5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

『エリート中のエリート』

1 :右や左の名無し様:04/03/25 17:10 ID:ngRJyRIy
http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20040323/mng_____tokuho__000.shtml
■『エリート中のエリート』

 今回の「週刊文春」出版差し止めにかかわったのはどんな裁判官なのだろう。

 文春側の異議申し立てを却下し、差し止めを認可する決定をしたのは三人の判事だ。このうち裁判長を務めたのは東京地裁民事九部部長判事の大橋寛明氏(54)。
最高裁行政局参事官や東京地裁判事を経て、一九九五年から昨年四月まで最高裁調査官、同上席調査官を務めてきた。
この職は、最高裁判事に代わり実質的な審理をすることも多く、判事の世界では「エリート中のエリート」と目される。

 大橋氏が裁判長としてこれまで下した判決をみるとメディア関係も多い。昨年はインターネットの掲示板「2ちゃんねる」の書き込みなどをめぐる複数の名誉棄損訴訟でいずれも被害者への損害賠償を認める判決を出した。
九四年には「ロス事件」で被告がスポーツ紙など四社を名誉棄損で訴えた裁判でも損害賠償を認めている。同年には佐川急便事件でも、名誉棄損で全国紙を訴えた国会議員への損害賠償を認めている。

 「週刊文春」の仮処分を単独で最初に下したのは、東京地裁の鬼沢友直氏(45)だ。外務省に出向し在外勤務の後、司法研修所教官を経て昨年から東京地裁判事を務めている。こちらも相当なエリートだ。
報道された限りではメディア関係の判決はない。話題になった裁判としては、九八年にオウム真理教信者が、警視庁警官の職務質問を拒んだところ警官に突き飛ばされた上に公務執行妨害で逮捕されたと訴えた訴訟で、信者への損害賠償を認めた。

2 :右や左の名無し様:04/03/25 17:34 ID:???
マスコミも根性無しばかりだな。
事件の資料として真紀子の記事が差し止めになるべきでない事例として掲載すればいい。
事件の渦中のことならば、プライバシーの保護よりも、報道することが公共の利益(不当検閲の阻止)になるなら、
事実の報道をするべきだろう。
何故、田中の娘と検閲の問題を追求して報道しないのだ。
事前検閲を容認するつもりなのか!

3 :右や左の名無し様 ::04/03/25 17:38 ID:???
今回は素人目に文春がわるい。
弁解の余地がない。
国民の反感をかっている。
恥を知るべきだ。


4 :右や左の名無し様:04/03/25 17:41 ID:???
裁判内容や遣り取りををどんどん報道していけばいい。
麻原裁判だけには公開したように報道しながら、田中家には及び腰とは情けない限りだ。
検閲や報道の重要性を認識しているなら、ガンガン事実を公表して報道の義務を果たすべきだ。
それが出来ないマスコミや週刊誌など さっさと廃業廃刊してしまえ。

5 :右や左の名無し様:04/03/25 17:45 ID:???
文春が悪ければ損害賠償などの制裁をすればいい。

事前検閲もどきの行為を容認しては報道や言論の自由を抹殺することになる。

事前検閲には断固反対だ。

6 :右や左の名無し様:04/03/25 20:16 ID:???
マスゴミのやりたい放題が目に付くんで、今回の地裁の決定には拍手。

7 :ぁゃιぃアズマ人:04/03/25 20:52 ID:FAcCkhNN
 事前検閲にイチャモンつけるのは、単に自分達の商売がやりづらくなるからだろ。
知る権利・取材の自由が大切とかほざくなら、ロハで情報流せばいいだろ。
知る権利がそんなに重要なら、貧乏人にも情報が行き渡るようにロハで
情報流すのが筋だろ。公人でない私人のプライベートを覗き見して金儲けするなら、
それなりのルールに基いて金儲けすべきである。取材対象に事前に了解を取るとか、
謝金を支払うのが最低限のルールだろ(藁

 政治関係の記事など公共性のある情報を自由に記事にして金儲けできるのは、
それが誰もが自由に使ってよい一種の公共財だからだろ。それに対して私人の
個人的な情報は、言わば私人個人の財物で人様がそれを自由に流通させて
金儲けすることは一種の泥棒行為。大手出版社が、人様の個人情報を盗んで
金儲けするとはフトドキ千万だ罠。
 文春の行為は、田中某が自伝とかで自分の私生活を暴露して得られるであろう金銭を、
不法に強奪する泥棒行為以外の何者でもあるまい。私生活に関する情報が金に換算
できる以上、それを第三者が勝手に利用して換金する行為は窃盗以外の何者でも
あるまい。空気と水すらタダでない現在、私生活に関する情報もタダではない。
人様の個人情報を盗みだし、それを流出して金儲けする文春は悪質な泥棒企業だ罠(藁
 換金できる個人情報が一度でも流出してしまっては、資産価値が下落してしまう。
よって個人情報の資産価値を維持する視点から事前検閲は妥当(藁

8 :ぁゃιぃアズマ人:04/03/25 21:03 ID:FAcCkhNN
 他人の個人情報を勝手に記事に書き立てる行為が許されるなら、なぜ個人の
住所氏名、学歴、職業、取引情報などの名簿が業者に流出することが許されんのだ?
 個人の私的な生活より名簿を売り買いし、それで金儲けすることの方が、
文春の泥棒行為よりよほど可愛いものだろ。個人の情報の処分権限は、基本的に
個人に属すると考えるべきで人様が無闇にそれを使うことは原則として許されない
と考えるべき。ましてや人様の個人情報を勝手に使って金儲けをするなど言語道断(藁
 いっぱしの商業誌なら、一種の公共財である公的な情報と、基本的に個人に
属する私的な情報をきちんと線引きして取り扱うべきだ。私的な情報で金儲けを
するのは、名簿の売り買いと同じ違法行為であるとの認識をいいかげん持つべき(藁

9 :ぁゃιぃアズマ人:04/03/26 00:09 ID:MqJveu6D
文春問題 『知る権利の代理人』の公平性は

 週刊文春の出版差し止めで思い知らされたのは、商業メディアが持つ影響力の強さだ。
「プライバシーの保護」と「表現の自由」を両立させるのは難しい。だが、
商業メディアがプライバシー侵害ではないと判断すれば、「リンチ」のように
私人のプラバシーも暴き立てることができる。大衆の「表現の自由」を代弁する力を
委ねられるほどの「公平性」が商業メディアと記者にあるのか−。なんちゃって(藁

 >>1 の引用記事は、私的情報と公的情報の区別をまったくしていない点において、
自分達商業メディアのツールとしての取材権や出版権を不当に擁護しようとしている。
 事前検閲や法外な賠償金が、市場に流通させるべき公的情報にまで適用され、
不当に規制されるのは好ましくない。しかし、公的情報と私的情報は異なる。
 個人のプライバシーに関する情報は、他人がみだりにそれを流通させるべきではない。
またそれを使って不当に金銭を儲けるべきではない。私的情報と公的情報を区別し、
私的情報に関しては、それが商業メディアによって不当に侵害されないように
制限が加えられるのは当然である。そうでなければ、プライバシー権自体が成立しない。
 今回の事件で言えば、対象者は公人ではなく、対象事項は公的事柄でもない
単なる下世話な個人情報にすぎない。それを本人に許可なく調べ、さらにそれを
売りさばいて金儲けした行為は、名簿売買以上の悪質な犯罪行為と言うしかない(藁
 そもそも、>>1 の引用記事は、これを書いたものの署名すらなしに、今度は裁判官の
名や経歴まで晒して記事にしている。裁判官の名や経歴は公的情報だからそれを
晒すことは問題ないとは言えるが、自分は名無しで裁判官の名や経歴を一方的に
晒すのは言論人としてフェアとは言えまい。すべて大手商業メディアはこの調子で
自分が神さまキドリで、一般大衆の代弁者であるかのようだ。これだから、
大手商業メディアは鼻持ちならない。他人の個人情報を窃取し、不当に売りさばいて
金儲けする泥棒どもの妄言に騙されてはならない。商業メディアの不当な個人情報
売買をこの際徹底的に暴き出して市場から追放すべきだ罠(藁

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)