な
宗教が存在しないので、宗教政党を公認してゆくのには向かないはず。
最高裁によれば、政教分離規定は、(国民に)「間接的に信教の自由を確保
しようとする規定」であるから、民主主義という観点からすれば、政党の自
由と、国民の自由のどちらに重きを置くかは一目瞭然。
また、政教分離は、宗教と無宗教とのどちらも助長ないし促進しないという
側面を持つ規定であるから重要なのであって、宗教政党の公認は直ちに民主
的だというのは難しいかと。(逆に首を絞める可能性あり)

29 :民主主義者:03/11/29 22:02 ID:RFIaLxUx
>>27
>その前提を踏まえて考えれば、「功利」云々
>以前に、我が国に主権的な選択肢はないのではないだろうか。

田中角栄を知らないか?知らなければ調べてもらいたいね
つまるところ政治家の資質の問題だろ
政治家がでてくる分母がへぼなら政治家もそのへぼさ加減に比例してへぼなのは仕方あるまい
もしアメリカのプレッシャーを指して自主的外交が不可能とするのならば単なる愚痴に過ぎないだろ
アメリカの嫌がらせを考慮に入れてもなお自主的外交が必要でそれが功利に繋がるならぜひそうすべきで
アメリカがどうのなどというのは単なる政治家が自分のへたれ具合を糊塗しているに過ぎんよ

>「真の民主化」というのは、括弧書きであって、
>漏れの意見ではないということ

なるほどそれは誤解をしていたようだ
彼らは時代遅れのファシスト(結束主義者)に過ぎんからしょうがない



30 :民主主義者:03/11/29 22:03 ID:RFIaLxUx
29の続き

>「突っ込ませたい」のではなく、「突っ込む」のが「民主的」なのではないか
>ということを問いたい

旦那が職人の仕事に口出しして仕上がりがめちゃくちゃになった…という落語を思い出すね
ひとことで言ってナンセンスてゆうか功利的観点で見るならば有害でしかない
それが民主的とするのは悪質なプロパガンダだろ 政治のベクトルが功利を目指さないならば人が国家を作った意味すら無くなってしまうよ

>「憲法改正に国民投票は不要か否か?」

不要

>日本の民度が下がり続けているのは、
>「政治をプロにのみ任せすぎた」からではないのかという気がするのだが。

民度の意味の捉え方がどうも君とは異なっているような気がするな
民度が低い者はまるで血縁や地縁のみの社会で暮らす土人のように他人を考慮しないで振舞う
彼らは国家という単位の社会の存在を全く知らないか知ってはいてもなぜ国家がそうあるのかについて全く理解していない
だから自分の環境に不満があるときは自分が政治の舞台にしゃしゃり出れば不満が解決できると思い込んでしまうのだろ
そういう輩が多数派にまわればファシズムを唱え始めるし少数派にまわればクーデターを起こしたがる

民主主義国家の国民は自分の属する階層の利益を代弁する政治家に投票すればいいよ それだけだよ

31 :右や左の名無し様:03/11/29 22:33 ID:wy0tjWIT
民主主義でなくても結構じゃないか。
国民が幸福なら、国家が強力ならそれで結構。


32 :民主主義者:03/11/29 22:46 ID:RFIaLxUx
>>31
国民の幸福さを一定レベルで保証するものが民主主義
これについては散々述べた
国家の強力さを担保するものが民主主義国家
我らこそが国家であり国家こそが我らとする熱狂は民主主義国家でしか演出できんよ
まあどんな体制の国家と比較して強力であるとするのかが分からんと話にならんけどな

33 :右や左の名無し様:03/11/30 04:07 ID:bRdr5HHT
>>32
>国民の幸福さを一定レベルで保証するものが民主主義
それは時と場合による、民主化によって国が不安定になり弱体化している例は、
枚挙にいとまがない。民主化を契機に内乱に突入した国だってある。
世界の大半の国は民主主義ではない。
民主主義が成功しているのは稀なケースだ。


34 :民主主義者:03/11/30 09:40 ID:tcWTi4Nc
>>33
よくそういう意見を耳にするが
国民に何の権威もないのに民主制にしたら国家が不安定になるのは当たり前だろw
ちなみに民主主義国家と民主制を採用する国家とでは違うから注意してもらいたいね

35 :民主主義者:03/11/30 15:07 ID:tcWTi4Nc
面白そうなスレだと思って参加したのだが人来ないなあ

横レスになるが
なぜ共産主義は民主主義と近いところから出発しているはずなのに独裁となってしまうのかについて
早い話少数派を弾圧するからだね
少数が声を上げれば弾圧されるなら声を上げる少数派はいなくなってしまう
全体主義国家一丁あがりだ
なぜ弾圧せざるを得ないのか?共産主義というイデオロギーは政治的少数派という存在を想定していないからだろうね


36 :Santi:03/12/01 17:20 ID:???
いわゆる立憲民主主義とは、少数者の権利・利益を尊重した民主主義で無ければならない。
そうでない単純な多数決主義民主主義は少数者を抑圧する制度となる。

37 :1:03/12/02 13:59 ID:ySSYqqQL
>>29
レス遅くて申し訳ない。

>田中角栄を知らないか?知らなければ調べてもらいたいね
>つまるところ政治家の資質の問題だろ
これはどういう文脈で語っているのか不明。
それまでの議論の経緯から考えて、外交について語っていると推測してレスすれば、
結局、角栄はアメリカに従って、台湾を捨てて中国と国交樹立したよね。
漏れは、「主権委譲」の例に漏れないと思うが…。
まぁ、立法のレコードホルダーとか、国内的な政治手腕の能力は否定しないけど。

>政治家がでてくる分母がへぼなら政治家もそのへぼさ加減に比例してへぼなのは仕方あるまい
>もしアメリカのプレッシャーを指して自主的外交が不可能とするのならば単なる愚痴に過ぎないだろ
>アメリカの嫌がらせを考慮に入れてもなお自主的外交が必要でそれが功利に繋がるならぜひそうすべきで
>アメリカがどうのなどというのは単なる政治家が自分のへたれ具合を糊塗しているに過ぎんよ
 だからこそ、「民主主義」じゃないのではといっているんだけどな…。
そもそも、主権的決定に外在的な抑圧があること自体が問題でしょう。
それを「功利」で片付けたら、「主権」も「民主主義」も結局はなくなってしまうのでは?

>なるほどそれは誤解をしていたようだ
>彼らは時代遅れのファシスト(結束主義者)に過ぎんからしょうがない
 誤解が解けたのは素直に嬉しいことです。

38 :右や左の名無し様:03/12/02 14:05 ID:ySSYqqQL
>>30
>ひとことで言ってナンセンスてゆうか功利的観点で見るならば有害でしかない
>それが民主的とするのは悪質なプロパガンダだろ 政治のベクトルが功利を目指さない
>ならば人が国家を作った意味すら無くなってしまうよ
あなたは、「功利」という言葉を多様するけど、「功利主義=民主主義」ではないでしょ。
なぜなら、民意が「功利」にのみはしれば、絶対に「多数者の専制」に陥るから。
事実、今の日本はそういった方向にも進んでいると思われるが。

>>「憲法改正に国民投票は不要か否か?」
>不要
これには正直驚いた。(まぁ、そういった国もあるから、一概に悪とはいえないけど。)
そうすると、憲法第九条のような重要な条文の改正にも「国民投票」は必要ないと?
日本国憲法の改正条項も改正すべきかな?

>民度の意味の捉え方がどうも君とは異なっているような気がするな
>民度が低い者はまるで血縁や地縁のみの社会で暮らす土人のように他人を考慮しないで
>振舞う
このへんは同感。でも「土人」とか云わない方が良いですよ(笑)。

>民主主義国家の国民は自分の属する階層の利益を代弁する政治家に投票すればいいよ
>それだけだよ
この指摘はある意味では正しいが、問題がある。
何故なら、日本には「自分の属する階層の利益を代弁する政治家」や「政党」が存在する
ほど政治に多様性がないから。
さらにいえば、選挙のみでは制度的問題は解消できない。

39 :1:03/12/02 14:06 ID:ySSYqqQL
↑「38」も「1」です…申し訳ない。

>>31
>民主主義でなくても結構じゃないか。
>国民が幸福なら、国家が強力ならそれで結構。

確かに国民が幸福であるなら、問題ない。
ただ、民主主義者氏が述べるように、民主主義的体制の国家でないと
国民の幸福は担保できないと思われ。

>>33
>>国民の幸福さを一定レベルで保証するものが民主主義
>それは時と場合による、民主化によって国が不安定になり弱体化している例は、
>枚挙にいとまがない。民主化を契機に内乱に突入した国だってある。
>世界の大半の国は民主主義ではない。
>民主主義が成功しているのは稀なケースだ。

横レス失礼!
この指摘は正しいと思う。では、なぜその民主化がうまく機能しないか?
それは、ナショナル・アイデンティティ成熟していないのに、「民主化」がなされるから。
(こういった例が、途上国に多く見られることに注意すべきである。)
では、その「民主化」を行うのは誰なのか?
それは、「国民」ではなく「外圧」である(と漏れは考える)。

40 :1:03/12/02 14:08 ID:ySSYqqQL
>>34

>国民に何の権威もないのに民主制にしたら国家が不安定になるのは当たり前だろw
横レス失礼!
民主主義的方法で、「民主化」されないのが問題なんだと思う。
それは、ベトナムで実証されたし、イラクで再確認されるだろう。
「国民に権威がないから」ではなくて、「国家に権威がないから」ではないの?
そういった意味では、ミャンマーのアウンサンより、マレーシアのマハティールの方が
賢いと思うのは漏れだけではないハズ。

>ちなみに民主主義国家と民主制を採用する国家とでは違うから注意してもらいたいね
それはあなたの理解の仕方だと思うけど、アカウンタビリティにより説明を求めます(笑)。

>面白そうなスレだと思って参加したのだが人来ないなあ
同感、もっと議論が展開すると思ったんだけどな…(汗)。


41 :24:03/12/02 15:09 ID:6GReGMed
>>39
>では、その「民主化」を行うのは誰なのか?
>それは、「国民」ではなく「外圧」である(と漏れは考える)。

これの一番の例が日本だなあ。なんせ「配給された自由」から始まった民主主義だから。
いわゆる戦後民主主義者たちが「反体制」の立場をとったことは、日本に民主主義が
定着する機会を奪ったといえる。民主主義=反体制であるならば、民主主義が体制化
することはありえず、ナショナル・アイデンティティと一致することもない。

民主主義がそれほど価値のあるものなのか?という疑問をとりあえず脇において言うと、
「民主主義が『国体化』しなければ、日本に民主主義は定着しない」
と言った批評家(たぶん花田清輝だったと思う)に俺も賛成だね。
まあこういうことを言うと、右からも左からも叩かれそうだが。

あと何故か外交の話になっているけど、そもそもアメリカ製の憲法を戴き、
アメリカ製の民主主義国家を建前上標榜する日本が、アメリカから離れて
自主外交可能だという発想が無理があると思うよ。
この点に関しては、そういったものを一切認めない反米右翼が一番筋が通っている。
ただ筋が通っているというだけで、彼らの言う事を実現したらどうなるのか、
そもそも実現可能なのかということは分からんが。



42 :公正第一:03/12/02 15:55 ID:/zErHp/N
SOS メディアの恐るべき犯罪が今日も許される!?

メディア、司法当局、沖縄県・稲嶺知事らが一体となって、
一市民に対しなりふり構わずのテロを公然と可能なものとする!!
これではほとんどの市民が完全に生存不可能です。

http://www.ryucom.ne.jp/users/kayoda/

43 :右や左の名無し様:03/12/02 20:48 ID:8GIcYP07
どうもなあ。
ここに居る椰子は、制度に人間を合わせようとしているな。
理念だけで構築した体制に現実を合わせようとする。
それで失敗した体制があるだろう。
社会主義だよ。
人間に制度を合わせるようにしないとうまく行かないぞ。


44 :右や左の名無し様:03/12/02 21:15 ID:6LJLHNmH
選挙が公正に行われている時点で民主主義。民主党が負けたのは
民主党の責任。メディアに踊らされる人間ばかりじゃない。

45 :右や左の名無し様:03/12/02 21:32 ID:???
本当の民主主義国家なら、政党名にやたらと民主、民主と入れないもんじゃないかなー。
民主主義国家じゃないから、むしろ「ウチは民主だよー」みたいな騙りを入れる、と。


46 :右や左の名無し様:03/12/02 23:06 ID:???
>>43
正解。
民主主義も行き過ぎると社会主義と同じ末路になる。

47 :民主主義者:03/12/03 00:57 ID:HF1xo82P
>>37
>結局、角栄はアメリカに従って、台湾を捨てて中国と国交樹立したよね。

ニクソンが共和党だからといってアメリカという国家そのものが日本と中共或いはソ連とで対話路線を行くことを(当時の国際状況を考察するならば)是とするはずがないだろ?
ロッキード事件は実際民主党の陰謀という説がありオレはこれを妥当な線だと思うが君はどう思う?

>主権的決定に外在的な抑圧があること自体が問題でしょう。

むちゃいうなよなw 
経済制裁やら軍事的示威行為を受けないためにはどうすべき? 外国の政治的ロビー活動を封ずるにはどうするべき?
2択だね
外圧をよこしそうな国のお気に召すまま行動する
外圧をよこしそうな国を殲滅する




48 :民主主義者:03/12/03 01:14 ID:HF1xo82P
>>38
>民意が「功利」にのみはしれば、絶対に「多数者の専制」に陥るから。

多数者の専制に陥って国家が機能不全を起こして崩壊しないように法を絶対とせねばならんといっているんだが
多数者の専制と君はいうが法がその時々で揺らぐならばどの政治的判断においても常に多数派の側にある階層という存在自体ありえないだろ

>国民投票

これこそ多数派の専制を正当化したがる者の手段に他ならないだろ

>日本には「自分の属する階層の利益を代弁する政治家」や「政党」が…

確かにな
固定した票田をうるには最善の方法だろうになぜそれぞれの立場を代弁する政党が発生しないのか考察してみるのも面白いかも知れんな

>制度的問題

例えばどんな問題だ?

49 :民主主義者:03/12/03 01:30 ID:HF1xo82P
>>40

国民主権を揺ぎ無いものとして民主制国家を作りたいならそれなりの物語を付与しなければなるまい
つまり国民こそが主権者としてふさわしいのだとする国民以外の何かに拠らぬパラダイムを だね

民主制と民主主義の違いかい?
民主制を採用する国家は何でも(法でも)民意にゆだね衆愚もファシズムも許容する自由な体制
民主主義国家は国民に主権を置くが人権や自然権などの例外を除き彼らに自由を保障しない体制

50 :右や左の名無し様:03/12/03 01:53 ID:???
民主主義国家なのに民が変更できないことがあるなんて非民主的です。

51 :1:03/12/03 04:14 ID:03Ps/8rv
>>43
>ここに居る椰子は、制度に人間を合わせようとしているな。
>人間に制度を合わせるようにしないとうまく行かないぞ。

1だが、漏れへの批判かな? そうであれば漏れには、そのような意図はないが。
西部邁が良いことを云っていると思うんだけど、氏が日本国憲法についての発言で、
「ある特定の人間たちが、そのときの特定の状況の中で書きしたためたものに自分
たちの言ってみれば精神の価値とか規範の在り方を、それに、鋳型にはめるように、
はめられるようにしてやっていくというのは国民の精神的活力を失うもとである」
という事を述べていて、これは漏れは非常に良いことを言っていると思う。
そういう意味での問題提起のつもりなんだが。

>>44
>選挙が公正に行われている時点で民主主義。民主党が負けたのは
>民主党の責任。メディアに踊らされる人間ばかりじゃない。

選挙が公正に行われたとは、漏れは全く思わない。民主党が負けたのは確かに民主党
の責任に相違ない。漏れが指摘したいのは、いってみれば、そういった「自民vs民主」
的な論の展開をするやからが増えたことの問題である。
今回の選挙は明らかに「共産」「社民」潰しだった。漏れは共産党も社民党も嫌いだが、
「共産党や社民党なら潰されてもしょうがねぇや」と思った香具師は実際に多いと思う。
でも、漏れはそれに同意できないし、民主主義の理念と相容れない。
あと、個人的な意見だけど自民党と民主党とには大差はないと思う。何故か?
それは両者が「自由」と「民主」という同一のスローガンを明言して憚らないからだ。
マニフェストだって、結局は構造改革競争であって、内容は小細工でしかなかったろ。

>>45
>本当の民主主義国家なら、政党名にやたらと民主、民主と入れないもんじゃないかなー。
>民主主義国家じゃないから、むしろ「ウチは民主だよー」みたいな騙りを入れる、と。

確かになー。漏れも「民主主義」を連発してて、はたから見れば相当に怪しいと思うが(笑)。

52 :右や左の名無し様:03/12/03 04:16 ID:03Ps/8rv
>いわゆる立憲民主主義とは、少数者の権利・利益を尊重した民主主義で無ければならない。
>そうでない単純な多数決主義民主主義は少数者を抑圧する制度となる。

>>36が良いこと云ったw。
発展させれば、既に述べたことだが、功利主義の理念では、民主主義の最重要課題であ
る「少数意見の尊重」を必ずしも担保できないところに限界がある。
したがって、自由主義的な功利主義は、そもそもが民主主義に反するものである。
(そもそも「自由主義」と「民主主義」は相対立した理念であることに注意。)


53 :1:03/12/03 05:43 ID:03Ps/8rv
>>37
>ロッキード事件は実際民主党の陰謀という説がありオレはこれを妥当な線だと思うが君
>はどう思う?

申し訳ないのだが、田中角栄という人物を議論に出した必然性がいまいち理解できない。
ロッキード事件が「民主党の陰謀」か否かとの議論は、漏れの与り知らぬところだが、
刑事裁判に関しては「デュー・プロセス」の鉄則を破った時点で、暗黒裁判という他ない。
証言者に刑事免責を認めて、反対尋問ができないなんて、それこそ民主主義国家なのか?

>経済制裁やら軍事的示威行為を受けないためにはどうすべき?
>外国の政治的ロビー活動を封ずるにはどうするべき?
>2択だね
>外圧をよこしそうな国のお気に召すまま行動する
>外圧をよこしそうな国を殲滅する

んなこたぁない。「内政不干渉」は国際法原則である。
外交に関しても「国家主権」の原則は、現状では否定できないはずである。
二国間外交で解決できない問題なら、周旋と仲介、国際審査と調停、国際裁判、国際組織
による解決、の段階的な方法があるはずでしょう。


54 :1:03/12/03 05:48 ID:03Ps/8rv
>>48
>多数者の専制に陥って国家が機能不全を起こして崩壊しないように法を絶対とせねばならんといっているんだが
 既に、「法の絶対性」については同意するレスをしたつもりだったのだけれど、
それならば矢張り「功利」という言葉は避けるべきではない?
それに、「法の絶対性」を確保するだけで果たして足りるのかな?

>>国民投票
>これこそ多数派の専制を正当化したがる者の手段に他ならないだろ
 そう単純に捉える理解は正しくないと思われ。
日本国憲法を見れば解ることだが、国民投票の前に議会での絶対多数での決議がある。
それを主権者である国民が再承認する制度に「多数者の専制」で済ますのはどうかと。
主権者意識の薄い日本国民の「民度(漏れの使う意味での)」をますます下げると思う。

>例えばどんな問題だ?
 一番解りやすいのが選挙制度。
もっとも、国民が直接的に改廃することはできないし、また、すべきでもないけど。
ただ、問題を指摘すること自体は主権者である国民の権利だし義務ではないかな。

>>49
>国民主権を揺ぎ無いものとして民主制国家を作りたいならそれなりの物語を付与しなければなるまい
>国民こそが主権者としてふさわしいのだとする国民以外の何かに拠らぬパラダイムを
 「物語」という言葉が抽象過ぎて、ちょっとよく解らないです。
それと、「国民以外の何かに拠らぬ」ではなく「国民以外の何かに拠る」ではない?
こちらの指摘が間違っていたら申し訳ない。個人的には、実質的な立憲民主主義の確立維持には、「国家の権威」を維持することと、「公共価値」に対する意思を醸成することだと思う。まぁ、そう云うだけなら易いもんですけど(笑)。

>民主制を採用する国家は何でも(法でも)民意にゆだね衆愚もファシズムも許容する自由な体制
>民主主義国家は国民に主権を置くが人権や自然権などの例外を除き彼らに自由を保障しない体制
 云いたいことは解りました!説明どうも。でも、↑の用例を見る限り、自ら混同してません?

55 :右や左の名無し様:03/12/03 11:03 ID:???
民主主義がどう多数者の専制がどうとか抜かす前に一票の格差なんとかせえ。票の重みが全国統一されてたら、自民党なんてとっくに野党になっとる。選挙制度まで含めて万年与党の自家撞着システムになってるのが問題なんだよ。

56 :右や左の名無し様:03/12/03 12:11 ID:???
「民主制」という概念と「民主主義」という概念を使い分けるという考え方は、あまり一般的では内容に思う。
もし、そのような使い分けがある学問分野或いはある学者において為されているというなら、然るべきソースを提供すべきと思うのだが、どうだろう。

57 :右や左の名無し様:03/12/03 16:35 ID:0H5uW1lB
つーか、英語だと民主主義も民主制もdemocracyなんだが。

58 :右や左の名無し様:03/12/03 16:46 ID:9S6uVYV8
民主主義そのものに答えを求めてもしょーがない
政治思想もまた然り

59 :民主主義者:03/12/03 23:42 ID:HF1xo82P
>>53
>申し訳ないのだが、田中角栄という人物を議論に出した必然性がいまいち理解できない。

田中角栄が目指したソ連中共との対話路線はアメリカの追随ではないということだよ
またこれがアメリカの意図するところだとするならばあやしげな陰謀で田中角栄を失脚させる意味がない
だからロッキード事件のことを君がどうみるのか知りたかったのだ

>二国間外交で解決できない問題なら、周旋と仲介、国際審査と調停、国際裁判、国際組織
>による解決、の段階的な方法があるはずでしょう

日本がアメリカのせいで独自外交できないとするならそのように解決を目指せばいいとの意見か?

>それに、「法の絶対性」を確保するだけで果たして足りるのかな?

ああ足りると考えているね それとも
法で定められた人の権利が社会において絶対性を帯びるだけでは不足かね?

>「物語」という言葉が抽象過ぎて、ちょっとよく解らないです。

次の段で説明しているように パラダイムを根拠付けるためのフィクションのことだよ
国民に主権があることを是とする存在が国民以外にあるとするならば国民は国をまとめる権威にはならんだろ
それを是とするものが何らかのイデオロギーであったり宗教であるとすればそのイデオロギー或いは宗教を国民が信じるという前提において主権の絶対性を確保することもできるわけだが


60 :民主主義者:03/12/03 23:47 ID:HF1xo82P
>>56
>>57
もっと分かりやすい表現をするなら
民主制というのは国家体制そのもの
民主主義というのは国家がその運営において据える理念
デモクラシーとデモクラッシズムの違いだね

ああ別にソースはないけどね
納得するか?

61 :右や左の名無し様:03/12/04 01:59 ID:???
>>60
一応納得。本か何かで調べた?
しかし、それならやはり民主制と民主主義を並列で並べるのはまずいと思われ。
君が言いたい事は分かる。
恐らく、多数決主義的民主主義と立憲民主主義つまり少数者の意見も尊重した民主主義という2つに区別すべきと言いたかったのだろう。

62 :右や左の名無し様:03/12/04 10:14 ID:IbE/Ly2+
>>60
俺も言いたい事は分かるが、democracismという英語は聞いたことがないなあ。
monarchyに対してmonarchismという言葉があるくらいだから、ひょっとしたらあるのかもしれんが、
俺の持っている英語の辞書でも日本語の辞書でも、「民主主義」はdemocracyの翻訳語になっている。

そもそもdemocracyを「民主主義」と訳すのもおかしな話。
demoはギリシア語のdemosに由来し、民衆とか大衆とか人が集まった状態を示す接頭語。
cracは同じくギリシア語のkratiaに由来し、「力」の意味。
要するに民衆が権力を持った状態をしめす言葉で、日本人が「民主主義」と聞いて連想するような、
思想を示すような意味は、基本的にはない。
monarchyが「君主制」、aristocracyが「貴族制」ならば、無用な混乱を避けるためにも。
democracyは「民主制」で統一すべきだと思うけどね。

「民主主義」という言葉に含意される、democracyの思想のみを取り出したような言葉は、
英語のなかに発見できなかった。
ただdemocracyの支持者である「民主主義者」のことは、democratというんだと思う。



63 :民主主義者:03/12/04 23:47 ID:HUnV0rrf
>>61
民主主義国家に民主制を採る国家も含まれるが
民主主義国家は民主制を採っているとは限らない
>>33はそれを混同しているようだから指摘した
国体が民主制とは別にあるならそこに国家運営理念として民主主義を導入しても国が混乱の原因になるとはどうしても思えないのだよ

>>62
辞書を引いても無駄だ オレが強引に民主主義を英訳しただけだからなw
デモクラシーを民主制として統一されてはオレの論を展開する上でちょっと不都合だよ
閑話休題
君の言う意味でデモクラシーを国体にしようと思うなら
民衆がそれ以前の体制を倒して権力簒奪を成功させでもしない限り
正当性を唱えようがないのではないかね?

例えばその国家に国民主権の正当性がなくとも国家を支える権威がこれを支持するならば
民主主義を導入することはできるだろう
しかしながらその場合国家体制までは民主制にするわけにはいかない
なぜならば国民が民主主義の導入を可能にした権威を破壊してしまったら(ばかばかしいことに民主制においてこれは可能だ)その国において民衆に主権があることの正当性まで失われてしまうからな

64 :Santi:03/12/05 11:25 ID:???
>>63
民主主義は、衆愚政治に陥ったり、多数派の横暴がまかり通ったりする危険性が常に付きまとうので、これらの危険性を排除する制度を取り入れなければならない。
そのための解決策として、民主主義自体の中に二院制や憲法改正発議の絶対多数要求などの制度を用意しているのであるが、
それでも不十分なので民主主義とは別の概念たる自由主義や福祉主義といったもので歯止めをかけようと現代憲法はしている。
人権尊重や司法権の強化はまさにこういった発想から出てきた観念なのである。

65 :マサカド ◆MfeP0xs/mw :03/12/05 21:28 ID:???
ネタでもふっておくか。制限選挙とオストラシズムの是非について

昔は納めている税金の額で選挙権を持てるか否か決まった時代もあった。
現代における普通選挙では、そのような制限は認められないだろうが
シンガポールなどでは、働き盛りの人間には二票あたえるという制度も
あるらしい。制限選挙も必ずしも財産の多寡のみで制限をする必要はなく
様々なかたちの制限選挙がありえよう。無職は投票できない。一定以上の
納税額を納めれば二票もらえる。あるいは大卒以上の学歴のみに選挙券を
与えるとか…低学歴のヴァカウヨを政治的意志決定から締め出せますぜ!お客さん。

次は現代におけるオストラシズムの利用法。

石原慎太郎や安部晋三が日本を危険な方向に導くと信じているひともいるだろう。
そういうひとたちの不安を払拭するために、オストラシズムを導入するのも一案。
民主制を破壊する可能性のある人間を記名して投票、一定以上の得票数を得たら
その人間は一定期間公職追放。この制度ならヤヴァイ極右の政治家が間違って
選ばれても、その政治家の危険性を認知する人間が一定数いれば、そいつを政治の
舞台から遠ざけられる。やはりギリシャ人は民主制を守るためには何をすれば
よいのか知っていたということか…

66 :民主主義者:03/12/06 07:56 ID:D6bXxHhu
>>65
ネタ振りってゆうか煽りに近いんじゃないのか

前段
貧乏人や低学歴に主権を与えなければ彼らは国民をやめるだろ てゆうか主権がないのに国民国家に所属する意味はない
貧乏人や低学歴には社会においてなすべき役割がないとするならそれでもいいがそんなことはないな厳然として「ある」わけだ
また国民をやめた彼らが大人しく無害に這いつくばっているだけと予測するならとんでもない世間知らずだろ

後段
危険性を認知したと称し投票する人間が正しいとする根拠は?
正しいか正しくないか分からんような有象無象が投票したという事実を持って国民の公民権を奪うことには何の正当性もないだろ
そんな何でも投票で決めればいいとするなら法はいらん罠


67 :右や左の名無し様:03/12/06 16:59 ID:???
新参者が言っていいものか迷うんですが、横レスOKとあったので言わせてもらいますね。

>>65
民主主義の意味は「人民が権力を所有し権力を自ら行使する立場を言う」なので、
一部の人間から権力を奪う事はそれらの人々を人民と認めないことになり、民主主義の主たる属性である基本的人権の否定になると思います。(もっとも「主たる属性」の否定ですから民主主義の完全否定にはなりませんが)

オストラシズムに関しては違う形での権力を人民に持たせることになるので民主主義の否定にはなりませんが、
賛否両論別れる考えをもった候補者がいた場合、賛成意見は多いにも関わらず議論の場にすら出られない事もありえます。
その候補者の考えに疑問があるなら、同じく疑問をもった候補者を選んだ後に先述の候補者と議論したほうがより直接に国民が議論を為した場合に近いと考えます。
間接民主制(代表民主制)においては、直接民主制に近い形での議論がなされることが重要と考えますので、その点から言えばあまり良い考えとは思いません。


68 :右や左の名無し様:03/12/06 17:08 ID:???
それだと年齢による参政権の制限も出来なくならんかね

69 :マサカド ◆MfeP0xs/mw :03/12/08 00:52 ID:???
そーか >>65は煽りといったほうが適切なのか。では煽りの続きということで。
>>66 >>67
貧乏人も金持ちも同じ一票という原則は、個々人の意見を等しく反映させるという意味で
民主主義的代議制度の肝だろうけれど、必ずしも一人一票という重みづけをつけることが
自明とは思えないので、煽りの意味で書いてみた。インターネットを利用した投票制度なる
ものが整備された場合、票に重みの差をつける操作も簡単にできるだろうから、それを
利用した制度を想像することも許されるだろう。今でも一票の格差が問題になっているし
一票の重みの違いが存在することが已む得ざる仕儀として容認されているという現実もある。

オストラシズムについての補足。仮に民主主義の否定を公然とする候補者が当選したとしたら
どうなるかな。芦辺憲法を読むと民主主義を否定する思想をもつことは内心にとどまる限り
許されると書いてあるが、民主主義の否定を表明して政治的活動した場合、いかなる根拠に
よってその活動が制限されるのかは、必ずしも明快でない。ここにおいてオストラシズムの
機能が容認される余地があるのではないか、という主張だね。まあ、三権分立があれば
いらない機能だとは思うけどね。

>>68
>それだと年齢による参政権の制限も出来なくならんかね
年齢による参政権の制限は、未成年者には判断力が欠けるからという理由付けに
よるのだろう。なら判断力が著しく欠けるとみなされるものには選挙権が制限される
べきという理屈は成り立つかな。

70 :Santi:03/12/08 11:43 ID:???
>>69 マサカド氏
>判断力が著しく欠けるとみなされるものには選挙権が制限されるべきという理屈は成り立つかな。
不可だろう。だって、誰がその者が判断力が著しく欠けているかどうか判断するの?
どうしても恣意的にならざるを得ないだろ。
年齢による制限なら、はっきりしていて客観的だからOKだが。

71 :Santi:03/12/08 11:47 ID:???
>>69 マサカド氏
>>70の追加
あと、その「判断力が著しく欠ける」という基準を設定するのも至難だろ。
どの程度判断力が劣っていれば「判断力が著しく欠ける」になるんだろ。

72 :マサカド ◆MfeP0xs/mw :03/12/08 19:57 ID:???
>>70
>誰がその者が判断力が著しく欠けているかどうか判断するの?

民主主義を公然と否定するものは、著しく判断力に欠けるとする、というのはどうだ。

73 :右や左の名無し様:03/12/08 20:46 ID:???
民主集中制の政党とかか

74 :Santi:03/12/09 17:28 ID:???
>>72 マサカド氏
どうして民主主義を公然と否定するものは、著しく判断力に欠けることになるんだ?
私だって民主主義が100%良いとは思っていないが、私は「民主主義を公然と否定するもの」として判断力が否定されてしまうのかな?
私なんかむしろ逆で、民主主義を万能だと考えている方が判断力に問題があるような気がするが。
いずれにしても、それで選挙権を否定するのは不合理だろう。

75 :右や左の名無し様:03/12/09 22:12 ID:???
日本は帝国官僚国家のまま

76 :マサカド ◆MfeP0xs/mw :03/12/10 07:29 ID:???
>>73
共産党のこと?あすこも現在「公然と」民主主義を否定しているとは思わない。

>>74
あーたも民主主義は完全ではないと「思ってる」だけでしょ。思うだけなら
民主主義を否定しようと自由だよ。そのうえ民主主義は100%完全ではない
という主張は、民主主義の批判とはいえても否定とはいえないね。
民主主義は別の政治制度を比較して明らかに価値が劣る、という主張を
公然と立候補者がとなえれば、それは民主制の価値を「公然と」否定した
ことになるだろうね。

77 :Santi:03/12/10 12:06 ID:???
>>76 マサカド氏
まあ、確かにドイツ基本法にはそのような規定があるよね。
ただ、私はそれが良いとは思えない。
それにドイツには国が東西に2分されていて常に緊張状態にあったという特殊な事情があればこそそのような規定が置かれているんだろうし。
私は、日本国憲法の徹底した価値相対主義・思想の自由の保障が優れていると思うが。


78 :右や左の名無し様:03/12/10 19:22 ID:3nPKWICk
>>76
北だって民主制だろう。建前は。

79 :右や左の名無し様:03/12/10 19:54 ID:???
要するに具体的な定義は出来ないということか。

80 :右や左の名無し様:03/12/10 21:28 ID:3nPKWICk
実質的にどこまで国民の権利が保護されているか、どれだけ豊かなのか、ってことだろう。

81 :右や左の名無し様:03/12/10 21:32 ID:xORz0HHV
>>77
価値相対主義って?教えてください

82 :改憲草案:03/12/10 21:36 ID:mg3/9f8z
前文
USA

・・・・ってことにすれば、楽。

83 :マサカド ◆MfeP0xs/mw :03/12/10 21:39 ID:???
>>77
>徹底した価値相対主義・思想の自由の保障

ドイツ基本法のことはよくしらないが、思想の自由はやはり保障しているのでは
ないか?ドイツ基本法における憲法秩序の破壊に対する「抵抗権」というものは
内心の思想の自由の保障とは別のレベルの話だろう。その抵抗権を行使すること
によって内心の自由が侵害される場合があるのだろうか。俺が事例として挙げて
いるのは内心の自由に関わる話ではないと、何度いえばわかるのかな?
民主主義を否定する政治意志の公然たる表明のことだよ。これは政治的な
意思表明であり、内心のみ思想のみに関わる問題ではないだろう。

>日本国憲法の徹底した価値相対主義
憲法前文を読めば、日本国憲法が価値相対主義によっているとはとても思えない。
憲法前文の価値観と反する価値観は排除されるべきと、はっきり述べている。
ならば前文の理念に反する法をつくろうとする政治家は排除されるべきという
理屈が成立すると思うが如何かな。

>>78
そりゃそうだ。建前上民主主義・国民主権でない国家は現在においては、ごくごく
少数派だろうな。一部のイスラム国家くらいではないの?


84 :右や左の名無し様:03/12/10 21:40 ID:???
>>81
「価値相対主義」とは、絶対に正しいとされる価値観はないというのが本来の考え方だ。
但し、ここでいう価値相対主義とは国家がある特定の価値観を国民に押し付ける事はしないぐらいの意味だろう。
>>77が言っている価値相対主義もこの後者の意味だろう。

85 :Santi:03/12/10 21:52 ID:???
>>83 マサカド氏
憲法前文に書いてあるのは、あくまでも人類普遍の原理である国民主権に反する憲法や法令等を排除すると書いてあるのみで、
そういった思想を禁止するとは書かれておらず、むしろ19条で思想良心の自由を絶対的に保障しているのであるから、
価値相対主義を採用していると言っていいだろう。
それに日本国憲法上は極左政党や極右政党も禁止しておらず政治意思表明に関しても犯罪を構成しない限り最大限自由を保障している。

86 :右や左の名無し様:03/12/10 21:56 ID:xORz0HHV
じゃあ民主主義じゃん

87 :マサカド ◆MfeP0xs/mw :03/12/10 22:07 ID:???
>>85
>極左政党や極右政党も禁止しておらず
禁止しなくても日本で極右政党や極左政党が政治を左右する心配をする
必要がなかったから、というのは能天気にすぎる見方かな。極右や極左が
主流的な意見を占める心配する必要はまずないし、極端な意見は別の
極端な意見に相殺されるのが常だろうしね。

>政治意思表明に関しても犯罪を構成しない限り
政治的意思表明が犯罪を構成するケースの実例をよろしければ
あげてもらえないか。

88 :右や左の名無し様:03/12/10 22:13 ID:xORz0HHV
街宣車!!

89 :マサカド ◆MfeP0xs/mw :03/12/10 22:15 ID:???
>>88
街宣車は迷惑に思う人もいるだろうが、犯罪じゃないだろ、あれは。
何らかの犯罪を構成するとしても、道交法違反とかによってだろ。

90 :右や左の名無し様:03/12/10 22:18 ID:xORz0HHV
あら。立派な犯罪じゃない。道交法はどうでもいいのか

91 :マサカド ◆MfeP0xs/mw :03/12/10 22:20 ID:???
街宣車が道交法違反よって告発された場合、道交法違反が
犯罪の原因を構成しているのであって、政治的意思表明が
犯罪の原因を構成してはいないだろ。

92 :右や左の名無し様:03/12/10 22:20 ID:xORz0HHV
自爆テロは?>>87

93 :マサカド ◆MfeP0xs/mw :03/12/10 22:29 ID:???
>>92
自爆テロかぁ…やはりそれも殺人の罪などで告発されるのであって、直接的
間接的な討議によらざる政治的意志の表明であるがゆえに告発される
わけではないだろうな。犯行声明では特定の政治的意志の表明がときに
みられるが、犯罪の立件においては動機の解明の材料として扱われるのみ
だろうな。思想の分析自体は、それとはまた別の立場からおこなわれるわけだろう。

94 :Santi:03/12/10 22:30 ID:???
>>87
例えば他人の名誉を毀損したり他人を侮辱したらダメだよな。
それから、破壊活動を行うようなことを党是に掲げるような事も、場合によっては破防法の適用対象になりうるのではないか?

95 :マサカド ◆MfeP0xs/mw :03/12/10 22:40 ID:???
>例えば他人の名誉を毀損したり他人を侮辱したらダメだよな。

うむ、こりゃそのとおりだ。これを言論の自由に対する外在的制約と
と呼べば法学的に正しい言い方になるのかな。

>破壊活動を行うようなことを党是に掲げるような事も、場合によっては
>破防法の適用対象なりうる

破防法をもってきたか…民主主義を否定するような政治団体が勢力を
もつ怖れがある場合、その団体を破防法の適用対象とするのがどうも
捷径であるということか。なるほどな。もうこのスレでの煽りの材料が
つきた。また材料を集めたら煽りにくるので、その時はまたよろしくな。




96 :Santi:03/12/10 22:47 ID:???
>>95 何だよ。単なる煽りだったのか?

97 :マサカド ◆MfeP0xs/mw :03/12/10 22:53 ID:???
65 名前:マサカド ◆MfeP0xs/mw [sage] 投稿日:03/12/05 21:28 ID:???
ネタでもふっておくか。制限選挙とオストラシズムの是非について

66 名前:民主主義者[] 投稿日:03/12/06 07:56 ID:D6bXxHhu
>>65
ネタ振りってゆうか煽りに近いんじゃないのか


69 名前:マサカド ◆MfeP0xs/mw [sage] 投稿日:03/12/08 00:52 ID:???
そーか >>65は煽りといったほうが適切なのか。では煽りの続きということで。

>>96
煽りをやめたとは言ってなかったはずだから、>>69の表明は俺のこのスレの
以後の発言にすべて適用されているということにしといてくれ。

98 :Santi:03/12/10 22:55 ID:???
>>97 分かったよ。そういうことにしておく。

99 :マサカド ◆MfeP0xs/mw :03/12/10 23:01 ID:???
>>99
もっと煽ろうにも、燃料切れだからなあ〜これ以上の議論の材料をかきあつめて
こないと、議論を運行させられないよ、俺は。

100 :右や左の名無し様:03/12/10 23:12 ID:xORz0HHV
結局民主主義じゃん

101 :マサカド ◆MfeP0xs/mw :03/12/10 23:15 ID:???
>>100
いや、いまここで下手に民主主義を公然と否定するほど、判断力に欠けては
いないのでね、俺は。

102 : :03/12/20 09:38 ID:???
日本が民主主義国家なわけない

政治は国民に圧制を強いることばかり
マスコミはやりたい放題
官僚はてきとう
宗教は私腹を肥やし 政治に口を出す
司法は政府や組織側に立ち個人に冷たく
会社には特定の政治家のポスター
警察は不当に権力を行使している

これで民主主義と言えるのか

103 :右や左の名無し様:03/12/20 10:22 ID:???
言える

何故ならそれは国民が自ら望んだ結果だから

104 :右や左の名無し様:03/12/21 07:00 ID:???
昔、自由党の党人等は、伊藤博文を罵つて
「時代遅れの旧弊政治家」と言つたが、
博文はこれに応へて敵者を評し、
「最も新しい旗印を掲げたところの、最も古い封建的反動家」
と言つた。
過去の日本で、民主主義や進歩主義を唱へた政党者流も、
概ね皆その類ひの擬似反動者であつたやうだ。
むしろ我等は、彼等を指弾するところの近衛公等に、新しい時代を期待するものである。

105 :右や左の名無し様:03/12/22 01:04 ID:???
たしか、アメリカで
「民主主義の脅威になる場合には、表現の自由を制約できる」
って判決があったような気がする。

106 :右や左の名無し様:03/12/22 01:58 ID:???
日本はマスコミ主主義国。


107 :右や左の名無し様:03/12/22 13:40 ID:???
外人が福沢諭吉先生の学問のすすめを読了した後日本の現状を見たらこう言うだろう

「何故日本にはロックやルソーに勝るとも劣らない
近代民主主義の思想家がいるのにここまで腐敗しきっているのか?」

政府も意図的に学問のすすめを掘り下げずに教育している節がある。
米並みの愚民化教育を施して米を追い越そうという
官僚の思想は未だに大きな変遷を遂げていない様に見える

108 :右や左の名無し様 :03/12/22 17:28 ID:???
>>107
その前に、日本人に学問のススメと武士道ぐらいは読ませるべきかと。

109 :右や左の名無し様:03/12/22 18:08 ID:W9hoBaB+
民主主義の理想はすばらしいけれど、現実を考えた場合のギャップが鬱をさそうね。結局民主主義は自然発生じゃなきゃだめなんだよ。おしつけられた民主主義、おしつけられた平和。一見パラドクスとみせかけて単純なはずれなのかも。

110 :右や左の名無し様:03/12/22 19:48 ID:UIVZYlmv
素晴らしいと言うだけなら、社会主義の方が遙かに素晴らしいぞ。
それに日本は世界でもっとも豊かで安全な国。
民主主義にすると日本がどう良くなるのか。具体的に説明してくれ。


111 :右や左の名無し様:03/12/22 22:05 ID:???
戦前は民主国家でしたがね
今は違うのかな?

112 :右や左の名無し様:03/12/24 08:31 ID:???
>1自殺率一位はアイスランドでは?
ハンガリーも自殺率高かったと思う。

113 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

114 :右や左の名無し様:03/12/30 17:56 ID:pK6ErelR
なかなか面白いスレだが、ネタが尽きているようだ。



115 :右や左の名無し様:03/12/31 20:57 ID:Dywux/Sk
http://www.j-n.co.jp/cgi-bin/product_detail.cgi?code=4-408-60252-3

116 :右や左の名無し様:04/01/03 01:19 ID:???
議論期待のage

117 :右や左の名無し様:04/01/03 10:39 ID:/ch9jmxR
みんな、投票は行こうぜ。

118 :右や左の名無し様:04/01/03 10:39 ID:/ch9jmxR
政権交代に期待。

119 :右や左の名無し様:04/01/03 12:57 ID:MSc+yHO7
世界で唯一交戦権を否定した国家である日本の軍事費が世界第三位。

残業手当、有給休暇、育児休暇まであってもそんなものとれずに、
サービス残業で過労死。

こんなことに比べたら日本が民主主義の仮面をかぶった、中世封建主義でも驚くことではない。

120 :右や左の名無し様:04/01/03 14:39 ID:???
そりゃムチャクチャだよキミィ〜〜


121 :正義の見方:04/01/03 16:47 ID:QTcNGcVz
この2チャンネル見てみろよ、みんな言いたい放題、これが民主国家でなくて
どこに民主主義国家があるんだ?いつまで自民党政権がつづくかっていっても
選挙で多数を取ってるからで、自民党が悪いんではなく、国民がそれをのぞん
でいるからだよ。選挙で4割が棄権し、政治に無関心だからで、誰の所為でも
ない、国民のせいなんだよ。

122 :右や左の名無し様:04/01/03 16:54 ID:???
>>121
そんな、だれでも分ってる当たり前のご意見を
偉そうに述べなくてもいいってw

123 :右や左の名無し様:04/01/03 17:08 ID:nCpJpspw
中国の、チベット大虐殺について考えよう。
チベットの知人が殺されたので他人事ではない。



124 :右や左の名無し様:04/01/06 00:45 ID:???
改めて、日本は民主主義国家なのか?

125 :右や左の名無し様:04/01/06 12:27 ID:JUGzPQWT
      ,.ィ , - 、._     、
      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
    ト/ |' {              `ヽ.           ,ヘ
  N│ ヽ. `                 ヽ        /ヽ /  ∨
  N.ヽ.ヽ、            ,        }   l\/  `′
  ヽヽ.\         ,.ィイハ     |  _| 朝日新聞とNHKと2chが裏で繋がっていて
  ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \ officeを組織的に抹殺しようとしてる
      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ  > んだよ!
       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠_ttp://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1073154471/
      ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    /ttp://pc.2ch.net/test/read.cgi/sec/1068634932/
      l   `___,.、     u ./│    /_
       ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
          >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
     _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
    /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
    _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i   
    |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
    l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
    l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
    l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
      l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
      l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
     l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
      l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ...

126 :寺嶋眞一:04/01/10 15:01 ID:???
日本って、本当に民主主義国家なのか?その通り。
もしかして、日本は民主主義だからダメなんじゃないのか?
そんなことはない。個人主義がないから、民主主義の良さが発揮できていない。
世界平和は確かに必要だ。
でも今の日本ってそんなに「平和」か?
戦争を経験していない人には、平和は理解できない。いっそ、イラクにでも行ってみたら。
今の日本人ってそんなにも「幸せ」か?不幸に会わなければ、幸せというものは理解できない。
You can read more at http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/






127 :iimono:04/01/10 15:50 ID:???

画像安定を目的として一般量販店でも売られている、
デジタルノイズキャンセラー(正規品)です。↓
http://www5f.biglobe.ne.jp/~iimono/

9100円即決で、即日発送可能です。

ヤフーオークションでも大人気!!!↓
http://user.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/otoku_iimono

128 :右や左の名無し様:04/01/10 18:21 ID:3nPKWICk
民主主義国家であるか、否かなんてどうでもよい。
民主制国家であっても国民が貧しく不幸なら問題だろう。
非民主制国家であっても、国民が豊かで幸福なら問題はないだろう。


129 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :04/01/12 23:21 ID:???
>>128
「豊かで不幸、貧しくて幸福」というケースもある。
日本は世界的に見て豊かだが、毎年3万人以上が自殺する社会が幸福と云えるかどうか…
例えばだが、経済的に多少貧しくてもストレスの少ない社会の方が、精神的には豊かと
云えるんではないだろうか。

130 :右や左の名無し様:04/01/13 00:27 ID:???
>>129
確かに、自殺という手段は不幸の一つだとは思うんですが、
戦争や内戦状態にあるような地域では自殺率が低いという。

また、福祉国家と言われてる国も自殺は多いと聞きます。

自殺を国民の幸不幸の指標の一つにするには無理があるんじゃないかなと思うんだけど、どう?

131 :右や左の名無し様:04/01/13 00:31 ID:???
どう、思いますか?

ちょっと、舌ったらずでスマソ

132 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :04/01/13 00:39 ID:???
>>130
紛争や貧困の地域と比較するのは無理があるかと。
私が想定しているのは例えば欧州です。フランスやイタリアなどは移民や失業に
苦しんではいるけど、食事やバカンス、音楽や文化を楽しんでいる。
多くの働く日本人は(かくいう私も)仕事に忙殺されている。仕事柄業績の良い
企業と取引が多いが、皆よく働く。此で人生楽しいのだろうかと。

133 :右や左の名無し様:04/01/13 01:15 ID:???
>>132
なるほど。よくわかりました。

私は欧州には友人もいないし、行ったこともないし、勉強も特別していないので、
そこの所は実感がもてないです。

私はよく働かないで、失業に苦しんだり、音楽に勤しんだり、いろいろ考えたりしている。
個人的には幸せなのかなぁ。

なんかスレからずれたので、それでは。

134 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :04/01/13 01:42 ID:???
>>133
おやすみなさい。
また、今度。

135 :右や左の名無し様:04/01/15 00:44 ID:bwZNfoBo
民主主義を否定してますが?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040114-00000271-kyodo-pol

選挙以外の方法で政権打倒 記者会見廃止に枝野氏(民主)

 民主党の枝野幸男政調会長は14日午後の記者会見で、
陸海空3自衛隊の幕僚長の記者会見廃止問題に関し
「報道、表現の自由が守られない社会では選挙、民主主義以外の方法で
その政権を倒していいというのが歴史。小泉政権はそういう段階に入りつつある」
と激しい口調で批判した。
「現時点ではわれわれの発言が封じられているわけではないので
民主主義のプロセスで訴えていく」と付け加えたが、弁護士出身だけに
報道、表現の自由への熱い思いが発言をヒートアップさせたようだ。
記者会見廃止については「民主主義の前提となる客観的事実を国民に伝えることに
歯止めをかけることだ」と指摘。
「報道関係の皆さんも報道管制、規制につながるようなこととは徹底して戦うことが責務だ」
と報道機関にも「共闘」を呼び掛けた。(共同通信)


136 :右や左の名無し様:04/01/15 11:35 ID:ukVDVEy3
民主主義を装っている封建主義。
日本で子供の頃から強制されている「協調性」は単に「現状肯定」というだけ。
「勝てば官軍」以前の「強いものが正義」の世界、戦おうともしない。
強いものに逆らわないのが礼儀正しいことになる。
さあこれでいいのか?この結果、権力の暴走になるんじゃないのか?
勝てるわけ無いアメリカに戦争を仕掛けるのも、
まだムダな高速道路を作るのも・・・・・
日本が民主主義になるためには「責任者に責任をとってもらうこと。」
A級戦犯にお参りに言ってるようでは無責任の極み!!!!


137 :右や左の名無し様:04/01/16 14:12 ID:???
全てを戦犯に押付け、知らぬ、存ぜぬ、騙されたと
一億総懺悔で責任逃れした者達の末裔は
お参りくらいは行かないと寝覚めが悪かろう。
足を向けては寝られまい。

138 :日章丸之助:04/01/19 21:52 ID:YxcF9Fh6
民主党の管直人代表が自公連立の是非や公明党の正当性を批判した
のは、政権交代を目指す上で理にかなった戦略であって、これを
「感情論」と断定する公明党側こそが感情的に反発しているのは誰
の目にも明らかだ。また、衆院本会議場では議長から見て右から所
属議員の多い会派順に並ぶ慣例があるにもかかわらず、公明党は民
主党と共産党の間に挟まれた座席を嫌い、自民党の隣に移して欲し
いという幼稚な提案をしている。こうした、反対意見・反対勢力に
対する公明党の幼児的な非寛容は嘲笑されて当然だが、実は民主主
義にとって本質的な脅威であり、笑ってばかりもいられない。

民主政治を実現するには多数決原理を採用しさえすればよいという
訳ではない。単に選挙や議決を行うだけなら、金正日政権下の北朝
鮮でもやっている。では、民主主義の特徴は何かというと、多数派
である政府・与党に対して少数派が反対意見を表明する機会が制度
的に十分に保障される点にある。これによって、反対勢力が多数派
に対するチェック機能や代替的な選択肢の提示といった役割を果た
し、政権交代も現実的に可能になる。つまり、政府・与党に対する
反対意見・反対勢力の存在が健全な民主政治にとって不可欠なのだ。
ちなみに、近代憲法では、表現の自由など基本的人権の保障がその
目的であり、民主主義は統治権力を抑制し人権を保障するための手
段として位置付けられている。


139 :日章丸之助:04/01/19 21:52 ID:YxcF9Fh6
宗教は教義等によって唯一かつ絶対の価値観を提供する。そのため、
世界の様々な不条理に直面する人々にとって精神的な支えとなり得
る。だが、宗教における唯一かつ絶対の価値観は民主主義にとって
は極めて危険だ。民主主義において異なる意見の存在は、現状認識・
予測・価値観などの相対的な違いに過ぎず、健全な民主政治を行う
ためには必要とされなくてはならない。だが、宗教では自らの価値
観が唯一かつ絶対であるため、異なる意見は邪悪であり排除すべき
ものとされてしまう。層化学会も例外ではなく、対立する日蓮正宗
を「天魔」「悪鬼」と呼んで中傷し、執拗に係争を起こしている。

もし統治権力が自らの行為を宗教的権威によって正当化し、善を脅
かす悪として反対勢力を弾圧・排除するようになれば、民主政治は
形骸化する。もちろん、宗教団体が統治権力を操作できるようになっ
た場合も同様の事態に陥る。このように、宗教と民主主義の間には
大きな矛盾があり、宗教の絶対性から民主主義を擁護する必要性が
一つの理由となって、近代憲法では政教分離の原則が取り入れられ
ている。日本の民主主義を守るためには、「いかなる宗教団体も、
国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない」とい
う憲法第20条1項後段の規定に従って公明党を非合法化しなくては
ならないことは明白だろう。


140 :日章丸之助:04/01/19 21:53 ID:YxcF9Fh6
2004年1月15日付
不見識極まる公明・学会攻撃 神崎代表と東氏が反論
民主・菅代表 感情的な事実無根の発言
http://www.komei.or.jp/news/2004/01/15_03.htm
菅氏が党大会後の記者会見でも、米映画「エイリアン」になぞらえ
ながら、「自民党という政党の内側に公明党が入り込んで、自民党
をコントロールする状況になりつつある」などと、何の根拠もなく
公明党への暴言を述べたことに対して、「自民党の名誉も傷つける
発言だ。党代表として他党への誹謗を放つという感性と品格はいか
がなものか」と述べ、菅氏の発言を厳しく批判した上で、「政権交
代への闘争宣言なのだろうが、事実に基づかない感情論ではなく、
冷静に発言してもらいたい」と猛省を促した。

公明「議席を自民の隣に」
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20040109AT1E0800S08012004.html
公明党は8日の衆院議院運営委員会理事会で、衆院本会議場での同
党の議席について、自民党の隣に移すよう求めた。慣例では議長か
ら見て右から所属議員の多い会派順に並ぶため、現在は自民、民主、
公明、共産、社民の順。公明党はこれを自民、公明、民主、共産、
社民の順に入れ替えるよう訴えた。

日蓮正宗ホームページ
1991.11.28付 破門通告書
http://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/basics/pdf/hamon.pdf
創価学会では、この血脈付法の法主に信伏随従する信条を、「盲信
への強要」であると誹謗したり、また法主に対して、「二枚舌」
「悪鬼入其身」「天魔」「法滅の法主」「日顕宗」などと誹謗中傷
の限りを尽くし、本宗の命脈である唯授一人の血脈の尊厳を、甚だ
しく冒涜しているのであります。


141 :正義の見方:04/01/29 14:49 ID:tSImTF44
自民党が公明党にふりまわされているのは周知の事実だんべ。衆議院の会議場
での公明党の席を自民党の隣にしようと策略するとは見下げ果てた根性だよ。
こうせればイラク派遣に賛成するとき自民党と一緒に起立すれば目立たない、
という姑息なはなしだなもし。後ろめたいからこういうことを考えるんでげす。
神崎、冬柴の人相の悪さ、坂口厚生大臣のゾンビみたいな気味悪さ、いい加減
にいなくなれよ。頼むからさ。

142 :右や左の名無し様:04/01/29 15:50 ID:wy0tjWIT
民主制を貫徹したいのなら、まず国民主権に違反して定律された
現行憲法の無効を確認しないと論旨一環しないぞ。
現行憲法下で民主制を貫徹しようとしているのがそもそも大いなる
矛盾。


143 :右や左の名無し様:04/01/29 16:47 ID:cxQUktR6
民主主義とは多数決の事でそれ以上でもそれ以下でもない。

よって、日本は民主主義である。


糸冬 了



144 :民主党が全て悪い:04/01/29 18:49 ID:YgtgJzqz
>>1

「なんで自民党なのか?」だって?
そりゃ、野党(もちろん、民主党)が間抜けだからだよ!
阿呆とも言える。結局は日本人と言うものを全く理解出来てない。
自民党=国民政党、民主党=市民政党って言われるが民主党は所詮は「市民」であって「国民」にはなれないんだよな。
大体、高速無料化とか美味しいエサに国民が釣られると思ってるのが日本人を知らない証拠!

そして「古賀問題」だろ?
なんだ?あの幹事長の馬鹿言い訳は?国民を舐めてる!
汚職より卑怯者を嫌う日本人の性質くらい認識しろ!

145 :シャドーブレイド  ◆GHap51.yps :04/01/30 08:35 ID:s6624WNt
>>1 さんに全面的に賛同しますね。

日本の体質は大杉栄が凶刃に散ったあの時代と変わりません。
しかも卑劣なのはマスメディアを使って巧妙な世論操作を行うところ
です。
例えば、日の丸掲揚問題にしてもそうです。なぜ、あの時期に急に
表に出てきたのか?学校行事における国歌斉唱・国旗掲揚なぞは
慣例的に行われてきたもので、なぜあの時期に反対論者を際立たせる
必要があったのか?結局、あそこでの悪者は融通が利かず、世羅高校校長
を自殺に追いやった日教組が悪者にされました。

なぜそうする必要があったのか?あの時期に国会で審議されていた法案
を見たらわかると思いますね。
盗聴法、プライバシー保護法など、政府は自分達に都合のいい法律を
制定し、国民の言論の自由を奪う行動に出ています。
イラクの報道管制などを見るとそれがわかりますよね?

「民主主義」ですが、民主化された国が逆に内乱状態になっているのを
見ると、果たしてそれがいいのかな?と思いますよね。
アルジェリアのそうですし、インドネシアなどはスハルト政権時代の
法が治安は安定していました。
又、ソ連は民主化による独立が逆に各地ぬおける紛争を引き起こしています
し、もし中国が民主化されたら混乱はまぬがれません。
EUはトルコの加盟を民主化の遅れを理由に拒んでいますが、
「民主主義」がかぎりなく自己主張を繰り返し混乱を招くものならば、
それは失くしたほうがいい。アメリカはそれが因で類稀なる訴訟社会
になってしまいました。
私は子供達に言います。「誰もが4番バッターになれるわけでない。」と。
「民主主義」はそれを無視して、全員が4番を目指しなさい。脱落したら
本人の責任です。と言うものですから。


146 :愛子様の弟:04/02/01 18:37 ID:flv+0SGQ
>>145さんへ
今の日本政府が悪者というより、政治権力というものはそういう方向を目指すものです。
なぜならその念頭にあるのは、「全体の利益」であって個人々の利益や幸せではないからです。
だから、政治の究極の形はファシズムです。
ただファシズムというと独裁政治を連想しますが、この二つは馴染みがよいだけで、
別次元の話です。

話がそれ気味ですが、いままでの日本政府は民主主義過ぎて、公共工事等に時間と
費用が莫大にかかって、出来上がった時には完全に時代遅れという事が多すぎました。
今の政府がファシズム寄りになる事は必然であり必要です。

147 :右や左の名無し様:04/02/02 08:22 ID:???
民主主義は時間が掛かるもの。
公共工事に費用が掛かるのは民主主義とは別次元の話。

148 :ntkngw009212.kngw.nt.isdn.ppp.infoweb.ne.jp:04/02/16 17:40 ID:???
tinnpo

149 :ntkngw009212.kngw.nt.isdn.ppp.infoweb.ne.jp:04/02/16 17:42 ID:68kLTENU
i

150 :シャドーブレイド  ◆GHap51.yps :04/02/25 12:58 ID:0V+UhaEg
官僚社会主義、または官僚全体主義でいいと思います。
民意が反映されないこの国は民主主義ではないです。


151 :右や左の名無し様:04/02/25 17:04 ID:52lNc5fC
選挙制度がでたらめ。
公平な裁判が受けられない。
自由な報道がない。

このようにして政権交代のない政府にしておいて、
国民に対して責任を取らなくていい官僚が「天下り」という「集団収賄」のために
果てしない官僚同士の縄張り争いを繰り返す。

官僚の官僚による官僚のための国家。
これを「民主主義」といえるものなら言ってみろ。

152 :右や左の名無し様:04/02/26 07:45 ID:CmNtrt1f
>>151 全くの同意。でも、親はだからこそ勉強して開成→東大に行け
と言います。今中2です。

153 :右や左の名無し様:04/02/26 11:30 ID:uaCQ3300
>>152

>今中2です。

・゚・(ノД`)・゚・ウソだって言って!!

154 :右や左の名無し様:04/03/01 03:43 ID:YV62mmh4
******************************************************************
本日発売の週刊ポストは、竹岡容疑者・湯浅容疑者を「現役」幹部と報道

「選挙目的」にデータを入手した可能性を指摘

竹岡の娘の結婚相手も、創価幹部の子供

竹岡の娘の結婚式には公明党議員も出席

http://ahiru.zive.net/joyful/img/914.jpg
(記事の一部のスキャン)

週刊ポストを激励せよ
http://www.weeklypost.com/jp/
週刊ポスト:ご意見フォーム
http://210.238.184.179/~kizu/post/formj.html
*********************************************************************

155 :国民社会改新党(仮称) :04/03/02 23:51 ID:ljLPlhlX
日本再建国家主義社会労働者党(国民社会改新党)網領
@ 我々は敗戦によって剥奪された日本国の栄誉と尊厳そして権利を回復し日本国と勤労日本国民の繁栄および安全を保障するため強固な日本国家の再建を実現する。
A 我々は日本国天皇の基に、国家勤労労働者を集結させ国家社会主義革命を実現する。
B 我々は日本国憲法の効力を停止し、全ての権力を国家再建委員会が掌握し自主憲法の成立を実現する。
C 我々は民族主義的国家社会主義の考えに基づき、民主主義的、マルクス主義的社会主義の政治体制を否定する。
D 我々は屈辱的日米安全保障条約を破棄し、駐留米軍の完全撤退を実現する。
E 我々は今だ占領状態にある南樺太及び北方領土の返還を要求する。
F 我々は日本国と日本国民の平和と安全を保障するため陸・海・空の軍備を整備保持する。   
G 我々は日本国と日本国民を核の脅威から防衛するため核兵器の開発保持を実現する。
H 我々の活動が安全に行われるために党防衛隊を組織し賛同者の入隊は拒まない。
I 我々の国家社会主義革命は極めて合法的に実行される

我が党党員は全員戦後生まれである。我が党員は公衆衛生学の国家資格を有し、日本国民の悩み相談・解決を行っている。党員の主たる活動は国家社会主義の理念に関する勉強会が中心である。


156 :国民社会改新党(仮称) :04/03/02 23:54 ID:ljLPlhlX
国民社会改新党模擬憲法草案

 我々日本国民は先の大戦で屈辱的な敗北を記した。この事実を、我々日本国民は厳粛に受けとめ
我々の侵した罪を深く反省すると共に、我々が他国へ与えた損害を深く反省し、我が国体たる天皇自
らが謝罪の意を表し、平和国家建設を自らの国家によって成し遂げることを世界に宣言した。更に、
我が国民の勤勉な勤労努力によって類い希なる復興を成し遂げ、世界の平和と発展に貢献するまで
に成長するに至ったのである。しかし、それにもかかわらず、我が国には今だ平和的条約の名の下に
他国軍が駐留し、占領された領土の一部は返還されることなく、他国が自由に領有権を主張し続けそ
の領土を使用続けている。そもそも我が国は平和憲法の名の下に、占領下において憲法を与えられ、
今だその効力に依存し、平和教育の名の下に、国家の栄華と尊厳を否定する教育が行われ続けた。
その結果、我が国民は国体の威厳と尊厳を忘れ、国防の重要性を忘れ、個人の自由と権利を主張し
つつ他を思いやり顧みる心を忘れ、ただ仮想の平和に溺れ享楽を楽しみ、勤労は個人の享楽の楽し
みのためにのみその労力を使用するという、最も世界に恥ずべき国家たらんとしている。しかし、ひと
たびこの仮想の平和が崩れたとき、我が国は自主権を行使して、我が国民が一丸となってこの危機
を解決するすべを全く知らない。我々日本国民は難局に対して毅然として対処しなければ、我が国体
と国家の存続そのものが危機にさらされることをしっかりと受けとめなければならない。よって、我々
日本国民は敗戦後に他国によって与えられた憲法の効力を停止し、敗戦によって剥奪された日本国
の栄誉と尊厳そして権利を回復し、日本国と勤労日本国民の繁栄および安全を保障するため強固な
日本国家の再建を実現し、真の独立国家として世界の国家の一員とならんことをここに宣言し、
新憲法を制定する。


157 :国民社会改新党(仮称) :04/03/02 23:55 ID:ljLPlhlX
第一章  国家運営に関する基本事項
 第一条 国家を国家社会主義の理念に基づき天皇を精神の支柱に奉じた、勤労労働者中心の強固な国家に
      再建するため、再建の実現が達成されるまでは「国民社会改新党」が国家運営の指導の中心をなす。
 第二条 「国民社会改新党」」の国家運営方針に反対又は妨害する、いかなる思想、団体、文献等の公表を
      固く禁止する。
第三条 目的の日本の再建が完了せしめたときは、国家運営の全ての権限を国民の基に返還する。
第二章  国名
 第四条 我が国の正式な名称を「国家社会主義日本国」とする。
 第五条 我が国の再建が完了せしめたときは、国民の総意に基づく国名に替えることを可能とする。 
第三章  天皇
 第六条 天皇は日本国国体そのものであり、国民及び国家勤労労働者の意思の統合である。 
 第七条 天皇は神聖にして侵すべからざる存在であり、よって国家運営上の政治的責任は不問とする。
 第八条 天皇の本来有すべき権限は国家運営上の最高意志決定機関又は者に委任することを基本とする。
      よって天皇は国家の最終意思決定を最終意思決定機関又は者に委任することを基本とする。

158 :国民社会改新党(仮称) :04/03/03 00:02 ID:Wfq4f2xL
第四章  国家運営組織
 第九条 我が国の全ての権力を国家再建委員会が天皇に変わって代行する。
 第十条 国家再建委員会は国民による選挙にによって選出された党員によって構成される。また、
      国家再建委員会は国家社会改新党の国家運営方針を最大限に尊重する。
 第十一条 国家再建委員会は次の各委員会によって構成される。
     @国家安全保障委員会
     A国家財務委員会
     B国家法務委員会
     C国家外務委員会
     D国家内務委員会
     E国家労働委員会
     F国家運輸通信委員会
     G国家文教委員会
     H国家科学技術委員会
     I国家保健委員会 
 第十二条 国家再建委員会各委員会はその運営の責任を負う委員長を選出しなければならない。但し、
      国家安全保障委員会委員長の職は国家運営上の最高意志決定機関によって選出された最高
      意志決定者がその任を兼務する。
 第十三条 国家再建委員会は各委員会を総括する国家再建委員会総務委員長を選出しなければならない。
      国家再建委員会総務委員長はどの委員会にも所属せず、全ての委員会の決定事項を総覧し指導、
      助言、運営の管理を行う。但し、国家安全保障委員会については、国家安全保障委員会委員長の
      運営責任を優位とする。  


159 :国民社会改新党(仮称) :04/03/03 21:32 ID:I+m7I5VI
第十四条 国家再建委員会各委員長は国家の最高且つ最終意思決定機関である、
国家再建最高会議を組織する。
 第十五条 国家再建委員会総会は委員全員の出席のもと、年6回招集される。
ただし、国家再建最高会議議長の動議及び特例権による招集発令が
されたときは、緊急に招集される、
 第十六条 国家再建委員会総会は国家再建総務委員長が招集する。
 第十七条 国家再建委員会総会は次の事項を審議決定する。
  @国家再建に関する法律の制定・発布 A国家の安全保障に関する事項
      B裁判に関する人事・事項 C国家財政に関する事項 D国家外務政策に関する事項
      E国家の保健医療に関する事項F国家の治安維持に関する事項 G国家の教育政策に関する事項
      H国家の科学技術に関する事項I運輸・通信・郵政事務に関する事項J労働者の服務・待遇・福利厚生等に関する事項
      K憲法の改正・廃止・制定に関すること Kその他国家再建委員会が必要と認めた事項
 第十八条 国家再建委員会総務委員長は国家再建委員会総会の議長権又は議長を選出する権限を有する。

160 :国民社会改新党(仮称) :04/03/03 21:34 ID:I+m7I5VI
第五章  国家の最終意思決定
 第十九条 国家の最高且つ最終意思決定機関は、国家再建委員会各委員長より組織され
        た国家再建最高会議である。
 第二十条 国家再建最高会議はその意思決定の全責任と権限を有する国家再建最高会議
        議長を選出し、天皇の任命を受けて決定されなければならない。
第二十T条 国家再建最高会議は天皇の臨席の元に国家再権最高会議議長が招集する。
第二十二条 国家再建最高会議は国家再建最高会議議長の権限で随時招集される。
第二十三条 国家再建最高会議においては天皇の助言を求めることはできるが、最終意思 
        決定を求めてはならない。
第二十四条 国家再建最高会議は次の事項を審議決定する。
      @国家再建委員会で動議すべき事項
      A国家安全保障委員会の招集と審議すべき案件   
      B日本国軍の人事及び行動方針に関すること
      C裁判官の任命に関すること
      D国家予算の決定
      E日本国及び日本国民の安全保障に関する政策
      F諸外国との条約の締結と破棄に関すること
      G緊急特例権の発令に関すること
      H皇室典範に関すること
      I国家運営において緊急に審議意思決定が必要となった事項
 


161 :国民社会改新党(仮称) :04/03/03 21:51 ID:I+m7I5VI
第二十五条 国家再建最高会議議長は次の権限を有する。
      @国家安全保障委員会委員長を兼務し、天皇の代行として日本国軍を統帥する。
      A国家再建最高会議の招集
      B国家再建最高会議での最終意思決定権
      C国家再建最高会議で特別に決定された事項の実施命令権
      D我が国の実質的元首として諸外国の元首と謁見する権限
      E非常時における日本国軍への出動命令権
      F他国の軍事侵攻における宣戦布告権
      G国家運営において国家再建委員会の決定が不適当な決定であった場合又は緊急時に
       早急に意思決定すべき事態が生じたときは、緊急特例権を発して決定事項を無効とし、
       又国家に非常事態宣言を発し、全権を掌握する権限。
       ただし、緊急特例権を発するときは天皇と国家再建最高会議の過半数の承認を得なければならない



162 :国民社会改新党(仮称) :04/03/03 21:52 ID:I+m7I5VI
第六章  国家安全保障に関する基本事項
 第二十六条 日本国及び日本国民はそれが有する尊厳と生命、財産等を脅かそうとする
       いかなる暴力、武力に対してそれらを排除する権利と義務を持つ。
 第二十七条 日本国及び日本国民の平和と安全を保障するため、第二十六条に基づいて
       陸・海・空の軍備を整備保持する。
 第二十八条 日本国軍は、日本領土保持及び日本国民の平和と安全を保障することにの
       み行動し、他国との紛争の解決の手段として、我が国が先制して他国に侵 
      攻することはできない。
 第二十九条 日本国軍は非常時に際して、国家安全保障委員会又は国家再建最高会議の
       決定又は国家再建最高会議議長の特例権に基づき、国家再建最高会議議長
       の出動命令によって行動する。
 第三十条  国家の非常時には、自然災害及び人的災害も含まれる。
 第三十一条 日本国はいかなる理由においても、他国との軍事的同盟関係は締結しない。
 第三十二条 日本国は一般国民を無差別に大量に殺傷する兵器(核兵器及び科学兵器等)によって
          他国から、侵略攻撃を受けた場合又は受ける可能性のある場合は、それと同等の兵器
          によって反撃または反撃の準備をすることを可能とする。よって、それに対応した防衛手
          段を研究、開発することを可能とする。
 第三十三条 日本国民は、非常時に際した場合、その安全保障を最大限に優先させなけ
         ればならない。


163 :国民社会改新党(仮称) :04/03/03 23:31 ID:I+m7I5VI
我々は民主主義という政治体制を否定する。
民主主義は個人の行動と考えを数の多い少ないによって完全に封じ込める危険な政治手法だ。
そもそも、民主主義ができた経緯をふり返れば、王政を無血にして打倒するため、武器を持たない
ブルジョア西欧国民の革命手段と捉える。
かのヒトラーはこの民主主義によって合法的に政権を掌握した。
レーニンはその点では民主主義を否定して、本質的で正当な議論の場すなわち「ソビエト」を形成し
力には力で、不合理な採決に対しては武力封鎖で、政権を掌握した。議会で少数政党が政権を獲得する
基本手法である。議会では議席数が少数であっても、民衆はみなレーニンを歓迎した。すなわち、レーニンは
数に現れない「声なき大衆」の絶対的な信頼を受けていたからである。
いわゆる、これが民主主義、選挙のあやである。
今の日本はどうか、投票率40%程度。それで、議席をとっても民意が反映された政治とはいえない。
そもそも、政権与党そのものが民主主義の弱点を巧妙に利用しているのだ。
日本は疑似愛国心を語る国賊経済やくざ集団「自由民主党」が思うがままに事をすすめ、それを可能に
しているのは、その中に不気味にまとわりついている、違反違憲犯罪偽宗教一味創価公明党と自民党の陰の
スポンサー池田の独裁国家そのものであり、ますますこの傾向は強まる。
こんな犯罪国賊集団による独裁国家を倒す手段は、ただ一つ「天皇」である。
我々は改めて「大日本帝国憲法」を読み直してみるとその宝石の原石のごとく、その神聖にして侵すことのできない「天皇大権」
のすばらしさを感ずるのだが。
すなわち、誰かが暴走し政治を行おうとしたとき、それを止めることができたのは唯一現人神「天皇」が人間にもどってその行動を
戒めたときなのだ。今の憲法ではこのような権限は誰も持たない。

164 :右や左の名無し様:04/03/04 00:35 ID:/+AJ7j++
ところで孫正義の参考人招致はどうなった?

麻生総務大臣の秘書官宅に発砲があったから

孫正義召致が立ち消えになるなんて許されないぞ”!!!!!!!!!!!!!!

165 :右や左の名無し様:04/03/05 13:53 ID:???
北海道警察追求の敵討ちを、東京でやられた。
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/backnumber.php3?&d=20040303&j=0022
共産党員の不当逮捕は明らかに意趣返し。
これが国家公務員法違反なら自民党のパーティーに出てる警察官僚だって逮捕だろが。

マスコミも警察権力を怖がってつっこんだ報道が出来ない。

これに黙ってたら、独裁国家になっちゃうぞ!!

166 :国民社会改新党(仮称) :04/03/05 23:10 ID:Ta0+fCWw
日本は疑似愛国心を語る国賊経済やくざ集団「自由民主党」が思うがままに事をすすめ、それを可能に
しているのは、その中に不気味にまとわりついている、違反違憲犯罪偽宗教一味創価公明党と自民党の陰の
スポンサー池田の独裁国家そのものであり、ますますこの傾向は強まる。
こんな犯罪国賊集団による独裁国家を倒す手段は、ただ一つ「天皇」である。
我々は改めて「大日本帝国憲法」を読み直してみるとその宝石の原石のごとく、その神聖にして侵すことのできない「天皇大権」
のすばらしさを感ずるのだが。
すなわち、誰かが暴走し政治を行おうとしたとき、それを止めることができたのは唯一現人神「天皇」が人間にもどってその行動を
戒めたときなのだ。

すでに、独裁国家である。だからこそ、「天皇」を我々一般勤労国民の元に御加護戴き、「天皇大権」によって
これら、国賊謀略的犯罪集団一味を根絶し、正しい秩序ある国家を建設しなければと、切実に考える。

167 :国民社会改新党(仮称) :04/03/06 14:16 ID:kpSgckn2
第十四条 国家再建委員会各委員長は国家の最高且つ最終意思決定機関である、
国家再建最高会議を組織する。
 第十五条 国家再建委員会総会は委員全員の出席のもと、年6回招集される。
ただし、国家再建最高会議議長の動議及び特例権による招集発令が
されたときは、緊急に招集される、
 第十六条 国家再建委員会総会は国家再建総務委員長が招集する。
 第十七条 国家再建委員会総会は次の事項を審議決定する。
  @国家再建に関する法律の制定・発布 A国家の安全保障に関する事項
      B裁判に関する人事・事項 C国家財政に関する事項 D国家外務政策に関する事項
      E国家の保健医療に関する事項F国家の治安維持に関する事項 G国家の教育政策に関する事項
      H国家の科学技術に関する事項I運輸・通信・郵政事務に関する事項J労働者の服務・待遇・福利厚生等に関する事項
      K憲法の改正・廃止・制定に関すること Kその他国家再建委員会が必要と認めた事項
 第十八条 国家再建委員会総務委員長は国家再建委員会総会の議長権又は議長を選出する権限を有する。

168 :右や左の名無し様:04/03/06 14:23 ID:lpRPg+P1
天皇を利用して都合の良いようにしたいだけの駄文↑
見てると反吐が出る゜д゜)、ペッ!!
気持ち悪い。
日本は民主主義国家か?
違う。
世襲制無責任社会主義国家というのが実態

閣僚議員に2世が多いのは?←議員も世襲制か?
天皇が世襲で、戦争に負けた時、アメリカ占領軍の協力するかわり
最高責任者として責任を下の人間だけにおしつけるやり方が
50年過以上すぎた日本社会の習慣
感覚的に言えば、腹切るでしょ?トップは…
でも、現実は社長、首相 会長とトップの肩書きをもった人間は
下の人間に罪被せて生きながらえる社会現象

昭和天皇の行動を見習ったとしか思えない、無責任社会。

昭和天皇が死刑になっていれば良かった。と、思う。






169 :右や左の名無し様:04/03/06 19:09 ID:???
>>168
>腹切るでしょ
腹切りは責任追及の切断反射装置。
死んでも尚追及すれば、死者を冒涜する者、鞭打つ者、鬼、人非人
などの汚名を着せられ、葬り去られるであろう。


170 :右や左の名無し様:04/03/10 10:39 ID:Pu35ZQxH
>>169
切断反射装置?
意味不明なんだけど。


171 :右や左の名無し様:04/03/20 13:03 ID:2A2ladok
腹を切るべきなのは実際に権力を持った人間。天皇に腹をきらせたら
そういう連中が喜ぶだけ。

172 :右や左の名無し様:04/03/22 20:04 ID:maQVfX6T
もう一つ別な話をしましょう。
東京に住んでいた朴春琴は1932〜1937年に東京地区から立候補して衆議院議員として
選出されました。日本に住んでいる朝鮮人は日本人と同じ権利を与えられていたので
議会の一員として選出されたのです。

お尋ねしますがアメリカの黒人はいつ選挙権をも含む平等な権利が与えられたのですか?
日本はこの面ではほぼ30年早かったのです。
http://www.jiyuu-shikan.org/goiken/02/09/gmain.html


173 :右や左の名無し様:04/03/24 22:09 ID:RckeQcRQ
★売国朝日、(ハングル掲示板)は危険な思想。」

1 :     転載     :04/03/18 00:52 ID:kSiz3OAS
某掲示板と名指しし、非常に危険な思想であると指摘。
とくに韓国に対する思想は非常に危険でこれはインターネットだけで収まれば
よいがと警笛を鳴らした。

ソースは朝日ニュースターの「今後の日本」を語るから
<http://ex2.2ch.net/test/read.cgi/korea/1079538750/l50>

174 :右や左の名無し様:04/03/26 15:55 ID:???
アメリカでこういう法案が検討されています→http://nesara.org/main/index.htm

175 :mesyon:04/04/04 09:57 ID:nKf/P6UY
HARRPプロジェクトHARRP計画で
日本人の精神を弱らせ
アメリカの都合のいいように日本人はコントロールされ
アメリカの言いなりになっている

日本人はマインドコントロールを自力で抜け出す
努力が必要である

176 :右や左の名無し様:04/04/04 18:17 ID:ajKN2+NA
175
そりゃあ「天皇陛下万歳!」って死んでいったのに、
その天皇が「私は戦争に反対でした」」では日本人の精神は弱るわな。

もともと強いものに逆らわないようにしつけられてる日本人、
精神的に強いわけない。
奴隷教育で諦めることを悟るのみ。

177 :右や左の名無し様:04/04/06 16:14 ID:???
tes

178 :右や左の名無し様:04/04/10 20:25 ID:???
お上が戦争に反対していたことは殆どの国民は知っていました。
それは「昭和」の元号を見てもわかるはずです。
元号の文字は中国の古くから重んじられてきた典籍の文から撰ばれます。
儒家で四書五経として尊重されてきた書物の中に「書経」があります。
その「書経」の中にある一文、「百姓昭明、協和万邦」から、
国民の平和と世界の共存繁栄を願って「昭和」の元号が生まれました。
わが国は君臣一致して大東亜の平和を願い、
アジアを蝕んできた欧米列強の勢力と戦ってきたのです。
日本以外のアジアの国々は、
必要な文明開化を拒み、富国強兵をせず、欧米列強に圧迫されるままでした。
日本には戦争をやりたくてやってきた歴史などありません。
みんな、アジアが欧米の勢力化に脅かされることのない平和な共栄権となるよう、
平和の礎となっていったのです。

179 :右や左の名無し様:04/04/11 13:09 ID:???
近世の日本は、教育に関していえば、今よりも自主性が重んじられていた。
武術も、今の体育会系ののりのようなものではなく、
師匠は、教える弟子の素質を見極め、良い点を伸ばす教え方に勤めたりした。
現存する古武術の流派を見てもそれは知ることができる。
明治は、欧化政策の影響で、日本が古来から伝えてきた、
個人個人の自主性を尊重する優れた教育法の多くを失った。

180 :1:04/04/15 19:48 ID:???
えー、このスレ作成者です。しばらく離れてました。
ひさしぶりに見たところ、大分「民主主義」論から遠ざかったようで。
初めの方は結構活発な議論があって面白かったのですが、スレタイが逆に
議論の幅を狭めてしまったかもしれません。なので、議論活性化のために、
再度、論点を絞って再提起します。
「日本は民主主義国家かどうか」という点では賛否両論ありましたが、
ある程度の構造的な欠陥があるという点においては一定の合意が観られ
たと思います。そこで、問題提起をしたいと思います。

1.現代日本社会の政治的な構造欠陥(あるいは問題点)は何処にあるのか?

2.その解決のためには如何なる方策を執るべきか?

3.現代民主主義の問題点をどのように克服すべきか?

それじゃーいってみやう!

181 :右や左の名無し様:04/04/15 19:49 ID:LxKMQQxW
浮上セヨ。

182 :右や左の名無し様:04/04/16 21:20 ID:???
1.現代日本社会の政治的な構造欠陥(あるいは問題点)は何処にあるのか?

 二大政党制にうまく移行していかない。

2.その解決のためには如何なる方策を執るべきか?

 民主党が、今の自民党の政策を引き継げる現実性を、
民主党としての独自性よりも優先させるて党内改革を進める。

3.現代民主主義の問題点をどのように克服すべきか?

 選挙のときに低下していく投票率を引き上げるために、
小泉今日子を立候補させてみる。

183 :右や左の名無し様:04/04/16 23:19 ID:???
無題 Name 名無し 04/04/16(金)17:36 No.326902
僕は消防の頃在日の同級生がむかついたのでチョンと呼んで雑巾投げつけた。
狂死は烈火のごとく怒り狂い僕を殴った(親にも殴られたこと無いのに)。
僕は口から血を流した状態で親に相談したら、親が神社の神主さんに相談してくれて神主さんから自民党の県会議員に動くようお願いしてくれて県の教育委員会から圧力をかけてもらい諭旨免職にさせた。
その後その狂死は自殺したと聞いたがザマーミロと思った。

184 :& ◆gWDU/vXM6A :04/04/17 20:19 ID:X2+8HAK6
>>1みたいなのを本当の平和ボケって言うんだろうな。


185 :右や左の名無し様:04/04/17 21:26 ID:Q+MfZXvq
日本国民は売国官僚・政治家に飼育される家畜ではない。
囲いの中で管理したければ、政府に従順な家畜だけ社会から隔離
して施設に収容すればいい。

米国務長官「3人を誇りに思うべき」
http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline944100.html
アメリカのパウエル国務長官はJNNの単独インタビューに応じ、
人質となった3人について、「イラクの人々のために、危険を冒し
て、現地入りする市民がいることを日本は誇りに思うべきだ」と語
りました。

2004年04月16日(金)
「自己責任で」と批判噴出 自民、渡航の法規制論も
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/seiji/20040416/20040416a1180.html
総務会では額賀福志郎政調会長が「退避勧告は効果を発揮しなかっ
た。限定的に渡航禁止にして国民に自覚してもらう必要がある」と
渡航禁止の法制化に着手する意向を表明。

家族宅、嫌がらせ電話も
http://www.sankei.co.jp/news/040412/evening/e13nat002.htm
警護のため自宅を訪れている警察官によると、十一日以降、上京中
の菜穂子さんの弟の修一さん(三三)らが人質救出を訴える会見の
模様がテレビで報じられるたび、「ふざけるな」などの電話が自宅
に相次ぎ、父親の睦雄さん(七一)は体調を崩したという。


101 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)