5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

俺たちに明日はあるEX

1 ::04/04/04 12:42 ID:???
違うかモマイラ?

2 :高句麗 ◆OIZKOUKURI :04/04/04 12:47 ID:???
     'lii,             : ,,, .,i,     .,,,:             ,i,,,               .,,,,,,       : .__,,,,,,,,,,,,,
  : ,,,,,,,,,,,llllllllllllllllliii、    .,,,,   .llll!l,,'!li,     .lll:       : : ._,,,,,,,,llli,,,,,,,,,iiili、     ,,,,iil!!゙°   liilllllllllllll!lllll!!!゙゙゙゙゙゙`
  .'lll,,,,,,,,,,,,,,,,,liiilr,ll゙    ,ill°  ゙lli゙゙ ``  .,,、 lll!  ,,    .゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!ll,```    .,,,iil!!゙°        ,,il!゙°
  .illl゙゙゙゙~゙illliill゙゙`゙゙゙`  ._,,,,,,llllllllllllliii, '!l,:   .,,il゙  .,lll  ゙゙!ii,,       ..,,,llll、    .lillll゙`          ,ill゙
  .゙゙°,,,,,,llllllliilllli、  .'ll゙゙~.illl′  ,lll ゙゙  ,il!゙′ lll`   .'゙!li, .,i,,    '゙゙°      ゙゙!!li,,,,            llll,
    ,,,,,,、 ,,l!°     ,ill″ .,,ill゙       ,,,,,ll「    `` .'!!ii,,,、   : ._,_      ゙゙!!lii,,,、       '゙!lii,,,,,_:
    .゙゙゙!lllll!゙′     ゙゙° .ll!!゙゜       ゙゙゙゙′       .゚゙゙!!lllllllllll!!゙゙゙        `゙!!!l‐        ゙゚゙゙゙!!lll'
   .、   .,,,          ,,,       ,,、                、
  _,,,lli,,lliir,,,,illllllllll・    .,,,,  ,illl      .lll,,,,,,,,,  .llii,,  .,i,       lli,
 '゙゙゙゙゙,,,,,,,'゙゙゙,llli,,lll、    ,llllillllllll!!!llliii,,,  .lllllll!゙゙゙゙゙”  .,, ゙゙!li. lll:        lll、
  llllll,ll,lli、,llllllllllllllll!  ,,illl゙!ll, ,,ll!゜  .゙゙!lli、 ,ll°    :lll    lll、         lll|
  .゙ll,,,,llllliilll,,irlll"l!"_ .iill゙  'lllil!゙`   .llll  '!l°,,,,llllll,,,,,ll|   .llll  .,,,:     .llll
  :lll゙゙,,,,,,lll,,i!゙ '!li,,,,,il!".゙!liiiiil!!゙°  .,,,,il!゙    .:lll、 ゙゙llllli,,   .llll,,,iil!゙゜    .:lll:
  .l!!゙゙ ̄ .'゙゜  .゙゙゙″  : :      l!!゙°    ゙゙llllllll゙゙" ゙゙°  .゙!!l゙°     ``




3 :最低人類0号:04/04/04 20:05 ID:???
君が死んでからもう1年。
君は今も僕を見守ってくれているのかな?
君は、僕の生まれて初めて出来た彼女だった。
すごく嬉しくて、幸せだったなあ。
突然、白血病だって医者に宣告されてから、君は病室で日に日に弱っていった。
「病院ってひまねえ」って笑う君を見て、僕はいつも泣いていたんだ。
君の為に、僕の小汚いノートパソコンをあげたら、君はすごく喜んでくれたよね。
ネットをするようになった君がいつも見ていたサイト、それが「2チャンネル」だった。
ある日君はいつものように、笑いながら言った。
「ほら、見て今日も2ゲット出来たよ。」
「あまりパソコンばっかいじってると身体に障るよ」
なんて僕が注意すると、
「ごめんねえ。 でもね、これ見てよ。
ほら、この3のひと、2げっとぉ!なんて言っちゃってさぁ、ふふ」
僕は黙っていた。君がすごく楽しそうで、僕は何も言えなかった。
「ほらみて、この3のひと、変な絵文字使ってくやしぃ〜!だって。
かわいいねえ。 ふふ。」
僕はまだ黙っていた。笑う君を見て、どうしようもなく悲しくなった。
「憶えててくれるかなあ」 君がふと言った。
「…この3のひと、私がいなくなっても、あの時変な奴に2をとられたんだよなー
なんて、憶えててくれないかなあ……無理かな……憶えてて、ほしいなぁ……」
それから数ヶ月後、君は家族と僕に見守れながら息を引き取った。
君はもうこの世に居ない、なのに僕は今F5を連続でクリックしている。
君の事を、3のひとが忘れないように、いつまでも、いつまでも忘れないように。
天国にいる君と一緒に、今ここに刻み込む
2 ゲ ッ ト

4 :最低人類0号:04/04/04 21:26 ID:QJ9A3o9V
晒しあげ

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)