5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

この国の最高刑が死刑でいいのか?

1 :死刑反対 ◆kav22sxTtA :03/11/27 13:09
この国の最高刑が「死刑」ってどうかと思う。
例えば、5人殺した奴が死刑になったとして、
死刑になった奴は5人分の命の価値があるわけでは
無いでしょ?
人殺しした奴だって、死ぬ覚悟で人殺ししてたら、
死刑になったって、痛くも無いわけじゃない?
今の死刑制度なら、何かやった者勝ちみたいで・・・

もし、最高刑が死刑じゃ無くて、他のものだったら・・・?
犯罪が少しでも減るんじゃないのか?


2 :2:03/11/27 13:11
2

3 :少年法により名無し:03/11/27 13:13
お行きなさい!刑

4 :少年法により名無し:03/11/27 13:14
大丈夫だ。閻魔様がそれ相応のバツを与えてくれる。

5 :少年法により名無し:03/11/27 13:24
最高刑は死刑プラス家族親族全員死刑。
プラス家族親族の全ての財産没収、ということにすればよい。
皆怖くて犯罪なんかしなくなる。
一石二鳥や。

6 :少年法により名無し:03/11/27 13:49
>>5
禿同


7 :少年法により名無し:03/11/27 14:01
拷問刑復活させましょうよ。
│              _
│           /  ̄   ̄ \
│          /、          ヽ
│          |・ |―-、       |
│         q -´ 二 ヽ      |
│         ノ_ ー  |     |
│          \. ̄`  |      /
│          O===== |
│         /          |
│         /    /      |


8 :ケンシロウ:03/11/27 14:36
終身刑をつくればええかも。俺やったら死刑になるより一生監獄のほうが辛い。

9 :少年法により名無し:03/11/27 17:03
>>8
飴理科みたいに足し算していく。
懲役271年みたく

10 :死刑反対 ◆kav22sxTtA :03/11/27 19:03
>>8
禿しく同感。
でも、一生監獄だけってのも何か物足りないな。
>>9
飴理科みたいに足したって、人間どう生きたって100年だろ
270年なんてちと現実味が無いから、被害者からすると
あんまし得策とは言えない気がするな。

11 :少年法により名無し:03/11/27 20:30
>>1
全く同意。
宅間守の件で言うと、殺された児童には何の落ち度
もないのにもかかわらず、苦しみながら殺されました。
加害者の宅間守は首吊りの安楽死。
また充分な理由がある為、無念さも残らない。
なので私としては、拷問刑を導入すれば良いと思う。
両目を失明させて、手の指や耳を落としたりして
毎日リンチしながら、余生を苦しませると言う感じで。

12 :麻原 ◆dILKijmmU2 :03/11/27 21:31
>>1
死刑と無期懲役の差が大きすぎる事が問題と思う。
有期懲役の期間をもっと長くするのと、終身刑を新しく設けて欲しい。

13 :少年法により名無し:03/11/27 21:59
>11
同意。

例えば、下の罪人たちに対する刑罰は、手足を切り、耳を潰し、目をえぐって、
汚物処理場に投げ込み、毎日リンチするというのが妥当かと思われる。



宮野裕史 小倉譲 湊伸治・恒治 渡邊恭史 岩井哲夫 垣東孝一 星寿和

14 :少年法により名無し:03/11/27 23:02
納得。上記の事を公開でしたらええのにな!!

15 :少年法により名無し:03/11/27 23:15
死刑と無期の間に四肢切断達磨の刑を入れろ。



16 :少年法により名無し:03/11/27 23:17
あげ

17 :名無し:03/11/27 23:57
>>1
いいんじゃないの?
他に何かある?

18 :死刑反対 ◆kav22sxTtA :03/11/28 01:15
>>17
そゆ意見も有りだけどな。
でも、死刑なんて一瞬でしょ。
そもそも「死」を厳罰にする方が違うと思うんだけどな。
「死んだら許す」って何かおかしくない?



19 :少年法により名無し:03/11/28 01:27
死刑の考えそのものが、如何に苦痛を与えずにと言う考えでやってるからな。
飴理科みたいな電気椅子で、徐々に電圧を上げていくと言うのは如何なものかな?
しかし、此処のスレは「西大后」を見たヤシが多いと思われ。
 


20 :少年法により名無し:03/11/28 06:36
西大后//
あれはひどい

21 :少年法により名無し:03/11/28 08:57
犯人はもっと苦しんで死ぬべきというのは同意だが、
拷問刑っつってもそんな事ができる死刑執行人がいるかぁ?

22 :死刑反対 ◆kav22sxTtA :03/11/28 09:07
>>21
もし執行するんだったら、ASIMOにでも
頼むさ。

23 :名無しさん ◆UZBeEwbW96 :03/11/28 09:44

グリーソ マイル 見てみそ



24 :@@:03/11/28 11:01
腹を空かせた熊と対決!!

25 :少年法により名無し:03/11/28 11:16
最高刑は死刑でOK。
その代わり、絞死刑ではなく・・・こんなに簡単に死なせてはダメでしょう。
精神的、肉体的に苦痛を与えてあげましょう。
精神的には・・・例えば、毎日のように注射を打つ。その際これはビタミン剤かもしれないし、劇薬かもしれない・・どっちだろうな?と、罪人に問いながら毎日打っていく。
肉体的には・・・例えば、毎日のように全ての爪と肉の間に針を刺していく。
これを一年間繰り返す。もちろん自殺なんかはさせないよう。猿ぐつわをしておく。期間中は睡眠を与えない・・・・

26 :名無しさん ◆UZBeEwbW96 :03/11/28 11:39
>>25

絞首刑って案外簡単に氏なないらしいよ。。。

27 :少年法により名無し:03/11/28 11:59
寒いところに置いとく。

28 :少年法により名無し:03/11/28 12:58
男塾名物を100個やって生き残ったら無罪。

一発目 大維新八連制覇(1号生側で)

29 :少年法により名無し:03/11/28 13:25
>>25さん
この世界はもう、21世紀を迎えてから
三年が過ぎようとしてるんですよ・・・。
ちゃんと理解できてますか?









30 :少年法により名無し:03/11/28 13:35
中世ヨーロッパで横行した魔女裁判・・・
最大の証拠は本人の自白しか無い、それを引き出すため審問官が
使用した手口は「神の御前にて罪を認めれば縛り首にしてやる」
との台詞、、、生きながらに火炙りにされる恐怖から、自白する
者が多かった。


31 :少年法により名無し:03/11/28 13:53
まずは憲法改正しないと。
拷問の禁止とか。
とりあえず犯罪者を韓国みたいに晒し者にしてほしい。
レイプ魔とか。

32 :死刑反対 ◆kav22sxTtA :03/11/28 14:09
>>31
確かに加害者の人権の有り方を変えなきゃだめだな。

犯罪を犯した者のペナルティについても、ただ単に
刑務所逝きって言うのもちと問題かも。
しっかりと、大衆の面前で自分の恥ずべき行いについて
話し、それから刑務所では更生に徹したほうが、周りの
理解も得られるのでは?

「死=重罪」と考える事自体の問題はどうだろう?
極論を言えば、氏にたがりの鬱が人殺しで死刑を宣告されても
全く罰にはならない訳で・・・・

被害者又は、その関係者で、刑を選択できるようにするってのは
どうでしょうか?

犯罪者も死刑になると思ってるから、裁判でも開き直った態度取るし
いっその事、被害者や関係者の感情で刑を選択できるようにすれば
どないなもんでしょうね?

33 :少年法により名無し:03/11/28 14:36
死刑だの拷問だの、そんなものはいらん。
罪を背負わせたまま、残りの一生を独房に
閉じ込めて終わらせれば良いんだ。

34 :少年法により名無し:03/11/28 14:47
>>33
独房の中で餓死させれば?
税金で何十年も飯なんか食わせる気にならない。

35 :少年法により名無し:03/11/28 15:08
>>34
あなたの言っている事も理解できるが、でも、餓死させるのもダメ。
なぜなら、人間は空腹の極致に達すると、何も考えられなくなる。
そうなると罪を背負って懺悔するどころではなくなる。というか、それも一種の拷問だ。

「悪かった!俺が悪かったから・・・・なんか喰わせてくれ・・・!」

それぢゃあ意味がない。喉元すぎればなんとやら、ってやつだ。
だからやっぱり、「仮釈放なしの終身刑」が必要だと思う。




36 :少年法により名無し:03/11/28 15:52
>>35
脱獄の危険があるからダメです。
やっぱ頃しておかないと。
脱獄・再犯の危険もあるし。
オウムの麻原みたいのだったら獄中から犯罪を指示しかねない。
なんといってもそんな奴ら税金で食わせる必要性はまったくない。

37 :少年法により名無し:03/11/28 16:30
全身の皮を剥いで渋谷に放置

38 :少年法により名無し:03/11/28 16:33
>>36さん
どうしてそこまで“殺すこと”に拘るんです?
“殺すこと”に、何か意味があります?
”殺された人たち”は、たとえ犯人を殺したって、戻ってはこないのですよ?

例えどんな犯罪者に対してでも、簡単に“殺す”とかいってるあなたは
「誰々は邪魔だから、ポアしよう」と話した、その麻原と変わりないのでは?


39 :  :03/11/28 17:12
偽善ですね


40 :@@:03/11/28 17:23
>>38
殺された人達は犯人を殺しても戻ってこない。確かにそうですね。
でも、殺さなくても戻ってはきませんよね。
だったらそんな殺人犯なんかいなくてもいいです。
終身刑でもいいかもしれませんけど、被害者の遺族の中には、
犯人が“生きてる”というだけで、苦痛を感じている人もいるはず。




41 :少年法により名無し:03/11/28 17:30
刑を受けた人はもう罪を償ったから無罪の人だ!

42 :少年法により名無し:03/11/28 18:17
被害者の親兄弟親戚と暮らすってのはどうですか。

43 :少年法により名無し:03/11/28 18:52
遺族が死刑を望んでいない、または被害者に見よりが無い。
このような場合は死刑は執行されるべきなのかな?
今まで死刑は被害者のためと思ってたから…

44 :少年法により名無し:03/11/28 18:58
時間が長く感じられる薬が開発されれば、色々できるな。
3000倍になる薬を与えて、丸二日拷問すれば約19年半の拷問に。
とりあえず50万倍ぐらいは欲しいな。

45 :麻原 ◆dILKijmmU2 :03/11/28 19:06
>>44
「世にも奇妙な物語」でそんな話がありましたね。

46 :麻原 ◆dILKijmmU2 :03/11/28 19:16
>>43
社会、または国民のため。
「お前も同じ事をすると死刑になるぞ」と見せしめ的な意味がこめられてるのではないでしょうか。
強気の姿勢でいどむ事を強調しているのでは。
または、「こんな凶悪犯が死刑にならないでいいわけ?」と思う国民感情を反映させている。
犯罪抑止(抑止力が証明されてませんが)と凶悪犯に対する人々の憎悪と嫌悪感を抑えるためにあるのではないのかと思われます。

47 :Q〜っ:03/11/28 19:50
そう言えば前、哲学板に重犯罪者は人体実験に使うべき?
みたいなスレがあったなー

48 :税金の無駄:03/11/28 20:11
死刑になるような奴は人間ではない。そんな奴はすぐに社会から排除すべきだ。

49 :麻原 ◆dILKijmmU2 :03/11/28 20:34
>>47
第2次世界大戦中のナチス・ドイツでは実際にしていたみたいですね。


50 :少年法により名無し:03/11/28 21:10
>>47
それよりも、臓器移植用に。。。

51 :少年法により名無し:03/11/29 00:01
ここであらゆる残虐刑を挙げているが、じゃあそれを誰がやるっていうの?
今の死刑制度でさえ、刑務官の中には神経に異常を来たす者がいるのに。
自分が喜んでそれを引き受けるというなら、もう何も言わないが・・・。

52 :少年法により名無し:03/11/29 00:04
1-1=0でいいだろ。
というかさっさと殺さないと奴らの食費だけでもこちらが苦しい。

53 :少年法により名無し:03/11/29 00:04
実際その場に立ってみないと分からないが、例えばコンクリ犯ぶっ殺すのに、罪悪感は感じないと思う。

54 :死刑反対 ◆kav22sxTtA :03/11/29 01:21
>>50
死刑にするんだったら、その方が社会の役に立って
いいかもね。

社会の役に立つっていう事であれば、一生盲導犬や、
介護犬の育成させるって事なんかもどうでしょうかね?

優し過ぎるかな?

55 :少年法により名無し:03/11/29 01:23



      【おいっ!おまえ!俺が月に変って御仕置きするぞ!】



56 :麻原 ◆dILKijmmU2 :03/11/29 12:10
>>50
移植された人が、凶悪犯の臓器だと知ったらかなりのショックを受けるんじゃないか?
命が助けられたにしても。

57 :死刑反対 ◆kav22sxTtA :03/11/29 13:07
>>56
確かに、移植されたほうも戸惑いがあるかも
しれないが、それ以上にニーズもあるんじゃないかな?

もしも死刑囚に臓器提供意思があれば、今後認めても
良い事なんではないだろうか?


58 :少年法により名無し :03/11/29 13:48
臓器移植反対!最近の‘臓器移植’の例にもあるように、臓器には、元の持ち主の
‘記憶’が残ると言われている。移植されたヒトが‘凶悪犯’になる可能性がナイ
とは言えない。

59 :少年法により名無し:03/11/29 15:26
>1よ
日本のやり方が気に入らないなら拷問が合法の国へいけ
開発独裁、軍事政権、はたまた北の将軍様の国へいかれてはいががかな
1と同じような思想の持ち主が多いだろうからお似合いなんじゃないの?


60 :アタァー:03/11/29 15:35
だからさ死刑にしないで
例えばそいつがナイフで相手の身体のいたるところを指して殺したなら
そいつもナイフでいたるところを刺してやればいい!!
15箇所刺されてたら15箇所刺す!!
被害者の気持ちが良くわかる
そうすれば減るんじゃない?
屋上から突き落として殺したなら
突き落とせばいい!!
絶対いいね!!
国のお偉いさん方これを採用してみては?
絶対減るから!!
5人殺したら
そいつと家族と親戚とまあいろいろとそのなかから
適当に5人殺せば良し!!
この意見賛成の人いっぱいいるでしょ?
賛成する?しない?


61 :死刑反対 ◆kav22sxTtA :03/11/29 15:48
>>59
漏れは別に拷問が好きだから、死刑を廃止にしてほしいと
言ってるんじゃない。
この国の最高刑が死刑と言うことに疑問を感じているだけだ。
もし、死刑という方法で加害者全てにおいて、肉体的又は精神的に
苦痛を与えることが出来るのかが疑問なだけだ。

そもそも死刑ってのは執行されれば、罪が許されるという事になる。
死ねば全てが許されると言う考え方で良いのかという事なんだよ。

最近は加害者が、死刑になる事を承知で開き直った奴が多いから
裁判中でも被害者に謝罪する事なんていう事も少なくなって来ている
現状に腹立たしいだけだ。

62 :@@:03/11/29 16:56
>>58
その話聞いたことがあります。
でもホントなのかなぁ



63 :少年法により名無し:03/11/30 09:55
>62
>>58の話はあくまで極極々一部のかただ。それにれっきとした記憶ではなく、
例えば其の人の習慣にしてたことだとか、社交性程度が変わるだけで、
大きく変わる分には大してナイ。気にする事ナイ。
明日から囚人には野菜を食わせて、健康な臓器に育ってもらうとするか

64 :@@:03/11/30 12:18
>>63
そうなんだ。
是非、健康な臓器を世のため人のために提供してもらいたいものです。


65 :死刑反対 ◆kav22sxTtA :03/11/30 14:27
ん〜。臓器提供って考え方も一理あるけど、
やっぱり、社会奉仕活動が良いんじゃないかな。
刑務所の中からでも、更生活動は出来ると思うし、
例えば、一般の懲役囚と同じように、労働作業を
させて、受け取る賃金を被害者の保障に回すとか。


66 ::03/11/30 14:59
>>1
刑罰は価値の等価交換ではありません。
特別予防(再犯防止)一般予防(悪く言えば見せしめ)が
刑罰の中心的な意義とされています。
刑法は被害者の心情を完全に汲むことは難しいのです。

罪の意識がなかったり、刑罰の意味が理解できない人間に刑罰を科す
ことは刑罰の意義を減衰させることになる。
と考えられているので、死刑までの期間がやたら長かったりするんです。
つまり、反省させてから死刑にする。(ここに矛盾を感じる死刑反対論者もいる)
この点がちゃんと出来てれば>>1の懸念は必要ないと思います。

67 :死刑反対 ◆kav22sxTtA :03/11/30 15:18
>>66
確かに現在の刑法上では、被害者の心情を無視した判断
がされているのが現状ですよね。
しかし、見せしめと言う行為が死刑囚にとってどれだけ
精神的に苦痛を与えられるか?ということなんです。

罪の意識が無い囚人に対し、いくら時間と労力を掛けても
100%の囚人に反省の念など持たすことは不可能だと
思います。それに、死刑制度自体、「人が人を殺す」という事
になりませんか? 「人を殺してはいけない」と法律で定めて
いるのに、「人を殺したから貴方は氏になさい」と言うのでは
余りに殺人者的な考え方なのではないでしょうか?

68 :少年法により名無し:03/12/01 05:49
ベルセルクを12巻まで読ませる、後は読ませない。
最高の刑

69 ::03/12/01 22:05
>>67
一般予防(悪く言えば見せしめ)というのは犯罪をいまだ起こしていない人が
犯罪を起こさないように予防することです。
説明不足失礼しました。文章がやたら長くなるので省略してしまいました。



70 :少年法により名無し:03/12/01 23:32
昔、テレビでやってたお話なんですが・・・そのお話の内容を書きますね。

ある刑務所に、7人もの人間を殺した男が収容されるんですよ。まあ普通だったら死刑なんでしょうが、
そいつはなんと懲役1ヶ月!別に精神錯乱状態だったわけでもないのに・・・。
でも、その1ヶ月は本当に過酷なものでした。その時期は真夏だったんだけど、鉄板を敷いた刑務所の屋上に
水も与えず長時間放置・・・とか。男にとっちゃ、もう拷問状態。
そんな中、あっという間に1ヶ月が過ぎて最終日がきました。いつもなら屋上まで連れて行かれて、そこで毎日
痛めつけられてたんだけど、その日、男はある薄暗い部屋に連れて行かれました。灯りがつくと、そこには
電気イスが!看守が「7人も殺してるのに死刑にならない奴はいない!」なんて判決とは矛盾したことを
言うんだけど、男は反論する間もなく、電気イスに押さえつけられて、電流が体に流れジ・エンド…のはずが、
男はそこで深い眠りから覚めます。なんと、男は刑務所に来た時にある特別な薬で眠らされ、その薬の力で
「懲役1ヶ月間を過ごした後、死刑になる」という夢を見させられていたんです。たった5分間の間に…。
男は「俺は夢の中で懲役1ヶ月を終えて、しかも死刑にまでなったんだから釈放しろ」と言うのですが、
「5分間寝てただけなのに、そんなことができるか」と看守は言います。そうこうしているうちに、男には2度目の
薬が打たれ、そして深い眠りにつき「懲役1ヶ月を過ごした後、死刑になる」という夢を見せられ…(以下略)

まあ要約すれば、5分間の死ぬ夢を1ヶ月間、絶え間なくずーっと見させられ続けるわけよ。
長文スマソ

71 :うに:03/12/01 23:34
人殺したら死刑。当然。

72 :少年法により名無し:03/12/01 23:37
夜にも奇妙な物語

73 :死刑反対 ◆kav22sxTtA :03/12/02 11:12
>>71
人殺しじゃなくても、感情論だけなら
強姦だって、交通事故死だって、
死刑にしたくなるよ。
でも、加害者を殺す事で被害関係者の
気持ちが収まる事は無いでしょ?
死刑制度自体が、何かサディスティック的な
物に感じるのは私だけ?

74 :J-SH52:03/12/02 11:24
公開で市中引き回し

そのあと公開尊厳破壊

75 :死刑反対:03/12/02 16:58
>>73
と言うか、死刑じゃものなりないんだよ。
死ぬと言う現象は誰しも最後には味わう事であって、
それを罰と認識してる事自体が間違い。
宇宙人だって「死ぬ事は悪いことじゃない」
って言ってただろ。

76 :どんどん死刑!:03/12/02 17:44
こんな考えどう?
死刑↓
目的は罰というよりこの世からの抹殺。
生きてて欲しくないから殺す。

ちなみに“悪質な”飲酒運転やスピード違反は死刑でいいと思う。
あぶないし。
念を押すけど“悪質な”ですよ。

77 :死刑反対 ◆kav22sxTtA :03/12/02 17:57
>>76
確かに、悪質な交通違反や事故の処罰は軽すぎますね。
飲酒しての事故の場合は、故意では無いにしろ、
殺人には変わらないのですから、重罰をキボンヌ

78 :少年法により名無し:03/12/03 03:16
同情の余地もない場合は「死」で終わりより…もっと…

79 :ペコ ◆YgpBayaDd. :03/12/03 20:55
体中の出てるところを一個一個切り落としてくってのはどう?
まず手の指を一日一本切り落とす
次に足の指
そして、指が一本もなくなったら
次は耳、鼻、唇
そして目玉もくりぬき
舌も抜く
そして、腕も少しずつスライスしていって
次は足
そしたら、急所に行く!
そして後は適当に、肉をそぎ落としたり
それなら怖いよ

80 :闇天使:03/12/09 12:48
まずは連座
家族、一族もすべて同罪
罪の浄罪のため
財産はすべて被害者におくり
日に一人ずつ処刑していき
内臓も臓器売買にまわす
最後に加害者本人はこの世の地獄のような拷問をかけ
嬲り殺しにする(これは被害者の家族にやらせる)



81 :少年法により名無し:03/12/09 14:38
そもそも日本で死刑なんてやってるの?


82 :2-5:03/12/09 22:45
>>76
要するに害虫駆除みたいな考えかただね!正しいと思うよ〜


83 :就寝刑:03/12/09 22:52
激しく同意。

84 :就寝刑:03/12/09 23:03
罰金30万円は安すぎないか?重過失運転致死も15年は軽いような気がする。
皆さんの親兄弟、子供が飲酒運転者にひき殺されたらどう思う?
許せないっしょ。やっぱ死刑かくていっしょ。絞首刑ではなく車でひき殺す刑。
江戸時代のようなあだ討ち制度復活すればいいかもね。ビバ!あだ討ち!


85 :少年法により名無し:03/12/10 00:12
殺人は殺人 絞首刑のスイッチは被害者遺族が押す!
更正させる必要なんか無し

86 :少年法により名無し:03/12/11 12:22
別に死刑じゃなくてもいいんじゃない。
ただ自分の関係者が被害者の場合は司法の手に任せる気はないから。
自分の手で殺す。止めに入ったやつも殺す。
家族だろうがご近所だろうが加害者に関わりのあるやつは全員苦しみを与える。
それでも自分は死刑は免れるんだよね。
いい国だな日本。

87 :少年法により名無し:03/12/11 14:17
てゆうか、この国刑が軽すぎ。
特に少年法、、相手が未成年か成年ってことは被害者からみれば関係ないんじゃ。。。?
少年犯罪なんて、よっぽどのことしなけりゃ捕まらないでしょ?
たとえば、万引きなんて捕まえても通報しないバカもいるし、
通報しても警察は説教だけで終わらすし、やっと立件したと思ったら今度は少年法で刑が軽いだろ。。。
こんなんじゃ、犯罪やりたい放題ちゃう?
こういう環境で甘やかされたガキがなんのモラルもないがきになるようなきがする。。。
とりあえず、少年法の厳罰化をキボンヌ
マジレスですまん(\\)


88 :少年法により名無し:03/12/11 15:41
確かに、79のような刑罰で余生を送ることを考えると
絶対犯罪なんて出来ないな。最善の予防策。
万引きでも同じ拷問リンチを加えると、お店助かるけどな。
あと、死刑反対派の方にその理由を聞きたい。
今から人を殺したりする予定があるのか?


89 :赤カブト:03/12/11 15:50
確かにこの国のシステムだとヤったもん勝ちだと思う

90 :少年法により名無し:03/12/11 19:27
昨日も世界仰天ニュースで、臓器移植で人格がまるっきり変わってしまったいうエピソードをやっていた。
やはり臓器移植はやめたほうがいいかも。

91 :少年法により名無し:03/12/11 19:28
○昨日の
×昨日も

92 :少年法により名無し:03/12/11 19:45
ここの人たちって自分がそんな犯罪犯す可能性とか考えた事ないの?
大体死刑自体何の意味もない刑罰じゃないかよ。

言ってることが幼稚すぎないか?死刑に変わり拷問するだとかよ。
電車の中で馬鹿そうな女子高生が暇つぶしにしてるような内容の話してよ。

おまえらみたいに幼稚なやつが犯罪犯すんだよ。
そして、俺も犯すかもしれない。
そうゆうことを、踏まえて第Aラウンドどうぞ。

93 :少年法により名無し:03/12/11 19:53
   / ̄ ̄ ̄ ̄\
  /  ,――――-、l
  | | /'''lllllllll lllll ||
  | /  == lll=||
  (6 |    /|| ||   ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ|| /  - 」 ||  <  終身刑を導入すべきだ
   | ≡    -‐- /    \_____________
  /\  \  ⌒ /
  /  \   ̄ ̄/\


94 :少年法により名無し:03/12/11 19:56
終身刑導入に激しく同意!
いまの刑法って戦前から殆ど変わらないとか聞いた。
新しい時代には新しい刑法を!

95 :少年法により名無し:03/12/11 19:59
終身刑は本人はもちろんのこと、その家族や親戚も
ずっと苦しむことになるので凶悪犯罪者に適用してほしい

死んで楽にさせてはいけない!特に加害者の家族らには、本人に
代わって罪を忘れずに人生を償いに費やしてもらわすのにいい制度だ

96 :少年法により名無し:03/12/11 20:01
    / ̄ ̄ ̄ ̄\
  /  ,――――-、l
  | | /'''lllllllll lllll ||
  | /  == lll=||
  (6 |    /|| ||   ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ|| /  - 」 ||  <  私への依頼は減るだろう・・・
   | ≡    -‐- /    \_____________
  /\  \  ⌒ /
  /  \   ̄ ̄/\


97 :死刑大賛成!!:03/12/11 21:56
死刑反対?どうせ何かの思想か宗教にかぶれてんだろうが・・。
死をもってしか償えねえ罪もあんだろう。終身刑も必要だが何故死刑を無くしたがる?
罪を犯さなきゃそんでいい、こういう時反対派は冤罪がどうとか持ち出すんだろうが、
僅かの判例持ち出して死刑反対は余りに浅はかすぎる。
後、先進国がどうとか、まあここまで来ると末期症状だが。
自分の家族殺されたら分かんじゃねえの、奇麗事で収まりつく話じゃねえな。
刑法甘すぎ、もっと厳罰化を!
自分の身は自分で守るが通じねえ世の中だ。反対派とは別の意味で法律に守ってもらわねえと!
長々と申し訳ない、以上。

98 :少年法により名無し:03/12/11 22:34
>ここの人たちって自分がそんな犯罪犯す可能性とか考えた事ないの?

無いね。まったく無い。
俺らは、犯罪を一切犯さない自由をもっている。


99 :少年法により名無し:03/12/11 23:07
終身刑導入は増税理由になりうるぞ。
刑執行期間の食費・光熱費・設備維持費・収監人件費が
本人死亡まで続くわけだからな。
凶悪犯罪増加に伴って最高刑執行率が高まってる現況では
死刑のほうが経済的に決まってる。

100 :いのこり弁当 ◆ZZgvzQZhlY :03/12/11 23:21
100

101 :少年法により名無し:03/12/13 14:54
>>98 犯罪を犯さない自由をもっている←意味不明

102 :少年法により名無し:03/12/13 15:00
>>97 死をもってしてだと?
死ぬのが何かつぐないになんのか?

しかも死んでんじゃねえよ、ころしてんだからさ

103 :少年法により名無し:03/12/13 15:23
警察での射撃訓練の的にすりゃいいんじゃないかな?
新米警察官の射撃訓練の練習台に。

104 :少年法により名無し:03/12/13 15:31
>>102
償いとはまた違うんじゃねえのか
まあ加害者の死刑を望んでん奴は腐るほどいると思うが。
望んでねえ僅かな人間挙げて反対する宗教、思想かぶれの糞偽善者の
能書きはいらねえってこった!
糞偽善野朗に限って家族とかに何かあるとコロッと態度変えんじゃねえの?


105 :少年法により名無し:03/12/13 17:23
>>97 終身刑も必要だが何故死刑を無くしたがる?

宅間みたいなヤケクソアフォが出てくるからじゃん
やっぱ終身刑にして一生奴隷として働かせるべき。それが死刑より重い
終身刑になったらどんな惨めで苦しい余生が待っているか大々的に公表すべき

106 :少年法により名無し:03/12/13 17:38
>>105
終身刑の導入には賛成だ!が、死刑制を廃止する必要も全くねえ。
どっちにしても見せしめ的要素を強めるべきだろう。
>終身刑になったらどんな惨めで苦しい余生が待っているか大々的に公表すべき
ここには同意!晒しもんはかなり効き目があんじゃねえかな。
死刑も簡単に殺さず、時間を掛け弄り殺しの公開処刑にすりゃいい!
死刑反対派は、偽善宗教野朗の犯罪者予備軍の認識は変わんね。



107 :少年法により名無し:03/12/14 00:03
有罪が確定したら、実刑とは別に、本人縁故の財産を全て没収!(不動産含)
消費税増税するよりいいと思わん?
犯罪者を養うための税は払いたくないため。



108 :少年法により名無し:03/12/14 00:05
犯罪者はつま先から、輪切り。
そいつの親族はそれを見届ける。

109 :死刑反対 ◆kav22sxTtA :03/12/17 03:07
>>97
宗教かぶれとは滑稽だな。私は罪を犯した人間を擁護するわけ
では無い。 ただ、死刑制度自体不完全な刑だと思われ。
死を持って償う事は、被害に会った人の人権にも関わる事
なのでは? 一人殺しても二人殺しても最高刑が死刑なのでは
全く割に合わんと思うが・・・。 確かに被害家族の心境は、
死刑を望む声も多いと思うが、それならば国が執行するのではなく、
被害関係者が直接行った方が、少しは気が晴れるのではないか?
それなら理解できる。まぁ仇討ち制度とかな。

だが、犯罪者を殺すより、塀の中で一生飼い殺しにした方が犯罪者
にはつらいんじゃないの? もちろん労働させて、その収益を、年金
や国保又は教育の為に国の歳入に当てるべきだ。と思う今日この頃だ。


110 :少年法により名無し:03/12/17 03:38
被害者またはその遺族に生殺与奪の権利を与えるとか。拷問もおっけー。

俺だったら、もし自分の家族や大切な人が何か被害を受けたら、

想像できんな。できるだけいたぶってやりたい、と書こうと思ったんだが、
そういう立場じゃない俺が言えることじゃないか。遺族ってどんな気持ちなのかな。

111 :少年法により名無し:03/12/17 03:56
1日10時間強制労働x30年 そのあと医療人体実験
慰謝料ちゃんと稼いでもらわないとね ただの拷問死刑じゃもったいないよ

112 :通りすがりの名無し:03/12/17 17:56
>>68
ヒャヒャヒャ!そりゃあイイ!!

113 :通りすがりの名無し:03/12/17 18:03
『目には目を歯には歯を』これは相手を傷つけてしっまた人の、同じ所を傷つけるという意味で、
僕はこれにのっとって、人を殺したら絶対に死刑にしたほうがいいと思います。

114 :少年法により名無し:03/12/18 19:51
高速道路建設などの労働力として病死するか餓死するまで強制労働させるとか
治療法解明のための人体実験とか、薬剤試験とか、手術器具の性能試験とか
イラクに輸送して最前線で盾となって死んでもらうとか
地雷原に追いやって地雷踏ませて除去&あぼーんしてもらうとか
・・・
なんだかんだ役に立つだろ、受刑者連中は・・・



115 :少年法により名無し:03/12/18 20:01
死刑直後の死体のナマ写真がこんなに!
本来は刑務所職員しか見れないモノを堂々と公開。
ここにアクセス
 ↓ ↓ ↓
http://plaza.rakuten.co.jp/yokitakasu/

116 :少年法により名無し:03/12/24 13:14
遺族に殺害許可を与えるなんてどう?
それとか、死刑じゃなくて虐殺刑とか。
死刑囚定員制にして、一人増えたら古参から執行とか。

117 :X:03/12/24 13:26
一人殺害:終身強制労働
二人殺害:絞首刑
三人殺害:斬首刑
四人殺害:股裂きの刑
五人殺害:千刻みの刑
六人以上殺害:人体実験材料のする。
あぁ、怖ろしい・・・

118 :死刑反対 ◆kav22sxTtA :03/12/24 16:11
>>117
想像しただけでも怖いな。
でも殺し方が違うだけで、結局犯罪者が死んでも
殺された人数が帰ってくるわけでもないしなぁ〜

有効に利用する方法があっても良いと思うんだが。
ごみのリサイクルだってあるんだから・・・・

119 :?1/4?3??E^??P?e^:03/12/24 19:10
人を殺した罪→死刑
その他の罪 →その場で釈放

120 :少年法により名無し:03/12/24 19:57
時代が進めば進むほど、皆偽善で塗り固めたり、屁理屈並べて偉ぶってるけど
人間が持ってる凶暴で醜くて残酷な部分は、
昔からあまり変わっていないと思う。むしろエスカレートしているような
気さえする。ニュースをつけると毎日毎日同じような内容ばかりで
気が滅入るよ。マジで。
加害者を殺しても被害者は戻ってこない。なんて理屈は色々な映画や
ドラマで言い尽くされてるし、それが刷り込み効果になって
皆口をそろえると思うんだけど、もうそんな単純な理論で
納得できる時代ではないのよ。
ボーダーラインをどこに引くかが難しいけど
税金を使って、ゴミを生きながらえさせるのにはやっぱり反対。



121 :少年法により名無し:03/12/24 20:30
独房に入れて飯はやらない。そこにあるのはトイレのみ。
手洗いは無し。水が飲みたかったら便器の水を飲めばいい。
1日1回塩をなめさせる。死ぬまで人と合うことはない。
塩は天井の小さい穴から落ちてくる。

122 :@@@:03/12/24 22:25
日本の最高刑は過去の経歴、氏名、住所、親族の紹介を
 全て晒した後に、針を一本一本刺し続けてのショック死刑。

123 :少年法により名無し:03/12/24 23:12
両側が壁のベルトコンベアに乗せる。逃げる所は無い。
流れつく先の壁には無数の針。
だけど、コンベアのスピードはとても遅い。(1m/分)
コンベアの全長は10m。幅は250p。
休むことなく動き続ける。

124 :少年法により名無し:03/12/25 16:22
死刑がどーのこーのって話する前に、犯罪を許さない目が大事なのでは?
周囲の目が厳しいほど、犯罪はへるはず。
つまり加害者を生み出すなって事。そうすれば被害者はいなくなる。

125 :@@@:03/12/25 16:31
犯罪無くす方法なんてあるのか世

126 :533だよ:03/12/25 17:19
さらし首もしくは公開処刑

127 :少年法により名無し:03/12/25 17:20
シリアかイエメンか北朝鮮に住むと良いぞ w

128 :少年法により名無し:03/12/25 21:47
足の先から毎日5oずつ切断の刑。

129 :少年法により名無し:03/12/25 22:49
128>それいいね
それを公開でやりましょう

130 :少年法により名無し:03/12/26 19:11
絞首刑じゃ生ぬるい。銃殺・斬首・磔・獄門を復活汁!。
無論公開で。死刑確定次第1時間以内で執行ぐらいにしてもいい。
中国じゃ死刑確定後即刻だし。特に毒カレーの馬鹿女は道頓堀で
公開斬首か銃殺刑にして1ヶ月は戎橋あたりでさらしてもいい。

131 :少年法により名無し:03/12/26 19:26
…凶悪犯に弁解の余地無し
裁判さっさと
終わらせて
死刑にしましょう
もしくはカメ詰め
腕足切り落として
カメに入れて
国会議事堂前にさらしましょう
昔の中国ではよくあった光景です
日本の裁判アホみたいに長いね

132 :あさ:03/12/26 19:34
我が国においては、加害者が未成年の場合、どんなに残忍残酷な殺人を犯しても、被害者が2名までなら死刑にはなりません。 参考 栃木リンチ 名古屋アベック コンクリート 光市母子 酒鬼薔薇 沖縄中学生殺人

133 :少年法により名無し:03/12/26 19:38
じゃあ1人は殺していいってことかよ
ふざけんな−−−
命奪って
何で生きてられるねん

134 :少年法により名無し:03/12/26 19:57
銃殺やら拷問やら刑は当然ネタだと思うが、
マジレスするとこういう刑をする国は世界で今北朝鮮を初めとした
未開発国or軍政国家ぐらいしかありません。
日本で取り入れたら世界中からものすごい批判と人権擁護団体から
痛烈な日本への攻撃されるだろうからまず拷問等は絶対無理。

取りあえず少し刑を重くしていいとは思うな。
無差別殺人・強姦は終身刑〜死刑でいいだろ。

135 :少年法により名無し:03/12/26 20:06
見せしめにしなきゃ
犯罪者は増える
一方だよ
人の人生終わらせてる奴守る奴の気が知れない
人権なんて存在しないよ殺人犯に

136 :少年法により名無し:03/12/26 20:41
冤罪を考慮して死刑より仮出所なしの終身刑がいいと思う。
死ぬまで苦しみが続くし。
公開処刑はやだよ〜
殺人犯や性犯罪者は、終身刑じゃないなら
顔写真や実名、住所の公表などの処罰を与えるべき。
更正したら出てくるっていっても、
どうだかわかんないし・・・

137 :あさ:03/12/26 21:43
我が国においては、加害者が未成年の場合、どんなに残忍残酷な殺人を犯しても、
被害者が2名までなら死刑にはなりません。

参考 栃木リンチ
  名古屋アベック
  コンクリート
  光市母子
  酒鬼薔薇
  沖縄中学生殺人
  
  
  

138 :少年法により名無し:03/12/27 00:09
首吊りって、30分以上首つってそれでも生きていたら無罪放免なんだよ
知ってた?

139 :少年法により名無し:03/12/27 07:42
死刑反対!

強制労働にすべし 死ぬまで。

140 :少年法により名無し:03/12/27 13:59
140

141 :かほ:03/12/27 16:02
こんな日本でいいん?

142 :少年法により名無し:03/12/27 16:26
>>138
知ってますが

143 :かほ:03/12/27 16:54
やばい!!少年☆

144 :サヤカ:03/12/27 17:17
人にはいろんな考え方あるから、わからん。
人間が作った法律によって裁かれてるから
それでいいんじゃね?

145 :少年法により名無し:03/12/28 02:22
>>144 だからクソガキや基地街に対する量刑がぬるいっつってんだよ。

で、ネタスレでマジレスですまんが、漏れは強制労働系が妥当だと思うよ。
拷問したって終身刑にしたって、原状回復は不可能なわけだし。
遺族にしたって、拷問したいのはやまやまだろうが、実際にやると寝覚め悪いと思うよ?

たとえば
万引き→道路掃除2週間
強姦→老人ホームで介護10年
殺人→アフリカの難民キャンプで一生道路づくり
みたいなかんじ。
佐渡島金山復活ってかんじかな。
クズにしたって少しは世の中の役に立てたほうがいいだろ。


146 :死刑反対 ◆kav22sxTtA :03/12/28 04:52
>>145
禿しく同意だね。
死刑囚の事を考えて言ってるんじゃないよ。
執行された後、死体を片付ける人や、掃除する人(囚人がするんだが)
気分悪いし。死刑執行は、実際数名でボタンを押すらしいが、誰が押したか
分かんないから逆に執行官は嫌な気分になると思うが。

一生働かせて、もちろん監視付きで自殺なんてさせない環境を作る方が
世の中の為にはなると思うが


147 :少年法により名無し:03/12/28 05:05
犯罪を減らすには比較的軽い犯罪の刑を今よりもっともっと重くするのがいいと思う。あと性犯罪を減らすには睾丸摘出の刑なんか抑止力があるんではないでしょうか。

148 :少年法により名無し:03/12/28 05:18
>>147
ムカツク奴をでっちあげのセクハラで重罪にしてやろう、と
考える人が増えるぞ。

149 :少年法により名無し:03/12/28 05:55
でっちあげの罪も重くすればいい。

150 :あは:03/12/28 06:19
頭の弱い奴だな
日本は欧米などの先進国の中で最も頭の弱い残酷な国の1つだと
いわれている
死刑制度があるからだ
死刑制度がある頭の悪い国は、アメリカと日本だけ
アメリカは薬物があるから、ある程度は人道的
それにくらべ日本は絞首刑という、最も残酷な方法を認めている

世界、国内で死刑に反対する人も多いのに、これ以上、恥じをさらさないでくれ

151 :少年法により名無し:03/12/28 07:16
>>1

本人は市中引き回し&各種拷問の上、磔獄門。これに合わせて親兄弟まで皆殺しとかが良いのでは?

152 :少年法により名無し:03/12/28 11:22
重罪人は軍隊として使うのが一番合理的だろ
軍隊に入り生活時間まで強制的に決められ、
人と殺しあわなければならないのは人間にとって最も苦しいことだと私は思う。
犯罪者も苦しむし、それでいて国の役にも立つし、
それでも一応人権は保障されるし、
特攻隊まがいの事して死なせても誰も悲しまない。凄くいいんじゃない。
まあ殺人未遂とか、麻薬の売買とかなら二十年くらい軍隊で頑張ってくれれば文句言う人すくないと思うよ。
殺人なら一生軍隊暮らし、役に立たなくなったら事故に見せかけて敵をまきこんで爆破しちゃうくらいでもいいと思うけど、
殺人といっても、いつもいじめられてて復讐の為に殺したとかなら、被害者の家族に頭下げてあとは無罪放免でもいいくらいだと思うし。
ただこの程度では許せないのは性犯罪者のカスどもだよね。
こっちは被害者の意思に基づいて罰を決めるべきだと思う。
被害者がリンチしたいといえばさせればいい。
性犯罪者は他人の人権を蹂躙し自分の欲望に基づいた行動をとる悪魔だから
自分も人権を奪われて他人の思ったとおりにされて当たり前だ。
たとえ復讐だろうと何だろうと、殺しなら自分の快楽は伴わないが、性犯罪は自分の快楽が伴うんだから、
所詮は自分の快楽しか考えていない人間だ。
理由の無い人殺しも凄く酷いけど、
性犯罪にあった人間は殺される以上の苦痛と絶望を受けたんだから。

153 :少年法により名無し:03/12/28 12:29
ウランを体内に埋め込む。

154 :少年法により名無し:03/12/28 14:46
>>152
たまに藻前みたいに 殺人 < 性犯罪 のような量刑をのべるヤシがいるが、本当にそう思うのか?
そんな心の傷の話をしだしたら普通の障害だってショックだろうし、詐欺や名誉毀損もそうだろう。
藻前の論法でいくと、ザ・ワイドの出演者や新潮の編集者は全員リンチになるぞ?

だが心の傷が傷むのも生きていればこそだろ?
なんで人権の蹂躙度合いがレイープより殺人が上なんだよ?
藻前はレイープされるくらいなら死んだほうがマシと考えるのか?
レイープされた彼女に対しても、「死んだほうがマシだね」と声をかけるのか?

155 :少年法により名無し:03/12/28 14:47
>>154
誤)なんで人権の蹂躙度合いがレイープより殺人が上なんだよ?
生)なんで人権の蹂躙度合いが殺人よりレイープが上なんだよ?

じゃ逝ってきます。

156 :少年法により名無し:03/12/28 17:17
今更だけどスレタイおかしいなあ

157 :少年法により名無し:03/12/28 22:19
映画バトルランナーのようにランニングマンに挑戦させて4人の処刑者を
返り討ちに出来れば無罪放免とする。
この様子をテレビ中継(司会は福留あたりで)して賭けの対象にもする
その収益で被害者を救済する

158 :少年法により名無し:03/12/29 12:14
横に寝かせて耳穴にキンキンに冷えた水を入れる。
どうなるかは、体験した人にしかわからない。(医者なら知ってるけど)

159 :少年法により名無し:03/12/29 17:20
http://japanese.joins.com/transboard/jp_bbs/content.html?tname=history&num=2959&page=1&startpage=1&oDest=num&sc=desc
↑こんな処刑法実際にあったんですよ。廃止されてよかったと心底思います。

160 :少年法により名無し:03/12/29 22:30
逆に死刑反対派よ。
後進的だとか被害者は帰ってこないだとか云々以外に理由を聞かせてくれ。
被害者の心情を含めた上でね

161 :159:03/12/30 08:45
死刑はあった方がいいと思うが、
苦しめて殺すという方法だと、殺す側の人間の精神が病んでしまう気がして心配です。

162 :少年法により名無し:03/12/30 11:10
臓器を全部人工のものに替える、というか首から下はいらない。
首だけ人間にして生かしておく。
舌を噛んで自殺しないように、歯もすべて抜く。
こいつを電球の明かりだけある周りがコンクリートのとても狭い場所に置く。
首から下はチューブがいっぱい出てる。一生誰に会うことも、声を聴くことも無い。
死よりも辛い毎日です。


↑こんな事考える漏れは異常ですか?

163 :少年法により名無し:03/12/30 12:31
正常だな。
犯罪者どもにはお似合いの末路だ。

164 :少年法により名無し:03/12/30 15:11
この国の最高刑が浣腸でいいのか?

165 :少年法により名無し:03/12/30 16:19
>こいつを電球の明かりだけある周りがコンクリートのとても狭い場所に置く。
ついでに壁は赤色のほうがいいですよ。昔の拷問方法にあったんですが、真っ赤な部屋に
閉じ込められると心理的圧迫感で発狂寸前まで追い詰められるそうです。
もちろん目を閉じていてもです。

166 :少年法により名無し:03/12/30 16:48
>>165
ゆっくり点滅させたら効果的かも

167 :少年法により名無し:03/12/30 18:43
昔は斬首刑とかいうのがあって刀で首をちょん切るのよ。
しかし1回でうまく切れないから、血を噴出しながらのた打ち回ってるのよ。
切る方は「はぁ〜ちかれた〜ちょっと休憩」みたいな感じやと。

168 :少年法により名無し:03/12/30 18:45
最高刑が死刑でよいと思うが、犯罪者の顔は公開すべきだと思う。
裁判もテレビなどで公開して全国民で審判を下したらどうか。最近はテレビで投票みたいのできるんでしょ。

169 :少年法により名無し:03/12/30 20:55
被害者の肉親が某にくくりつけた受刑者にナイフを持ってつっこむ!!。もち急所はずしで(^^♪
のたうちまわるのを笑う!!そしてすぐ直す!!で回復したらまたやる!!
これこそ生き地獄ですなぁ・・・・(*^。^*)

170 :少年法により名無し:03/12/30 21:55
>>169
そういうレス飽きたんだけど。
過去ログ読めよ。

171 :少年法により名無し:03/12/30 23:36
見せしめとして、犯人の家族の財産を国庫に没収汁!
慰謝料は0から稼げ!

肉体的苦痛なんか後。精神的に思い知れ。

172 :少年法により名無し:03/12/31 16:27
>>162
>臓器を全部人工のものに替える、というか首から下はいらない。
税金の無駄遣いです。邪魔な人間はとっととあぼーんしる

173 :162:03/12/31 19:45
じゃあ、金のかからない方法として…
一生逆さ吊りの刑
装備は、鉄の首巻、鉄のコルセット、手は自由にしておく
吊るされた時の頭の高さは、地面から5pくらいに
食事くらいは与えてあげよう(食べられるかどうかは知らんがw)


174 :少年法により名無し:03/12/31 21:37
もちろん糞尿は垂れ流しで

175 :少年法により名無し:03/12/31 21:42
>>1には幼稚という言葉すらもったいないくらい。

死ぬことを覚悟してやるヤシに死刑の脅しは通用しないってのは
中国の古いことわざにもあるだろ。
残虐な刑罰は何もよい点が無いというのも歴史が証明してる。

まあおまいが個人的に鬱憤を晴らしたいならその制度を悪用して
死刑覚悟でターゲットを成敗してくれ

176 :少年法により名無し:04/01/05 00:31
731部隊のような人体実験の材料にすればいいじゃん!
731部隊のおかげで日本の医療が発展したって言うし
そうすれば医療がもっと発展して病気の人が助かり悪人
が死んで一石二鳥じゃん!731部隊の話聞いて眠れな
くなったが宅間とか栃木リンチの主犯にはふさわしいと
思う。

177 :少年法により名無し:04/01/05 00:57
731部隊ねぇ……。
どんな話を聞いたか知らんが、書いた本人も捏造と認めた本からの話だったら、半分はウソだぞ。

178 :少年法により名無し:04/01/05 01:06
>>177
作者忘れたけど高校の先生から貸してもらった本でした。
でも医療の発展は否定できないでしょ?

179 :少年法により名無し:04/01/05 01:07

やっぱ、これかな



人権剥奪!


180 :うんこ:04/01/05 03:44
電気椅子導入

被害者が電気椅子のリモコンを持って加害者が死ぬまで調節できる

181 :少年法により名無し:04/01/05 04:11
死刑よりも終身刑のほうが辛いじゃ炉

182 :発言:04/01/05 04:57
やっぱり死刑はすぐ死ぬからつまらないです。
死ぬ痛さは一瞬なので。
じわじわ殺さないとね。精神面を絶望のそこまで落として。

まずは舌をかんで殺させないように口にさるぐつわ
栄養は点滴等で永遠に。
一ヶ月間隔で、左足・右足・左腕・右腕の順で切り落としていく
もちろん血がでますので殺さないために血液を点滴・糸で縫います
切った自分の足と腕を目の前に放置してハエやうじむしがわくのを
見させる。体は頭と胴体と腰だけ。
部屋は真っ白でおうとつのまったくない狭い無音の部屋にとじこめる
1年間つずける
1年たったら目を失明させる
また1年たったら聴覚を奪う
そこまでやったらたぶん髪の毛は全部ぬけおち廃人になるでしょうね。
あとは死ぬまで点滴の栄養で生きてもらう。

No173番さん これくらいしないと

183 :少年法により名無し:04/01/05 05:13
>>182 731部隊意識してるでしょ?内容がよく似てる。

184 :少年法により名無し:04/01/05 08:09
低年齢でも顔&名前晒しは必要だと思う。
家族殺害は絶対反対。

185 :少年法により名無し:04/01/05 15:25
殺人犯はカンボジアの地雷撤去やらせる。 
逃げたら爆発する首輪つけて。



186 :少年法により名無し:04/01/05 22:34
それじゃあいも変わらずカンボジア人を甘やかすことになる。
だめだよ、あの国の連中に「ボランティアだ」「援助だ」って言葉を使っても何も解決していかないんだから。
「あ〜、何か外国人がやってくれてる。うれしいな、助かるな」で終わっちゃうから。
「自分達でやろう」「今の内に教わろう」なんてないんだから。
こっちが「覚えろよ!」って言わない限り、絶対に腰を上げないんだから。徹底的に甘ちゃんの意識だから。

179の人権剥奪っていいかもな。
考えてみたらすごいことだよ、人権を認められないって。
うん、うん、うん。


187 :漏れの妄想はやっぱり異常?:04/01/06 20:18
針部屋(箱)に入れる。
壁、天井から無数の針が突き出ている。

まず、直径60pの赤い丸で囲まれた位置に立たせる。(屋内)
少しでも動いたら射殺すると警告しておく。(実は射殺された方が楽なのだが…)
その上から、針の箱が降りて来る。もちろん、60p径の穴が空いている。
その箱の中は、天井に明り取りの窓があるのみで、他は針がびっしりと。
その中で少しでも動こうものなら針の攻撃に遭ってしまう。
しかし、動かなければ痛い思いをすることは全くない。

座ることも寝ることも許されない。正に地獄。



188 :少年法により名無し:04/01/06 22:33
アロン○ルファで尿道を塞ぐ。
次にポカリ○エットを3リットル一気飲みさせる。

189 :少年法により名無し:04/01/06 22:39
>>1
いいんだよ死刑で!!!当たりまえだろ?死んで罪を償う!当然!!!
糞スレ糞>>1

190 :少年法により名無し :04/01/07 00:12
数十年間の懲役刑+死刑が理想。

191 :少年法により名無し:04/01/07 00:26
石を積み上げさせる→崩させる トイウ作業の繰り返しをさせる。

崩すのはもちろん遺族

192 :名無し:04/01/08 21:20
ただ懲役が長いってのもね。食わしてやるのに税金使ってるし。
死刑は薬物で神経麻痺させてから毒物注入するみたいだから
意外と苦しくないみたいだし。かといって拷問はできないし。
心理学的には、無意味な作業を延々と繰り返させると非常に
精神的ダメージが大きいみたいなんだけど、更正の見こみが
ない囚人には、死刑の代わりにどうですかね。

193 :少年法により名無し:04/01/09 00:08
>>179に似てるけど

犯した罪に相当するかたちで、権利を没収ってのはどう?
窃盗なら、一切の所有権を認めず、彼からは何を奪ってもOK。
傷害なら、どれだけぶん殴ってもOK、でも殺したらだめ。
殺人なら... ってな感じで。

昔の中国みたいに、それとわかる刺青を顔に彫ればいいの。
額に肉って書かれてる奴は殺してヨシ、って具合。

194 :少年法により名無し:04/01/09 12:10
戸塚ヨットスクールでいいんじゃないの?
決まりを守れない者は溺れ死ね。

戸塚校長がんばれ。

195 :少年法により名無し:04/01/10 14:40
死刑は存続。但し死刑前には現今の如く、大学病院に死後の遺体解剖条件に
そのカネで酒を飲む自由グライ与えろ!

196 :少年法により名無し:04/01/10 15:25
 昔東條首相って人がいた。死ぬ間際に「何が喰いたいか?」と
飴工が聞いたそうな。「寿司」が食いたいと彼は答えた。
飴工はこれを拒否した。「オーノー寿司ダメアルネ」東條さん答えて
曰く「焼き魚にするか。」結局焼き魚を旨そうに食事して死んだそうな。
 ムッソリーニがいた。死ぬときはどうだった?肉やの牛馬の如く
逆さ吊りダヨ。イタ公の人間性が現れてるじゃないか。
 サダムフセインはどうなるんだろう。ブッシュの陰毛野郎は死刑
だってよ。

197 :少年法により名無し:04/01/10 23:33
死刑と無期懲役の間に終身刑があるのは賛成だが、もうひとつ、
犯人の扱いを被害者に任せるという刑はどうだろうか。裁判に
結果この刑に該当した場合、死刑にしてもいいし、のこぎり引
きにしてもいい。人体実験の材料にしてもいいし、一生苦役に
従事させてもいい。
 被害感情をより強く斟酌するべき事案では、有効ではないだ
ろうか。
 たとえば、強姦殺人などの犯罪に進歩的文化人の皆様が被害
側となった場合、裁判でこの刑が確定したら、5年くらいの通常
懲役を選ぶこともできます。家族全員殺されても、犯人を死刑
という残虐な刑罰から救うこともできます。
 刑罰は社会のためにある(見せしめ、抑止力)のか、被害者の
復讐を公権力が代行するためにあるのか、その両方なんでしょうけど
今のこの国は、後者の視線が少なすぎる気がします。


198 :少年法により名無し:04/01/11 02:43
取締役 島耕作の3巻にいいのがのっていたな

199 :少年法により名無し:04/01/14 21:36
age


200 :少年法により名無し:04/01/15 16:59
アルカリ性の風呂に浸けておく。

201 :少年法により名無し:04/01/15 22:09
女性を生きたまま焼き殺しても無期懲役だって。


202 :少年法により名無し:04/01/15 22:20
http://www.alexanderjason.com/Video%20Analysis/KIDNAP.mpg

203 :少年法により名無し:04/01/16 00:06
>202 ほんものですか?マジック?

204 :被害者の人権こそ全て:04/01/16 19:38
>>201 確かに刑事裁判不信の時代だ 控訴審でも死刑を勝ち取れそうにないかも。
一日も早く日本にも陪審員制度が定着する事を望む。
それと 死刑が生命を絶つ刑罰なら 無期懲役は 受刑者の寿命を
著しく縮める刑罰であって欲しい。
凶悪犯罪を再び行えるだけの体力と行動力の有る状態でシャバに出してはならない。

205 :被害者の人権こそ全て:04/01/17 11:54
>>204
それと 陪審員には 二十代の若い女性と 年頃の娘を持つ親御さんを
それぞれ最低二人以上は入れて欲しい。
死刑は今のままでいいが 適応範囲をもっと拡大すべきである。
特に 被害者が一人であっても。

206 :少年法により名無し:04/01/17 12:53
>>203
おそらくトリック。

銃声とマズルフラッシュがあっていない。
それに44か357だと思われるが
至近距離での撮影であればもっとカメラが揺れる。

貫通したであろう弾丸の姿も見えん。

207 :少年法により名無し:04/01/18 19:28
フォアグラの刑

208 :少年法により名無し:04/01/18 19:42
終身拷問刑ってどうよ?

209 :208:04/01/18 19:49
終身拷問よりも良い刑思いついた。
最新の医学を使って脳以外を冷凍できる装置でも開発して、それで冷凍する。栄養は点滴で与える。
頭では色々考えれるが目は見えないし、何も動かせない。一生。
といっても1ヶ月で精神崩壊するので、あとはモルモットに。

210 :少年法により名無し:04/01/18 19:50
凍傷起こすよ?

211 :208:04/01/18 19:53
というか血液も凍ってるからだめじゃん、と思った

212 :k2:04/01/18 21:26
これって残虐な刑を書き込むスレッドですか?
違うだろ。これまで加害者にどんな残虐な刑を与えるかという
書き込みをしてるやつって、マスターベーションだよね。
残酷さは中世においてどのくにも充分実践してるって、
あんたよりもすごい技術で。
その反動で刑の残虐さがなくなったり、刑罰自体が軽くなってしまい、
結果として被害感情との乖離が指摘されたのが、このスレッドじゃないの?
だから残虐な刑を思いつきましたって言う不毛な書き込みより、刑罰がいかに
間抜けな刑罰しか規定していないかを、具体的にはひところしても殺されない
現状への実際的な納得いく提案をもっと聞きたいんだけど、これってわがまま?



213 :k2:04/01/18 21:52
2121の刑罰がいいかに間抜けな刑罰しか云々、は
刑法がいかに間抜けな刑罰しかどーのこーの、の間違いでした。


214 :少年法により名無し:04/01/19 06:24
ヘッドホンをつけさしてボリュームを最大源にして鼓膜破らせるって
誰もが経験しようとすれば出来るが出来ない物凄い恐怖体験じゃない?

215 :少年法により名無し:04/01/24 16:24
痛みが限度を超えると、自己防御反応で脳内麻薬が分泌され、
痛みを感じなくなる。


216 :死刑反対 ◆kav22sxTtA :04/01/27 02:51
>212
納得できます。死刑制度を肯定するかしないかと言うスレなんです。
もし肯定するならば、現在の執行方法でもいいかも知れません。
もし否定するならば、どの様な刑が良いのかを聞きたいのです。

ちなみに、私自身は別段加害者を擁護する考え方は持っておりません。
加害者には、それなりの罪が与えられるのは当然だと思っています。
ですが、死刑と言う制度が正しいか、正しくないかは別問題と思います。



217 :中川泰秀:04/01/27 10:01
208さまの言うように、本多勝一は、一生カナカナ族と暮らさせるのが1番といっている。

218 :ヤマトタケル:04/01/27 18:56
1948年の最高裁判決にいう「生命は尊貴である。1人の生命は全地球より重い」の文言には、おそらく何人も異論は無いであろう。
1989年に国連総会で採択された死刑廃止条約は既に多くの国で批准され、とくに西欧諸国では全て法律上(国によっては憲法上)廃止国になっている。
しかし我が国はそれに反対票を投じ、国際人権規約委員会の勧告に応ずることなく、現在まで批准の手続きをとっていない。
先進諸国のうちでアメリカ合衆国と日本以外に、死刑を廃止していない国は無い。
我が国は、もっとも治安状態の良い国の1つである。
だから、我が国が合衆国に追随する理由は何処にも無いはずだ。


219 :少年法により名無し:04/01/27 18:58

死刑制度とは、更正不可能とされる犯罪者のうち極めて悪質な事件を犯した者が、
同情および人権考慮の余地無しとされ、その最大の償いとしての最高の刑罰である。
生命刑と呼ばれ、法務大臣の命令後、5日以内に執行される。
また、判決確定から執行までの平均期間は8〜10年である。
しかし、この不正義極まりない制度に対する議論は、もはや決着がついているといっても過言ではない。
むしろ、なぜ廃止の手続きが始まらないのかが不思議である。
死刑制度存続論者の論拠は、大別して3つある。
1つ目は、目には目を、歯には歯を、他人の命を奪ったものは自分の命で償えという「応報刑思想」である。
「目には目を、歯には歯を」は、古代人の素朴な正義であった。
聖書やハンムラビ法典にも応報観念が記されているし、仏教にも因果応報という言葉がある。
これは現代人の社会通念にも少なからず受け継がれていて、応報観念は現代の法や裁判の上で軽視できない。
しかし刑事裁判において、盗品を返す、あるいは相当する金額を支払えば罪が許されるなどということはない。
つまり、私たちの社会や「法」は規範であり、一段の高みに立っているし、いなければならない。
不正に対するに、正をもって行なうのが刑罰でなくてはならない。
死刑を執行してしまえば、法が自ら規範を破ることになりはしないか。
このことから、応報観念には思考の混線があるといえる。
したがって、死刑存続論が応報観念を根拠とするならば、社会制度としては不適格である。


220 :少年法により名無し:04/01/27 18:59
2つ目は、死刑制度があるから凶悪事件が増えないという、
いわゆる死刑制度のもつ「犯罪抑止力」である。
私にとって、死刑制度の威嚇力というものが我が国で信奉されてきたとことは、
まったくもって不可解である。
1981年にフランスが死刑廃止にのりきったとき、犯罪件数は増加しなかった。
また、アメリカでは死刑を廃止した州とそうでない州のうち社会的条件の近似しているものをとりあげ、
犯罪件数を比較する研究が行なわれた。
その結果、有意的な差異は認められなかった。
たしかに、居眠りばかりする老婆が営む田舎の駄菓子屋ならば、
誰もが万引きを想像してしまう。
つまり、私たちの深層心理には犯罪に対する関心・衝動があるといえる。
しかし、死刑廃止によって解放され得るのはもののはずみとは違った計画性のある犯罪で、
凄まじい怨恨と絶望に満たされているものがほとんどである。
精神的なリスクの少ないような、誰もが抱いているものではない。
現実に実行の画策を思い切るまでには、大きな壁があると考えられる。


221 :少年法により名無し:04/01/27 19:00
また、死刑になるような凶悪殺人犯は死を恐れていない。
死刑囚神田英樹氏は犯行の直後、切腹して自殺を図った。
むしろ、死を望む方が多いのである。
以上の事実に基づいた根拠から、死刑制度の犯罪抑止力は、
世論の生み出した幻想であると私は断言する。
しかも、我が国における死刑の言い渡しは年間せいぜい数件程度である。
百歩を譲って予防効果があると仮定したとしても、
死刑を廃止したことによって我が国の社会秩序が保たれなくなるというのは到底考えられない。
逆に、死刑の内容を一切公開・解説しないのは、公序良俗を害するからであろう。
臨床心理学的な視点からも、死刑制度が犯罪者の予備軍をつくりあげている節をみることができる。
私たちが生まれて初めて殺人を意識するきっかけの1つに、死刑制度がある。
私たちの中で死刑の条理(=法の根底にある道徳)について深く学ぶ者はごくわずかしかいない。
私たちは状況によっては殺人も容認されるのだと、意識の底に抱えたまま成人を迎える。
状況は人間が判断するのであるから、
人によっては自分の判断で人を殺す誤った論理も成り立ち得る。
社会教育・道徳教育の側面からいっても、これは切実な問題であろう。


222 :少年法により名無し:04/01/27 19:07
死刑は今のまま絞首刑でいいと思う。

ちょっと論点ずれるけど死刑と無期懲役の間に終身刑がほしいね。
あとシンガポールとかにある鞭打ち刑も加えたい

223 :少年法により名無し:04/01/27 20:41
ギロチン、打ち首、磔、電気椅子、絞首刑を公開で実行してほしい

犯罪抑制になると思う。

224 :少年法により名無し:04/01/28 00:44
>>195 被害者が亡くなっている場合は、遺族が代行ということなんだろうけど、
   遺族間で、その犯人の扱いについてもめそう・・・。
   「被害者側の視線に立って」という、考え方には賛成なんですが。

ところで、事件がおきるとよく、殺された人の、「遺族の感情」について裁判でも言われるけど、
もし、その人が身寄りのない人だったら、命の重さも軽くなっちゃうのかなぁ・・?とか
ちょっと思ってしまう。
 親がいなくて、施設で育ってる子とか、両親を早くに亡くして、
未だ結婚もしていないけどがんばって生きている人とかは、どうなるの?

そうなったのはその人の責任ではないし、ちょっと不平等な気がしてしまう。
まあ、社会なんて、もともと不平等なものだけどさ。

 


225 :224:04/01/28 00:48
すいません195ではなく
>>197の間違いでした・・

226 :粘着系:04/01/28 22:28
224さんへのレス。
被害者間で意見の違いは、この際、民法の規定を準用して相続の権限に
倣ったどうだろうか。被害者=被相続人として、一般的に一番ゆかりの
深いものが財産の相続権をえますよねえ。恨みの度合いもこれに準ずるのでは?
勿論、例外が多いことも知って和はいるのですが。
ちなみに私は197で、かつ212で、死刑奨励派です。賛成派とかではなくて
推進派です。


227 :粘着系:04/01/28 22:41
で、219以下への意見。
これっていつの誰の引用ですか。出典を示してほしい。なんかえらく大時代的な、時代錯誤
の偉そうな書き込みですが、書き込んだやつはそれを知っていたというだけで、実際、自分
の今現在の意見などないやつなんじゃないかな。
現状へのアジャストをしっかりしていかないと、結局は観念のお化け、になってしまうよ。

「しかし、死刑廃止によって解放され得るのはもののはずみとは違った計画性のある犯罪で、」
こんなことを2004年に書き込むってことは、新聞とか取ってないんだろうって思っちゃうよ。
ただの、おばか。


228 :少年法により名無し:04/01/28 23:23
俺は死刑は必要だと思うよ。公開・非公開は別にしても。
とりあえず犯人に対する被害者家族の怒りの行き場は、
大抵の場合そこで雲散霧消せざるをえなくなる。
被害者家族を犯罪者にさせない為にも是非必要だ。
終身刑になってタダメシ食わせるなら溢れる浮浪者に食わせたらいいよ。

229 :ヤマトタケル:04/01/29 19:12
227へ
どこがどうおかしいのか、きちんと理論的に反論しなさい。
しかし、死刑廃止によって解放され得るのは
もののはずみとは違った計画性のある犯罪で、というのは、
「人を殺すのは計画的なものばかり」と言っているのではないんだよ?
たしかにクドイ表現だとは思うが、たのむから読み直して読解してみてくれ。
あと、引用ではない。知識人からすれば、これが時代錯誤でないのは明白である。
あなたを「こんな文章も読解できないクソバカ」とは思わない。
でも、ちゃんと読んでね。
改まった文章を見つけて引用かどうか疑うのは、
@今まで自分がこういう文章を書くときは引用ばかりしてきた
A自分の周りにはこの程度すら書けない者ばかり
ということになるか??


230 :ヤマトタケル:04/01/29 19:15
222へ
素晴らしい。まったくそのとおりです。
死刑を廃止した後、死刑に換わる最高刑を設置しなければ、
死刑廃止が理想論になってしまう。
完全な終身刑が、今もっとも有力候補の1つになっているよ。

231 :ヤマトタケル:04/01/29 19:18
223へ
それは微妙。現在死刑が公開されないのは公序良俗が害されるからなんだ。
弊害の多さが懸念されるために、公開はされそうにないよ。

232 :ヤマトタケル:04/01/29 19:20
ここは連続投稿できないので、続きを書きます。でもたぶんまた途中で終わる。
総理府は、世論を根拠に死刑廃止へとのりきれないようである。
過去2回にわたって死刑存廃問題に対する国民の意識調査が行なわれたが、
その内容は制度の存続を煽る因子を含んでいた。
「放火犯や殺人者といった凶悪犯人は、死刑になっても妥当だと思うか」という質問からは、
冤罪の可能性が取り除かれてあるからだ。
我が国では、実証されていない犯罪抑止力が社会通念としてまかり通っている。
しかし世論に追従することは、民主主義とはいえない。
1981年にフランスの死刑制度が廃止された時も、
今の我が国のように国民感情が死刑存続へ傾いていた。
しかし当時の法相バダンテール氏は、
「民主主義とは世論に追従することではない。
市民の意思を尊重することだ。国政を市民の意思へ追従させてしまうのであれば、
それはデモクラシーではなくデマゴギーだ」
と述べ、死刑廃止へとのりきった。これは味わうべき文言であると思う。
現代の立憲主義国家のほとんどが、代表民主制をとっている。
これは、国民全員が政治に参加できないという消極的な理由だけではない。
全ての国民に行政を執り行うだけの素養は無くとも、
素養をもつ人物を選ぶ能力はあるという積極的な理由が根底にあるからである。
したがって、世論は制度存廃の絶対的な根拠にはなり得ないと考える。
余談だが、ときのフランス大統領ミッテラン氏は、
死刑廃止を公約に掲げ見事に当選。法務大臣にバダンテール氏を起用している。


233 :ヤマトタケル:04/01/29 19:25
3つ目は、殺された者の身にもなってみろ、という被害者側の感情論である。
愛する者を失った悲しみは、筆舌に尽くしがたい。
そして、被害者の心情を無視した議論には説得力が無い。
しかし多くの場合、犯人をなぶり殺しにしたところで被害者の気はおさまらないし、
殺された本人は生き返らない。それに、愛されていたのは被害者だけではない。
元最高裁判所の裁判官であり死刑廃止論の著者である団藤重光氏は、
死刑判決を終えた直後、傍聴席から「人殺し!」と罵られた。
彼にその言葉を言い放ったのは、死刑囚の親族であった。
そのことで、命を奪ったことを実感させられたそうである。
犯人の親族の感情は、いったい何処へ行くのか。
人間は、法や条例によってではなく純然たる正義から、
万人の人権を等しく保障されるべきだ。感情論が正論であれば、
世の中の全ての仇討ちが正論化してしまう。
ナチス党を率いたアドルフ・ヒトラーは、絵画を愛する聡明な少年であった。
病床についていた母親の診察を、ユダヤ人の医師が休日を理由に拒否したため、
彼の母親は死に至った。それが原因で、彼は狂気にはしったという。
また先述した死刑囚神田英樹氏の父は、家庭を捨てて愛人と子をつくった。
母は彼が幼くして亡くなり、たった1人の弟と精一杯生きた。
しかし、やがて弟は自殺してしまった。彼は弟の命日に、父とその愛人、
そして愛人の間に産まれた子供まで殺害した。父のせいで弟が死んだと考えたからだ。
長期にわたって綿密に計画された犯行であった。その後切腹して自害した神田氏は、
救急車で病院に運ばれて一命をとり止めた。そして改めて死刑になってしまった。
感情論は相対的なもので、一個人を虐殺する絶対的な根拠にはなり得ない。


234 :ヤマトタケル:04/01/29 19:26
死刑制度からは、人間は行動と結果次第で生きる価値(命の重さ)が変化すると
暗黙のうちに定義づけていることがわかる。
また犯した罪には重さがあり、その重さが一定値に達すると、
生きる資格さえも失われるとしていると捉えられる。
いったい、罪の重さはどうやって量るのか。
同じナイフで刺した犯罪者が、なぜ異なる刑罰を受けたりするのか。
それは、結果が異なるからである。
同じ様に刺しても、軽傷を負わすのと死に至らしめるではわけが違う。
つまりここでの罪とは、個人の行動・結果の内容・責任の3つの総体であると解釈できる。
これらの諸解釈により命の概念を変えてしまうのは、どうしても許せない。
死刑は生命刑だから、通常の刑罰の枠組みからは逸脱している。
誤判の可能性は古くから廃止論者の根拠であるが、
これは「誤判の可能性は死刑にのみあるわけではない」として退けられてきた。
これは絶対におかしい。誤判の場合に賠償金などで絶対に取り返しのつかないもの、
それが生命なのである。
しかし、事実だとすれば死刑以外にはないというような極度に悪い情状の場合に、
事実認定に一抹の不安があるという理由で無期懲役へと減刑するという理屈は、
現行法上では成立しない。
精神科医の小木貞孝氏によれば、死刑囚には「無罪妄想」というのがあるそうだが、
全ての無罪主張者がこれである保証はあるまい。
無実の受刑者の可能性よりも刑事政策を優先させるというのは、
生命に対する冒涜以外の何物でもない。
無実の命で被害者の埋まらない感情を満足させるのであれば、
こんなに不正義なことはない。改めて、生命の尊厳性について考えるべきだ。


235 :毛唐:04/01/29 19:28
年齢に関係なく さらし首 はりつけ 公開処刑
それでも犯罪はなくならないだろうな〜
それほど腐っている この国は


236 :ヤマトタケル:04/01/29 19:32
227、粘着系へ
オレの意見は218からだよ。
引用かどうかにこだわるってことは、なるほど、嫉妬心の強い人なんだなって
みんなに思われちゃうぞ。
マチガイナイ。
粘着系は、生命の尊厳性についてどう思う?

237 :ヤマトタケル:04/01/29 19:38
235へ
そうだね、そのとおりかもしれない。
もしも犯罪を無くす、あるいはそれに近い効果を期待できるもの、
それって教育がキーかなって俺は思い始めた。
人を育てなさいって誰かも言っていたし。
とりあえず人間が100%絶対に幸福を求めるかどうかと、
それは何かっていう科学的検証が欲しい。
利根川進先生の報告を待つしかないのかな。
もしそんな科学的根拠が発見されたら、これこそ教育進化、人類進化の
カギとなるからノーベル賞もんだと思うんだが。
ニュートリノとかより絶対。

238 :少年法により名無し:04/01/29 20:33
>>182
舌をかんでもどうにもならないのでは?

239 :粘着系:04/01/29 23:05
なんかたくさん書いてあって、びっくりしたけど。
死刑廃止によって解放される云々について。
死刑廃止によってそれまで抑止されていたのが、たがが外れて起きてしまう
犯罪など、よほど計画的で恨みや絶望を伴った確信犯的なものを除いて
ほとんどないって、読めたけど。宅間なんかが該当するのかな。
ほんとはやつは子供を消したかったんではなくて、一番消したかったのは
自分自身だったんだろうし、宅間自身を消すべきだったと思うけど、これは余談。
人は欲のために、人を殺すよね。金銭欲や性欲、名誉欲等、衝動を満たしたいと
いう欲、我慢はしたくないという欲のために。楽しみのために。見つかったら
死刑になるって知ってても。
死刑にリスクがあっても、欲のために殺す。罰則が軽く
なるんだから、もっと簡単に同様の犯罪を起こすようになると、俺は考える。

240 :粘着系:04/01/29 23:26
で、応報刑思想についての批判。
ここがどうもわからなかった。
殺したら、自分の命で償えっていうことだよね。
しかし盗んだら金払ってまたはものを返せばすむわけじゃないという。
民事じゃないんだからそりゃそうだ。しかしこれは、
盗んだら自分も盗まれるというのが応報刑思想ってことじゃないの?
盗んだやつは、そのうち自分も盗まれたほうがいいと思うよ、俺は。
社会や法は規範であり云々、ここはよくわからないのだが、ともかく、
被害者になったときに考えることは、加害者を社会のために裁いてく
れなくてもいいから、俺のために裁けよ、ではないだろうか。
被害者の視線こそが優先されるべきだと考えます。
死刑を執行してしまえば法が自ら規範を破ることになる、との点。
死刑でもって人を殺すことがいけないということでしょうか。
人を監禁したり、自由を奪ったり、持ってる財産を強制的に
吐き出させたり、っていうこともやってるわけですよね。


241 :粘着系:04/01/29 23:56
生命の尊厳性について。
あまり考えたこともないけど、命と地球とどっちが重いかって言われたら、
答えらんないけど、命の尊さは知っているつもりだ。
だから自分の命はこの世でほとんど無上のものと感じるし、他人のものも同様である。
それを奪ったやつはだから死んじゃってもしょうがない。ここを自分は矛盾とは考えられない。
無実の罪で被害感情を満足させるための死刑ならば、そりゃやめたほうがいいよね。
誤審の可能性は絶対になくならない。そこで失われる命の尊厳って、いったいどこに行ってしまうのか。
犯罪で奪われた命の尊厳って、どこに行ってしまうのか。それが再犯によるものだったとしたら。
現行犯だったから死刑も視野に入れてとか、裁判でもめたから死刑は避けようって言う理窟にはならないのは
よくわかる。ただ、感情的には裁判やるのも馬鹿らしいって感じる事例もある。
命の尊厳を踏みにじったやつは、自分も踏みにじられちゃってもしょうがないと、思う。
ほとんど無上のものとは思うが絶対的なものとは思わない。


242 :少年法により名無し:04/01/30 11:42
最高刑@赤痢で死ぬまで受刑者の糞尿を三食、死刑囚に食べさせ続ける。
最高刑A巨大カエルかワニや蛇に死刑囚が食べられる。

243 :超真剣です。 読んでください。お願いします。:04/01/30 12:29

悪因悪果 善因善果 宇宙に偶然はない。
なんの罪もない人間は被害に合わない。
被害にあうのは今世の罪か 過去世(前世)の罪です。

犯人を死刑にしなくても 来世同じくらいの苦しみを味わいます。
その悪行の返り方は様々で レイプしたら 女に生まれてレイプされる
こともありますが、 激痛を味わう。交通事故にあうという
様々な方法で返ります。

だから死刑制度などなんの意味もありません。

244 :超真剣です。 読んでください。お願いします。:04/01/30 12:34

悪因悪果 善因善果 宇宙に偶然はない。
なんの罪もない人間は被害に合わない。
被害にあうのは今世の罪か 過去世(前世)の罪です。

だけど 悲しい事件には私も泣きますが。。。


痛みが限度を超えると、自己防御反応で脳内麻薬が分泌され、
痛みを感じなくなる。

そうなの???


宅間被告もかわいそうだなぁぁぁぁ。。
彼の心は苦しんでる。
苦しそうな顔つきだ。。。

245 :バカ口 篤@鳥顔インフルエンザ:04/01/30 12:50
>>1
別にいいんじゃない。
最高刑が死刑じゃなかったらもっと犯罪が増えるんじゃねぇのw
漏れもどんどんやっちゃうかもなw
昔みたいに火あぶりとか釜茹でみたいなのもあってもいいかもw
漏れの卒論のネタが増えるしw

246 :ペコ ◆YgpBayaDd. :04/01/30 21:41
犯罪犯した香具師に恨みがある香具師が
よってたかって意志投げて殺すー!!

247 :ラーメン万:04/01/31 20:40
アメリカ見たいに懲役200年とかの刑を作れ

248 :粘着系:04/01/31 20:42
243さんへ。
もしかしたらそうかもしれない。
凶悪事件の被害者は前世においてひどいことをやっていた報いで、
被害者になったのかもしれない。
加害者は、いつかはひどい目にあうのかもしれない。
ちゃんとそういった法則があって、因果応報、平等公平、とってもすばらしいですよね。
でも、普通はそう感じないでしょ。やられちゃったやつ、それは自分でも知らないけど、
とても悪いやつだからしょうがない、と。そういわれちゃえば、否定する根拠はないよね。
たとえば3歳の子供がトンカチで馬鹿な中学生に殴り殺された例で考えましょう。ありがちでしょ。
だからこの3歳の子が悪いんでしょうがない。
この子の親もこういった不幸に会うのはそれなりに悪かったんでしょうがない。
中学生の親は子が人殺す苦しみ、これも前世または現世のの影響でしょうがない。
じゃ、殺した中学生は3歳児が悪かったんで、それに付き合わされた被害者ですか?
それとも前世が悪くてその報いで人殺すようにうまい具合に導かれてんですか?
人が一人、人を殺すと、当事者以外にも同等またはそれ以上の苦しみを味わう人間がいる。
殺した人が次に殺されると、先の罪は消えるのですか、消えないのですか?
消えないんなら最後はみんなで殺しあうだけの世界になるし、苦しみを味わった人の業(ですか?)が
消えるんなら、殺人は減っていくはずですけど(ひとつの事件で苦しむ人=業が解消される人は
加害者の数よりも多いことが普通。)、そうでもないような気がします。
人類で一番最初に殺された人はどんなことが原因となって殺されたんでしょうね、まだ殺してないのにね。
よくわかんないです。そういった法則があるのかもしれないけど、私には知覚出来ない。
あなたが超真剣ですと断らなければならないほど、世間の人にはなじみのないメカニズムです。
だから、やっぱり死刑をはじめとする刑罰は必要なんだと思いますよ。意味がないと書いておられますが、
あなたのおっしゃるメカニズムが腑に落ちない人たちにとっては、見てわかる
犯罪者がひどい目にあうって事を見ることは、意味があるんじゃないのかなあ。


249 :粘着系:04/01/31 21:22
1へのレス。
1って、まだこれみてます?
詰まんないことばかり書いてすいませんです。
初心に帰って、
死刑って言うのは殺しちゃうわけだから、一番すごいわけで、
で、今日某被告への裁判の話し聞いて思ったんだけど、
同じ死刑でもその判決の言い方でなかなか残虐なことって、できるよね。
残虐な刑はなんか法で禁じられてるらしいけど、それじゃ飽き足らない被告への意地悪。
判決の主文をなかなか言わない。
判決理由のところで、当然死刑に処すべきである、・・・・・と思われる理由もあるが、とか
無罪と判断せざるを得えない・・・・・・・・・・・・・・理由はない、懲役7年が相当と思われる・・・・
・・・・との意見もあったが、などと散々気を持たせ、
主文の読み渡しのときはミリオネアのみのもんたのように思いっきり引っ張る。
ともかく精神的に思いっきりいじめる。
もちろん無罪のときでもこれはやらなくちゃいけない、じゃないとネタばれになるから。
いまんとこ、死刑しかないんで、ちょっといじめネタでした。


250 :少年法により名無し:04/02/04 20:54
いきなり殺すんではなくて、再犯は許さないって言うのはどう?



251 :ヤマトタケル:04/02/06 17:32
粘着系へ
ええと、久しぶりに見てみたら返事がたくさんあったのでびっくり。
まず、「人は欲のために人を殺すよね」とあるけど、本当にそうかな?
たしかに、そういう事例もあるよ。では、欲のために人を殺す人とそうでない人は
どっちがどのくらい多いのか調べた上で言っているのかな?
現代社会において人が現実に殺人を犯す場合は、そうでない場合もたくさんあるんだよ。
テレビドラマなどのメディアからは欲のために犯す殺人の方が圧倒的多数だけど、
実数からいけばどうなんだろうか。
その中でももちろん、死刑判決を受けた人間のみだけどね。
それを見て、改めて考え直して欲しいな。もう1度聞いておきました。

252 :ヤマトタケル:04/02/06 17:37
それに、フランスやアメリカの例をとってみても、
死刑の抑止力は否定されてばかりだ。
その原因を俺なりにちょっぴり考察したまでの話で、抑止力が無い、
あるいは実証されていない、という事実は変わらないよ。
依然として、無いはずの犯罪抑止力を制度存続の根拠にはできない。
したがって、「もっと簡単に同様の犯罪を起こすようになると、俺は考える」
という粘着系の意見の根拠は、現時点ではだが、思い込みとしか言いようが無い。


253 :ヤマトタケル:04/02/06 17:51
応報刑思想について
良い意見をありがとう。
粘着系が応報観念を肯定していることはわかった。
オレ的にはそれに賛同はできないし、
まだ自信こそ無いがそれは間違いだと考えている。
しかし、粘着系がそう信じるならそうやって生きてみてもいいだろう。
でもね、粘着系の私的な話ならまだわかるが、
社会制度として応報観念を実現することは果たしてどうか。
盗品をそのままかえしても〜とかの話を出したのはこのためなんだ。
社会制度、刑罰自体が応報観念の1段高みにたっている、
応報刑を絶対的な根拠として採用していないのさ。
だから、私的な関係においてやり返すことが正しいかどうかはおいといて、
応報刑思想を否定している我が国での社会の制度としては、
間違いだ、矛盾しているということなんだ。
今この場で確かに言えるのは、
「人の命を奪ったヤツは同じように死ぬべき、ではない」というよりもむしろ、
「人の命を奪ったヤツを同じように命を奪うという『制度』を私たちの社会に
 つくるべきではない」
ということです。
社会制度としてどうか、という意味で、
応報観念が正しいかどうかとは別問題なのさ。
理念が正しくても、社会制度としてただちに実現できるわけじゃあないと思います。
ま、理念としても正しいとは思わんがね。

254 :ヤマトタケル:04/02/06 17:55
「人を監禁したり、自由を奪ったり、持ってる財産を強制的に
吐き出させたり、っていうこともやってるわけですよね」
これも、応報刑としてではなく、どうあるべきかで正義をもって対処した結果なんだ。
結果としては似たようなものになる場合も多いけどね。
余談だが、財産を吐き出させたり監禁したり、というのと
命を奪うことの間には、越えられない壁があると思うぞ。

255 :ヤマトタケル:04/02/06 18:02
245の意見には根拠が無い。そういうのは詭弁っていうらしいぞ。
オレもやっちゃおうかってのは強がりかな。証明できない。
243と244へ
その話、信ずる根拠は?
オレも超自然的なものはあると思うし、森羅万象この世に存在する全てのものや
事柄は、相互に意味をもっているとおもう。
しかし、罪が無くとも被害に遭うこともある。そっち系の考え方でいけば、
神から与えられた試練だとか。
必然ではあるけれども、罪からくる罰ではないと思うよ。
まあこの辺は証明できない世界だからこれ以上はわからんがね。

256 :ヤマトタケル:04/02/06 18:10
247へ
そうだね。安易に口だけで死刑を廃止しても、アメリカには死刑に代わる最高刑が
あったから犯罪が増えなかったのだと思う。
今のままいきなり死刑を廃止するだけでは、日本では犯罪は確実に増えると俺も思うよ。
それまでは存続するしかないが、将来的には絶対廃止したいな。
オレの廃止論は、もちろん死刑に代わる最高刑として、
減刑無しの終身刑などを考えているよ。
さてさて、とりあえずここまでで返事を待ちましょうか。
粘着系、きちんと返事をありがとう。
ま、これからじっくりやってこうかな。

257 :原っぱ:04/02/06 18:20
 いま特別懲役刑(仮名) みたいなものが本格的に考案されてるようです。
この刑は法的な位置付けではやはり死刑よりも下になるものですが、
無期懲役より重いものになります。現在の無期懲役は、「期限を定めない」
としながらも20年前後で出獄できるのが現状で、仮出獄に至っては10年
と刑法で記されてます。
 この無期懲役よりも重い、20年以上の刑を科すようにしようというのが
特別懲役刑(仮名) です。 この新設刑の早期実現を僕は望みます。

258 :少年法により名無し:04/02/06 18:26
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1075614611/l50

259 :少年法により名無し:04/02/06 18:35
終身刑は「終身」だろう?
法の番人は日本語が判らないらしいから、
これからは懲役300年とか800年とかで判決しなさひ


260 :少年法により名無し:04/02/06 18:50
259だす 終身刑⇒無期懲役
無期懲役は無期だろ?
懲役800年で、いい子だったら減刑400年、
もォ〜天使みたいな子だったら減刑200年、な、そしたらたったの200年。


261 :ヤマトタケル:04/02/06 19:04
原っぱさん、情報どうもです。
同感です。

262 :少年法により名無し:04/02/06 20:22
マスコミなんて、ただの伝書バト。
ハトがいきがって情報に手を加えてんじゃねえよ!
お前らは俺たちのところへ情報を運んでくるだけでいいんだ。
要するに、トラックの運ちゃんとなんら変わりないんだよ。
運ぶ手段が車か電波かということだけだ。

情 報 を 判 断 す る の は 俺 た ち だ ! て め え ら じ ゃ ね え ん だ よ ! ! !

263 :少年法により名無し:04/02/06 21:35
死刑は反対です。
ただ・・・「名古屋アベック殺人事件」「女子高生監禁暴行コンクリート詰め殺害事件」のような凶悪犯罪者に関して、大人子供問わず減刑なしの終身刑にして欲しい。
たかだか10年とか、少年だからという理由で減刑されるのは、被害者と被害者の遺族が可哀相すぎる。
終身刑言っても、ただ飯はいけないから、家具作らせたり何かしら労働をさせて、自分の食い扶持は稼がせる。
例外的に、労働放棄したり反省の色がない受刑者に対しては、死刑でも良いと思う。

264 :少年法により名無し:04/02/06 22:04
>>263の追加
受刑者が労働で得たお金は、必要最小限の衣食住費を差し引いて、被害者遺族への救済へ!

265 :少年法により名無し:04/02/07 03:05
おまえらもっと刑法の成り立ちをベンキョしろ、そしたらもっとマシな討論できらぁ。

266 ::04/02/07 03:27
みんな殺人者と自分が結び付かないから死刑は必要!とか、そんなこと言ってんじゃないの?大体みんな中絶とかでバンバン人殺ししてるじゃん。
でも中絶しなきゃ、にっちもさっきもいかない追い込まれた事態だってあるわけだしさ。大体、人が人を裁くってシステムが欠陥だらけなんだよ。神にでもなったつもりかよ!殺す権利がどこかにあると考えてるやつらがおこがましいよ。
俺の最愛の人が無惨に殺されたら、そんなこと言えなくなると思うけどね。
それは冷静さをどうしても欠くからだよ。

267 :fjalkf:04/02/07 04:04
naflenaiw

268 :39歳で3児の父 ◆zME/Oo5byc :04/02/07 11:01
>>266
釣られてみようか?!
お前は本当にバカだね。アキレチャッタヨ!

中絶による殺人はOK、でも犯罪者を裁いて死刑にするのは
おこがましいとはどういう意味?

ここまで矛盾しているのは、君は中学生くらいか?

でまた、冷静さを欠いて考える事に対して賛成か反対か?

269 :少年法により名無し:04/02/08 16:30
 >>266   お前の持ってる 新品同様辞書で 「矛盾」って 引いて みろ

           お前の 文面が これだ

270 :少年法により名無し:04/02/08 17:21
俺の最愛の人が無惨に殺されたら、そんなこと言えなくなると思うけどね。
俺の最愛の人が無惨に殺されたら、そんなこと言えなくなると思うけどね。
俺の最愛の人が無惨に殺されたら、そんなこと言えなくなると思うけどね。
俺の最愛の人が無惨に殺されたら、そんなこと言えなくなると思うけどね。
俺の最愛の人が無惨に殺されたら、そんなこと言えなくなると思うけどね。

>>266の最愛の人が無惨に殺されました。
しかし>>266は犯人の死刑に反対しています。

271 :米式マンセー厨:04/02/08 17:32
731部隊は死刑囚はスパイなどを丸太と呼んで人体実験していたという。
それにちなんで、死刑囚は死刑執行したことにして新薬の開発のための実験
体にするべし。社会の秩序を乱し、人権を踏みにじった者には権利をすべて
剥奪し物として扱うことこそ最大の刑罰だ。

272 :烏山:04/02/09 16:18
首まで埋めて、首を鋸で切るってのは?

273 :少年法により名無し:04/02/09 18:57
ロースクール制度は大金を払えば法曹資格が貰えるのと同じ制度。
現にロースクール経由でしか受けられない新試験の合格率は3倍程度。
合格率3%の現行司法試験の約10分の1。

ロースクールへ行くには金が1000万円程度かかるため、普通の所得の人はなかなか行くことができない。
親の介護をしている人なども、家を離れられないためロースクールへ通うことが出来ない。
努力家で実力があっても金がない人間は弁護士になれず、能無しのボンボンでも金さえ払えば楽に弁護士になれる。

あまり知られていない事実だが、そもそも、ロースクールは大学の復権のために作られた制度で、
全く必要性のない制度。↓を見てもらえばそのことが明らかに分かる。大学教授の権威を復活させるために
大学関係者が無理やり成立させたものだ。ローができれば大学は受験料や入学料・授業料でウハウハだ。

司法制度改革審議会会長・法科大学院創始者の佐藤幸治先生と民主党の枝野・中村議員
との法務委員会での質疑応答 (1時間9分から)
http://www.shugiintv.go.jp/rm.ram?deli_id=13925&media_type=rn

これを見て少しでも怒りを感じた方は、このコピペをコピペするか、↓に文句を言ってやりましょう。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sihou/goiken.html



274 :少年法により名無し:04/02/11 23:45
いいこと思いついた。
肛門をアロンアフファーでふさいじゃうの。
ね?いいでしょ?コレ?

275 :少年法により名無し:04/02/11 23:48
>>274
それだ

276 :ヤマトタケル:04/02/12 19:09
うむむ、粘着系はもう納得してくれたのかなあ?
いつでも待っているよ。1週間に1度は見ます。
でも、そんなに真剣に討論してくれたのには感謝しているよ。
最初はマナーがなってなかったが(笑)
命の尊厳性について、まだまだ全然自信ないし生まれたばかりだが、
俺なりの証明があるんだ。
その理論をさらに昇華させていくために、
粘着系とは話したかったな。あんたは批判好きだから(笑)


277 :ヤマトタケル:04/02/12 19:11
263へ
同感です。優しい人なんですね。
266へ
なんていいやつなんだ!気に入ったよ。
もっと勉強して、議論を積んで、
あなたの素晴らしい感性をいつか正しい論理で証明できるように頑張ってください。

278 :ヤマトタケル:04/02/12 19:15
270へ
お前さあ、人のことバカにする前に、自分がバカかどうか確かめろよ。
頼むから。
自分の最愛の人を虐殺された人の中で、犯人の死刑に反対する人もいるよ。
マジで。
でもその部分に気付いただけでもあんたはセンスはあると思うよ。俺的にだが。

279 :少年法により名無し:04/02/13 19:03
被害者のすきにさせる
これが一番いい
生かすも良し 殺すもよし

280 :粘着系:04/02/13 21:50
>>251
「人は欲のために人を殺す」か、調べました。
といってもネットですが、「死刑囚リスト」で検索かけたら、事件の概要と
控訴、上告の様子などがわかるリストが出てきたんで、振り分けていったら、
金銭欲や性欲などに絡むものが26件、かっとしてなど、自分自身の衝動を抑
えられずに(これもある意味欲求のままともいえる気がしますが、)8件、
ある意味覚悟を決めて殺さなきゃならん的な、確信犯的なものが2件、そこまで
見てもうやめました。再犯も結構多かったです。
やっぱり欲で殺すんじゃないかなあ。で、結構みんな、控訴とかしてるよね。
往生際が悪い気がする。>>221にあるような、死刑になるような凶悪犯罪者は
(中略)むしろ死を望むほうが多い、ということではない気がする。
 死刑にならないまでも、日々報道される凶悪事件は、やはり欲のためと思わ
れる殺人が多いし、またとても覚悟の上での犯行とは思えない、卑劣な犯罪
者像を想像させる事件が多い。というか俺はそう感じる。
だいぶ前のことだけどおいらが新聞とっているのか、と書いたのはこの辺の
事情をどう感じているか、疑問に思ったからで、「死刑廃止により解放され
る犯罪」がどのようなものであるかの認識もこの感じ方でだいぶ変わってく
るよね。長くなったんでとりあえずここまで。


281 :少年法により名無し:04/02/13 22:16
終身刑なんで無いの?

282 :粘着系:04/02/13 23:09
死刑の抑止力について。
>>220>>252によると、死刑の抑止力は否定されているという。
しかし現代の日本においては>>256にも書いてあるように、死刑がなくなったら
犯罪増えるわけでしょ。死刑なくして有期または無期の懲役だけにしたらだ
めなんでしょ。今は終身刑はないんだから、この国には。
これって死刑に抑止力があるってことだよね。少なくとも今この国では。
これこれこうなった場合には抑止力を失う、という話(256)ならわかるけど、その前に、い
きなり死刑には効果がないって話(220,252)されても、困ってしまいました。
だからやっぱり、罰則が軽くなったら犯罪を簡単に起こすと思う。
道交法が改正になり、飲酒・酒気帯び運転がだいぶ減ったことはみんな知って
ると思うけど、やっぱりこれは厳罰主義の効果だと思う。
終身刑と死刑ではどっちが重い罰則だろうか。おいらは、場合にもよるが、
一般的には死刑のほうが重いと思う。
「死刑にはなりたくはない」という気持ちは残すべきだし、「どうせ死刑に
なるわけじゃないし」という気持ちは持たせるべきではないと思う。




283 :少年法により名無し:04/02/17 07:46
正直、抑止性なんてどうでもいいんだよ。
人の人生を狂わせた者は
己の命で償えっての。

284 :ヤマトタケル:04/02/17 19:13
おひさしぶり
抑止力について
今粘着系が言っているのは256の俺の発言を根拠にしたことだね?
実は今、表現が適切でなかったことを後悔している。すまない。
このまま死刑に代わる最高刑を用意しないまま(既に終身刑などを唱える人もいるが)
安易に死刑を廃止したら、犯罪が増える恐れがあるのではないか、と、
俺は漠然と思ったわけだ。これには根拠は無い。変な言い方をしたら、
そんな気がしたとでも言おうか。
まず、そんな俺の発言を根拠にして、死刑の犯罪抑止力があるとはいえないよね。
フランスの死刑廃止では犯罪は増えなかったし、
日本でも終身刑など死刑に代わる最高刑を同時に用意すれば
イケるんじゃないかなと思うよ。
アメリカのような銃社会・裁判王国でさえ、死刑の犯罪抑止力は
否定されている。
したがって、今のところの話では、抑止効果は実証できていないよな。

285 :ヤマトタケル:04/02/17 19:16
283へ
その根拠は?
少なくとも社会の制度としてはそれを行なうことは間違いなんだよ、
という話。もっと読んでくれ。

286 :おろかもの ◆RdnXTChJz. :04/02/17 19:48
286以降しか読んでないけど(てか読みたくない)僕の意見を述べてみる。
僕は死刑と終身刑、両方あったほうが思う。
今の日本の刑法では無期懲役刑と死刑の差が大きすぎるから終身刑はあったほうが良い。裁判官も今よりもより柔軟な判決を出すことが可能になる
死刑もあったほうが良い。死刑を廃止してしまうと、例えばテロなどで千人以上の死者を出しても刑務所の中で栄養バランスの取れた三食付きの規則正しい生活を国が犯罪者に保障することになる。これは(感覚的に)明らかにおかしい。

ヤマトタケルさんは死刑の抑止力を否定しているようですね。
僕は死刑には抑止力あると思います。例えば授業中に居眠りしたら死刑というようにしたら(違憲だけど)間違いなく授業中の居眠りは減りますよ?これは否定できないと思います。

死刑制度の是非に関して学会では廃止派のほうがやや有力です。ですがその最大の理由は「抑止力」ではなく「冤罪」です。
でも僕は死刑には賛成なんですけどね。

ちなみに今から数日程返事できませんがご了承ください

287 :ヤマトタケル:04/02/17 19:52
再び粘着系へ
わざわざ死刑囚リストを調べてもらってなんか悪いな。
例えば「金目的」という記述があったとして、それは本当かどうかはかなり怪しい。
裁判の供述で、被告人が述べただけであって、カウンセリングのように
詳しくその事情を聞きだしたりはしない。
つまり、確信犯的なものかどうかというのは
本当の信頼関係が築けていなければ無理だ。
でも、これって俺が述べたことを実証してはいないのも事実か。
だから、死刑囚の生い立ちなどを詳細に調べて考察したりして、
本も出ている。そのようにきちんと調べられた死刑囚は、
判決の裏に皆、確信犯的にならざるを得ない理由をもっている。
ただ、粘着系の言うように、本当に浅慮なまま死刑を執行されるような
犯罪者もいるということは、認めよう。これは俺の論述における、
事実の列挙ミスだったな。データ上で欲のために殺したとされる者で、
臨床心理学的な詳細な検査・調査をすれば、実は欲のためではなかったと
証明で来得るケースもあるのではないかと思ってはいるが、たしかに浅はかに
やってしまった者はゼロではないだろう。しかも実数がわからない以上、「ほとんど」
という表現も適切でなかったか。たしかに。
しかし、そうでない者、欲のために殺すのではない者がいることも事実だ。
指摘に感謝する。
でもね、それって結局死刑存続の根拠にもならないし、
犯罪抑止効果すら証明できてはいないと思うんだけど、どうかな。
ケアレスミス(かどうかはわからんが)の指摘は上出来だけど、うん。


288 :ヤマトタケル:04/02/17 19:57
新聞について
俺も最近の情報から、あなたが「人を殺すのは欲のために殺す」と感じても
仕方が無いと思う。
しかし、そうではない場合というのももちろん考えておかなくてはならない。
メディアに踊らされないように、
どこかに批判的な視点をもっていなければ(俺に対するようにね)。
「ただの、おばか」などというのは、明らかに相手に対して失礼だし、
2ちゃんねるではそのようなものが平然とまかりとおっているから仕方ないのだろうが、
その辺りを今のあなたのようにしっかりし続けてていただければ嬉しいですね。

289 :少年法により名無し:04/02/17 20:05
投稿者名:ナーランダファン (ID: oiER8cM)

タイトル:腐敗の余地もないほど腐りきったこの国へ

みなさん、こんばんは。
もはやこの国は末期的症状です。
「犯罪被害者の人権」と一言ほざけば何をしても許される、徳川綱吉の時代の「お被害者様」の天下にタイムスリップしたようです。
やりたい放題の際限がない犯罪被害者勢力は、ついに政府権力の狂信的極右と結託して、刑法の改悪策謀に乗り出しました。
厳罰化、時効の長期化のみが強調され、犯罪者のレッテルを貼られたら生きていけない野蛮国家への地獄の道を一歩一歩踏み出しています。
このような野蛮人どもには、人権の意義や死刑廃止論の尊さなどは、サルが高等数学を理解できないのと同様に、絶対にわからないことでしょう。サルは無知の幸せを体感している最中です。
その一方でサルは、「犯罪被害者の人権」などという本来の人権とは似ても似つかぬ虚構を、味噌と糞をいっしょにするがごとくありがたがっています。サルの腐り果てた脳みそと舌には、味噌も糞も同じ味に感じることでしょう。
ナーランダさんのような本当の人権派の皆様方が、サルどもに知性のかけらを植え付けることを願ってやみません。

http://www.bx.sakura.ne.jp/~narlanda/ath/bbs_dp/dpbbs.cgi?no=1357&reno=no&oya=1357&mode=msgview&page=0


290 :ヤマトタケル:04/02/17 20:19
279へ
そんなわけないだろ。
粘着系へ
毎回まとまらなくてすまんね〜。
道路交通法の厳罰化に伴う違反者の減少から、
刑罰には犯罪の抑止効果が少なからずありそうな気がするよね。
でも、死刑を廃止にしても犯罪件数が増加しなかったという実例があるのだから、
それから抑止効果は期待できないな。
仮に多少なりとも予防効果があったとして、
1993年以降の死刑の被執行者は44名だが、このことから見ても年間数件程度の
死刑。これをやめたからといって我が国の社会秩序は保たれなくなるだろうか?
また抑止効果を考えるならば、「死刑が怖いから今はやめておこう」的な、それも確信的な人間が
はたしているのか、証明しなければならないね。
ああっ!「死刑が怖いから今はやめておこう」と考えるってことは、
そいつらは衝動的ではなくて、「計画性」をもっていないかい?
だから、
「死刑廃止によって解放され得るのはもののはずみとは違った計画性のある犯罪で」
はやっぱミスじゃないかな。もののはずみではないのだから。
ミスったのは、「死刑になるような凶悪殺人犯は死を恐れていない」
の方だったね。俺は全てコレだと思っていたわけではないのだが、
文章からはそうとれるな。そんな人も多い的な表現にするべきでした。
すまんね。すなわち、人は欲のために人を殺すという場合がほとんどとは思わないよ。
そうでない場合も多々あるし、
人を殺したのは死刑囚だけではない。人を殺すとただちに死刑になるわけでもないのだから。
殺人犯の全てで統計をとるべきだったね。
ま、死刑存廃にはそんなに関係ないかもしれんが。

291 :ヤマトタケル:04/02/17 20:22
結局、人が人を殺すのは欲によるもの、とは思いません。
死刑制度の抑止力も、今のところ証明できてないですね。
あいかわらず俺は死刑廃止論者です。

292 :ヤマトタケル:04/02/17 20:36
おろかものさんへ
私は、死刑廃止の根拠を抑止力の有無だけには求めていません。
抑止力があっても、死刑には反対かも。
私は、応報刑思想への反論、抑止力への反論、感情論への反論などを根拠に挙げています。
218からが私の意見です。読んでみてください。当然、冤罪のことも挙げていますよ。
さて、居眠り死刑の話ですが、それはたしかに抑止効果です。
その話の中ならば、死刑をやめれば居眠りは増えるでしょうね。
しかし、死刑をやめれば犯罪は増えるのかな??ってことになります。
廃止の実例があり、実際増えませんでしたからね。その例え話は少し違う気がします。
したがって、凶悪殺人への抑止効果、もっと言えば、
「死刑廃止による『犯罪の増加・促進効果』」は無いと思いますよ。この方が適切ですかね。

293 :ヤマトタケル:04/02/17 20:42
おろかものさんへ2
終身刑の追加には全面的に賛成です。
しかし、「死刑を廃止してしまうと、例えばテロなどで千人以上の死者を出しても
刑務所の中で栄養バランスの取れた三食付きの規則正しい生活を
国が犯罪者に保障することになる。これは(感覚的に)明らかにおかしい」
には、実は反対なんです。そのような感覚に苛まれるのはわかります。
プラスマイナスの概念でいくと、なんだか不平等な気もしますしね。
ですが、私はいかなる場合も生命の尊厳性は変化しないと考えています。できれば、
この話は今の話が一段落ついた後がいいです。

294 :ヤマトタケル:04/02/17 20:49
粘着系へ
わかりやすく言うと、死刑の抑止効果があったと仮定して、
その仮定の中で抑制されているのは、もののはずみではない。
だって、もののはずみでするとしたら、抑止効果さえ認知できていないから
抑えようが無いんだ。
要するに、もののはずみを死刑によって抑えられるかどうかって話かな。
あ、前もって死刑にビビっていれば、それなりにもののはずみ自体が減るかな?
どうなんだろ?
まあこれは死刑の犯罪抑止力があると仮定したらの話だ。
依然として抑止力は無いと思うから、
この議論は俺の文章表現がミスってるかどうかを問うものであって、
犯罪抑止力の有無や死刑存廃を問うものではないなあ。

295 :地球解放戦線:04/02/17 22:56
全ての神をやっつけてやりましょう。www

こんな奴のつくった世界をまずは壊してやりましょうね。w

まずは、全ての人をグチャグチャに潰して、魂を消滅させて、
神は拷問にしてミンチにし、猿の餌にしましょう。www
低脳なキモイ猿共の、全ての魂は消滅して死んでしまえ。www


全ての人は早く死ね死ね♪    全ての神は拷問死♪     
全ての魂は消滅♪        全ての宇宙は崩壊だ♪♪ www



296 :ヤマトタケル:04/02/19 16:54
295へ
それ、どうせ嘘なんだろ?

297 :おろかもの ◆RdnXTChJz. :04/02/20 15:01
ヤマトタケルさん(以下ヤマさん)へ

ごめんです。読もうと思ったけどあまりの長さに途中で読む気がうせた。ユルシテネ

僕は死刑賛成ですが、死刑存続と廃止の僕の中での割合は6対4ぐらいです。ぎりぎり。「冤罪」の主張には僕も納得してますからね。
ヤマさんは「死刑を廃止した後でも数字は増えていない」(みたいな)ことを言ったと思います(自信ないけど)。
僕もどっかで聞いた事あるからたぶんそうなんでしょう。しかしヨーロッパ(どこの国だろう?)で死刑を廃止する前と後で世論は死刑制度を支持する声の方が増えたらしい(うろ覚え)です。
理由は憶測ですがさっき僕の話した「例えばテロで何千人も死んだ場合(以下テロの例え話)」(多くの人の死、無反省、計画的)のようなことがあったのではないでしょうか。
そもそも死刑(中国とかはのぞいて)というのはどのような犯罪者に言い渡されるのでしょう。日本で死刑を言い渡されるのも計画的、残虐、数人以上の被害者、無反省、そんな場合ばかりです。
そもそもこのような凶悪犯罪はそんなに多発するものではないと思う。日本でも年に100回とか死刑が言い渡される事はありませんから。減っても増えてもそんなに数字は大きく変化しないと思います。
このような小さな数字の変化が「犯罪の総数」にそう大きく影響を与える事はないでしょう。
そこで質問したいのですがヤマさんの「死刑廃止後でも数字は増えていない」の数字とは具体的に何の数字ですか?@犯罪全ての数A廃止前なら死刑になりえた数B廃止前なら死刑を言い渡されたであろう数C殺人の数Dその他。
知っているならでかまわないので教えて欲しいです。すでに発言してたらゴメンナサイ。

僕が死刑を支持する理由はうまくいえないけど要するに「テロの例え話」みたいなのが嫌だからです。でも無実の人が死刑になる「冤罪」も嫌です。どちらも本当に嫌です。さっき僕は死刑賛成派といいましたが正直微妙です。
ちなみに僕は命の重さに(建前は別にして本音では)差はあると思います。宮崎つとむの命の価値とあなたの家族の命の価値は断じて同じではない。

298 :少年法により名無し:04/02/20 16:04
遺族に犯人頃させればいいんじゃん?
さっさと頃してくれないと、こっちも生活厳しいんだよ・・・・。


299 :大嶋明(ネット共通仮名):04/02/20 17:15
手を引きちぎり腕を引きちぎり足を引きちぎり腹を割り、目を潰し鼻と耳をそぎ
最後に首を切り頭はさらし首にする。
これが死刑を上回る極刑だ。
死ぬまでの間苦痛にたえなあかんわけだからさっさと死ぬほうより上の刑ってわけだ

300 :少年法により名無し:04/02/20 21:01
>>299
何をいまさら。。。

301 :ヤマトタケル:04/02/21 18:36
こんにちは。お返事ありがとう☆
えーと、この話は後でお願いしたいけど、
私の家族の命も、宮崎つとむのも宅間のもヒトラーのもみんな同じだと思いますよ。
命の重さ、というか価値というか、それは一体何によって決定付けられるのでしょう?
また暇があれば考えてみてください。
では、質問に答えます。死刑廃止の後で増加しなかったというのは、犯罪件数です。


302 :ヤマトタケル:04/02/21 18:49
それと、ヨーロッパのどこかの国で、死刑廃止の前後で死刑制度への支持率が
大きく変化したとのことですが、そのことについてお答えいたします。
支持率、つまり世論ですよね?犯罪件数は増えていない、けれども国民のみんなに
支持派が増えた、それを理由に死刑を存続できるとお考えですかな?
もしそうなら、それは違うと思いますよ。そうでないならまたお願いします!
「みんなが言っているから」
というのは、理由になりませんよね?
「みんなが言ってることを証明できるから」
であればオッケーなんですけどね〜。
民主主義は、市民の意思を尊重、大いに参考にするし、
なるべく反映できるように努力しますが、「絶対視」することは
決してありません。

303 :ヤマトタケル:04/02/21 18:56
もう1つ。凶悪犯罪が犯罪の総数に大きな影響を与えることはない、とのご指摘に
ついてお答えいたします。
アメリカの州では、死刑を廃止している州とそうでない州が存在します。
この廃止している州としていない州のうち、人口などの社会的条件の近似しているものを
選び、両者の犯罪件数を比較する実験が行なわれました。
その結果、犯罪件数において有意的な差異は認められませんでした。
すなわち、凶悪犯罪に対しても、通常の犯罪に対しても、
死刑制度は抑止力をもっていなかったというわけです。
たしかに、おろかものさんがおっしゃるとおり、日本での死刑の言い渡しは数件程度です。
しかし、犯罪大国(失礼?)アメリカにおいてもこのような研究報告がされているのです。
死刑の判決数は日本とは比べ物になりませんよね。


304 :ヤマトタケル:04/02/21 19:03
日本での死刑の言い渡しが年間せいぜい数件程度。
だから、
死刑を廃止して仮に犯罪が増えたところで、
大したことはないんじゃないかな、という考え方もできます。
死刑存続論者の多くは、本当に納得のいく理由で死刑を廃止したいと願っています。
彼らには肉親を殺された被害者の親族の苦しみを目の当たりにされている方が多いんです。
だからこそ、被害者の方々の無念のためにも、命の尊厳性など様々な問題を完全に解決しないまま、
安易に死刑を廃止するわけにはいかないのだそうです。
だから、あえて存続論者の立場をとっている。
生命について真剣に追求するために、廃止論者と議論する形で、
答えを探す。
人類はさらなる進化の過渡期にあると私は考えています。

あとですねー既に答えていることでもかまいませんよ。
あの小論文はちょっと一般の方への配慮が無いかもしれません。
ぼくも頑張って答えるので、ゆっくりやっていきましょう。
お返事、感謝しています。

305 :おろかもの ◆RdnXTChJz. :04/02/21 20:15
凶悪犯罪にもいろいろあると思いますよ。
(@犯罪全てA廃止前なら死刑になりえた犯罪B廃止前なら死刑を言い渡されたであろう犯罪)
アメリカでは死刑を廃止している州としていない州でAの発生量の差はあまりなかったと。それはわかりました。でもAとBは違います。
死刑があってもAは抑止されていないとアメリカの実験で証明されたんですよね。ですが死刑があることでBは抑止されているのではないかと思います。
アメリカの実験でもAの数はあまり変わらなかったらしいですがBの数はどうだったんでしょうか?Aの数とBの数を比べたらアメリカと言えどもAのほうがはるかに多いと思います。
Bの数はAの数の中に含まれていると思いますがAの中でのBの割合は高くなく参考にはならないと考えています。
日本での殺人を例に話をしてみると、日本では
(1)一人殺すと約10%死刑になります。
(2)2人殺すと約90%死刑になります。
(3)3人以上殺すと99%以上の割合で死刑になります。
僕が言いたいのは(この例では)死刑があることによって(2)(3)を抑止しているのではないかという事です。
日本では死刑を言い渡されることはあまりない。それは(2)(3)が抑止されているからではないでしょうか。
(1)の10%は残酷、計画的、無反省、そんな場合に言い渡されます。これも少しは残酷、計画的な犯罪に対しての抑止になっていると思います。

終身刑と比べても死刑のほうが抑止効果は高いと思う。
理由は囚人にとって終身刑のほうが辛いならば世界中で終身刑の囚人の自殺が多発しているのでは?ということです。ある程度なら趣味(クラブ?)みたいなのも認められてますし。

僕の中で「冤罪」と「テロの例え話」を天秤にかけて6対4ぐらいでやや後者が重かった理由。
死刑も終身刑も人権を侵害していると言う点では同じだったから。でもこの差はけっこう大きいと思うのであまり強く主張できる理由ではないんですけどね。

ちなみに今からまた月曜日ぐらいまで返事できませんが悪しからず。

306 :おろかもの ◆RdnXTChJz. :04/02/21 20:16
長文でわかりにくいかも。すみません

307 :少年法により名無し:04/02/22 10:59
『未成年だから死刑にならない』などとほざいて
バスジャックなんかしてみたりするヤツは多少なりとも『死刑』を意識してるワケで…

308 :少年法により名無し:04/02/22 11:14
本当の韓国ってどんな国
マスコミに騙されてはいけません。これが韓国の実像です

・阪神大震災の第一報見出しが「天罰だ!」だった国。
・天皇陛下に包丁を送りつけた愚か者のいる国。
・娘のお見合いの時、母娘揃って整形受けるのが当たり前という奇天烈な風習を持った国。
・アイドル歌手が盗撮されて、その写真がネット上でばら撒かれると言う事件の起きた国。
・レイプ犯罪率世界3位、殺人事件が日本の3倍、暴力事件に至っては日本の100倍以上起きる国。
・中田英寿は在日三世と紙面に堂々と載せて、あとで中田側からクレームがついて、噂で書きましたと謝罪した新聞の国。
・教科書問題について先生から聞かれると「日本を攻め滅ぼしてやればいい」と答える学生のいる国。
・しかもそれを諌める先生が、「日本に攻め込めば自分達にも被害が出てしまうでしょ?」と、自国の事しか頭にない国。
・剣道の話題が載るときは必ず「日本の侍のイメージがあるが 実際にはわが国こそが剣道の起源」という一文が入る国。
・自国のコインを10倍の値打ちにして日本で不法使用する国。
・日本人が事故にあうと、警察が日本人と分かるとなかなか取り合ってくれず、日本人を困らせる国。
・「日本のしたことの中には良い事もあった」と言う主張のHPを作った人が告訴される国。
・日王(天皇)賛美のHPを作った高校生がイキナリ逮捕される国


309 :少年法により名無し:04/02/22 18:08
道端に縛り付けておいて
通った人が好きなだけ暴行を加えられるってのはどうだ?
これなら若者や社会人のストレス発散にもなり犯罪防止にもなる。

310 :少年法により名無し:04/02/22 20:26
>>1
いいえ、そんな事はありません

311 :粘着系:04/02/22 21:24
今日は久しぶりの休みで家族と楽しく過ごしました。3児の親なんで、子供の
成長が何よりも楽しみです。で、この板にかくのは、もう正直言っていやな
んですが、考えたくもない子供が犯罪に巻き込まれたとき、って言う仮定で
ちょっとはどうすべきか、というよりも犯罪が減ったらいいなって言う趣
旨で書き込みます。
>>197で書いたように、ここのところ犯罪被害者の視線がないがしろにされ
ているような気がします。
だから>>212で、現状への問題提起をしました。これは、ただ残虐な刑罰を
すりゃいいんだという非建設的な意見への、提案の請求でもありました。
でもあんまり反応はなく。
>>226で、自分の立場、表明しましたが、なんだか難しい事言ってくる奴が
いて、それいじくったら読みたくなくなるような、たくさんの文字。こっちは
「知識人」ではなく毎日重いものを運んだりしてる、週一しか休めない肉体労
働者なんだから、そんな難しいことはわかんない。
とりあえず、もう議論はやです。
死刑囚がほんとはやむをえなく罪を犯したのか、そうじゃないのか、一人一人
について、考えることは出来ないし、そんな暇もない。
生まれつきの殺人者は、それはいないでしょう、どう考えたって。でも、いろ
んなことがあって人殺すんだよね。その事情に着目するか、殺したっていう結
果に着目するか。いったん書き込むね。













312 :粘着系:04/02/22 22:04
で、おいらは結果に着目するんです。犯罪被害者が、加害者が社会的にこん
なひどい目にあってるんだからって言って、納得するんですかねえ。じゃあ
しょうがないや、うちの娘を殺しても、って。実際先日死刑囚リストってい
うのを見て、死刑を望まない被害者側が、ある一定数存在することをみて、
やっぱりありうるんだあなあと、再確認したけど、それを一般化は出来ない
とも思いました。(あくまで一部だから)
死刑をなくしても犯罪は減らない、それは実例からしても明らかなんだって。
じゃあそうなんでしょう、ちょっと信じられないけど。俺は前にも言ったよ
うに、死刑推進派だから、廃止して云々より、もっと、人一人殺したら、死
刑を免れるのは難しい、というようにしたらいいんじゃないかと思う。
どうやら、判例を変えるのは難しいのかな。でも刑法の量刑を変えること
は、法改正の手続きで、そんなに難しくはないよね。量刑で、原則死刑っ
て言うわけにはいかないのかな。現行法規の規定がどうなっているのか知
らないので具体的にはいえないけど。要するに、もうちょっと重い刑が標
準になるといいよね、で、人殺すと原則死刑。少年とか、関係なく。少年
殺したとき罪軽くなんないでしょ、だから殺したのが少年でも、おんなじ
でいいじゃん。殺しても何の罪にも問われないのは胎児だけど、これも考
えたほうがいいと思う。
死刑なくしても云々て言う話があったけど、このスレタイ見て死刑よりも
抑止力がある方法を考えて、もしくは死刑の運用で、犯罪を減らす方法を
聞きたく、拷問の方法じゃななくてね。3児の親として(しかもみんな女
の子)犯罪が減る提案がないかなあ。難しい話はなしで、聞かせてよ。



313 :粘着系:04/02/22 22:22
結局書きすぎるんで、省略されちゃいます。
どこで改行すればいいのか、どこできれば読みやすく全部表示される
のか、こういった事はどこを読めば理解できるのか知ってる人がいた
ら教えてくれたら助かります。いっつもうまく書けない。
書いているうちに、消えてなくなったりする。(前のスレを見てたり
したら)
2chのルールって、どこ見りゃいいか、知ってたら教えて。
後、どっかを引用するとき、青い文字で、アドレス?ですか、
クリックすればそのページ見れる仕掛け、があるでしょ。たとえば死
刑囚リストを調べたんだけど、そこを書いとけば、誰でもクリックす
ればみんな見れるって言う青い文字列。どうやんのこれ。知ってる人、
ごめんね。教えて。


314 :おろかもの ◆RdnXTChJz. :04/02/23 14:27
>>313
「http…〜〜」ってそのまま書き込めばなるはずですよ〜

http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/youth/1069906157/l50

こんな感じで



315 :m9(・∀・)イッチャイナサイ!!:04/02/23 16:03
冤罪主張派の人は
冤罪がありえないケースの場合について死刑をどう考えるのか知りたい。
例えば池田小事件は冤罪はありえないわけだが。
条件を絞っていけば冤罪はありえなくなる。
その場合でもやはり死刑廃止を主張するのか?
その論拠はどうなるのか?
冤罪というものは死刑「制度」についての議論・改正を求めるものとして足りうるといえるが
廃止を求めるものとしては十分ではないと私は考える。

また終身刑のほうがキツイ、という意見もあるが刑務所設備の改善が図られている近年、
本当にキツイのかどうかが問題となる。人間は基本的に環境に適応できる生物である。
極度の劣悪な環境でなければ「苦痛」というものは不満レベルでしかなくそれではキツイ、とは到底いえないのではないか?
我々は「終身刑」というものを語るとき、このことを少し考えてみる必要があるだろう。








316 :ヤマトタケル:04/02/23 16:23
粘着系へ
現行法にいろんな批判があるんだねー。
それはそれとして、結果に君は着目するわけだ。
俺も、そんなヤツには刑罰を適用する必要があると思うよ。
そこで、最初に戻ってしまうかもしれないが、
そんなヤツから命まで奪っていいのか?
だとすれば、犯した罪がどの程度だと奪えるのか?
という話なんです。
それについてまた聞きたいんだけど、
忙しいなら無理しなくてもいいよ。
君はよく単語を知っているし、読解力もあると思うよ。
学ぼうとする姿勢もひたむきで素直だと思う。
あと、俺は知識人じゃないよ。
あ、3人の娘さんがいるんだったね。
じゃあ、娘さんがもし死刑判決をうけた加害者側になったら・・・(なるわけないが)
ってことを考えてみてくれ。
悪いことをしたから死ねっていえるか?
俺なら、法務大臣を許さない。法に触れてでも抵抗するだろう。
なんにせよ、忙しい日々でこれだけ社会へ対する想いがあり、
よく書き込んでくれたね。
かぞく

317 :ヤマトタケル:04/02/23 16:46
つづき・・・家族を大切に、幸せをつかんでくれ。

おろかものサンへ
Bも同じです。どんな種類の犯罪であれ、もし少しでも抑止されているのであれば、
廃止後に少しでも犯罪は増加したかもしれません。
あらゆる犯罪が増加しなかったということは、Bも抑止されてはいなかった、とは思いませんか?

あとですねー、仮に増えたとしても、
明らかに社会秩序を乱すほどの増え方をしなければ、
死刑という「社会制度」を廃止しがたい理由にはならないと思います。
もしも抑止効果があると仮定すると、
終身刑よりは死刑の方が高いでしょうね。
しかし、現実に社会秩序を乱さないのであれば、
どちらも似たようなものだと思います。
死刑の抑止力があるかないか、というのは即ち、
「死刑を廃止すれば犯罪が増えるのではないか」
ということが心配だったわけですよね。

もう1つ。死刑が「生命刑」と呼ばれているのはご存知ですか?
死刑と終身刑は、人権を侵害している、というのは同じかもしれません。
しかし、決定的に違うのは、死刑の方は命を絶ってしまうということです。
冤罪の問題が、「冤罪は死刑にだけあるものではない」という理由で
退けられたことがあります。
これはおかしい、と思います。
死刑の冤罪は特別です。取り返しも代用も全くきかないもの、それが生命です。
だから、そのような特別な結果を招いてしまうという意味でも、
死刑を「生命刑」(生命に適用)と呼び、特に冤罪を議論するならば
通常の刑罰という枠組みからははずしておくべきだと考えます。

318 :ヤマトタケル:04/02/23 17:00
315へ
もちろん冤罪も主張するよ。
基本的に、「冤罪が有り得ない場合」というのは無い。
池田付属も冤罪が絶対に無い、とは言えない。
理系の人間はわかると思うが、100パーセントは無い。
といってもあの報道で冤罪かも?なんて思えるはずも無いが。
裁判官は、当事者でないからさ。
そしてそして、「条件を絞っていけば冤罪はありえなくなる」とあるが、
それは違う。条件は最大限絞っている。
でも、冤罪はあるだろう?そんなもんさ。
全ての刑罰には冤罪の可能性はついてまわる。
池田事件1つが確実になっても、我が国の全裁判で必ず冤罪は起こる。
100年くらいでたった1回でも、っていうか、
これから先の人類の歴史上でも1度も起こってはならない冤罪、それが、
「死刑における冤罪」なのさ。

もう1つ、「終身刑は大してキツくないのではないか。命ある限り、
それなりに適応してしまうのではないか」とのことだが、
ちょっと違うと思うよ。
刑罰って、「加害者に罰を与える」という感覚が強い。もちろんそうなんだが、
我が国の法は応報刑ではない。苦しめるため、ではなく、
犯罪者更正のための「教育刑」なのさ。
だから、刑務所にいる間に職業訓練もするわけなんだ。


319 :おろかもの ◆RdnXTChJz. :04/02/23 19:00
>あらゆる犯罪が増加しなかったということは、Bも抑止されてはいなかった、とは思いませんか?

思いません。先ほど殺人を例に挙げましたが殺人といってもいろいろあるんです。「殺人」が増加しなかったからといって「死刑を言い渡されたであろう殺人(以下死刑殺人)」が増加しなかったということにはならないんですよ。
話を聞いているとアメリカの実験では犯罪の種類ごとに犯罪数の変化が調べられたようですが、それで明らかになったのは「殺人」の数の変化であって「死刑殺人」の数の変化は明らかになっていません。
ですからアメリカの実験を根拠に死刑制度の「死刑殺人」への抑止力を否定する事は今のところできていません。

>明らかに社会秩序を乱すほどの増え方をしなければ、
>死刑という「社会制度」を廃止しがたい理由にはならないと思います。

「死刑殺人」はその性質上数件増えるだけでも社会に与える影響は多大なものです。前述しましたが死刑を言い渡される場合とは多数の被害者、殺し方が残酷、そんな場合ばかりです。
しかもどれだけ増加したのかが明らかでない。


320 :おろかもの ◆RdnXTChJz. :04/02/23 19:01
つづき

>死刑の冤罪は特別です。取り返しも代用も全くきかないもの、それが生命です。

大きな差がある事は認めますが、終身刑により奪われる「人生」も死刑により奪われる「生命」と同様に、ヤマさんのいう取り返しも代用も全くきかないものです。
ヤマさんの言いたい事はよ〜〜〜くわかってます。僕は「6対4」で死刑賛成といいましたがこの「4」はこの「冤罪」なんです。ついさっき僕も言いましたが終身刑と死刑の差は確かに大きいです。
しかしそれは(真実の)犯人にも言える事なんですよ。で冤罪で死刑になる人よりは「死刑殺人での」被害者の数のほうが多いだろうという点と取り返しがつかないという点では終身刑も死刑も同じという点でぎりぎり賛成なんです。
あまり強く主張できる点ではないと自分でもわかっています。

>我が国の法は応報刑ではない。苦しめるため、ではなく、
>犯罪者更正のための「教育刑」なのさ。

応報、一般予防、特別予防を併合した考えが通説だったと思います(タブン)。判例出てましたっけ?

一つ聞きたいのですがその実験が行われた州では、死刑を廃止して今まではなかった終身刑が導入されたのか、死刑と終身刑がもともと両方あって死刑のみを廃止したのかどちらですか?アメリカの実験に関するソースも一緒に教えてくれると参考になります。

321 :m9(・∀・)イッチャイナサイ!!:04/02/23 20:42
>>318
「冤罪」が存在しえるのは冤罪の可能性が示される場合だけ。
池田小事件において冤罪の可能性を示せるのかどうか。
それができない限り冤罪のありえない場合はありうることになる。



322 :おろかもの ◆RdnXTChJz. :04/02/23 21:29
>>321
100%冤罪でない場合はありえないとヤマトタケルさんは言ってるんだと思う。
物的証拠がいくらたくさんあって且つ目撃者が何百人いて且つ本人が初めから犯行を認めていたとしても
冤罪でない確率は99.9%であって100%ではない。

あと無罪の推定みたいのがあって立証責任は検察側にあるのです。

>池田小事件において冤罪の可能性を示せるのかどうか。

示せると思う。例えば報道された事実と警察から公表された事実は全てデマで目撃者も全員嘘をついていたら冤罪はありうることになるよ。0.001%ぐらいだとは思うけど。

323 :少年法により名無し:04/02/23 22:31
>>309
鋸挽きのお手軽版だな

324 :おろかもの ◆RdnXTChJz. :04/02/24 16:58
もし仮にこの世に『冤罪がないならば』抑止力があろうとなかろうと僕は死刑制度に99%賛成です。
(理由)
@犯人を死刑にすることで遺族の怒り、悲しみといった感情が少しでも和らぐのならそちらを重視するべきこと。
A命の価値は同じとヤマさんは言うが(僕はそうは思わないが)だとしたら犯人は被害者と同じ価値のある命で償うことこそが「公平」であって三食付の規則正しい生活を保障するのは被害者との関係を考えれば「不公平」といえること。国民の正義感情に沿う。

まぁでも現実には「冤罪」がなくなる事はあり得ないので結局は抑止力も含めて総合的に考慮するんですけどね。
もしも死刑制度の抑止力が「死刑殺人」にも『全く』働いていないことが証明されたならば僕は今度は(6対4の割合で)死刑制度廃止派になりますよ。


325 :少年法により名無し:04/02/24 17:12
>>1
死ね!!!!!!!!!!!!
ボケ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね
1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね
1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね
1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね
1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね
1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね
1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね
1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね
1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね
1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね
1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね
1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね
1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね1死ね


326 :少年法により名無し:04/02/24 17:56
死刑ほど無意味なものは無いね。
死刑判決されたほとんどの香具師らは「死」を恐れていないし、むしろ死を望んでる場合もある。
終身刑なんかが一番重い罪だと思われ

327 :少年法により名無し:04/02/24 18:37
>>326
犯人を苦しめることよりも
遺族の精神的苦痛を和らげ、且つ税金のムダ遣いを減らすことの方が大事では?
遺族の中にも死刑反対派の人はいるでしょうが死刑を望んでいる場合の方が多いでしょうし。
あるいは法改正されて遺族が死刑か懲役かを選べるといいかもしれませんね。

※懲役刑の場合は犯人に労働させ、自分の生活費+遺族への慰謝料を稼がせれば税金面も大丈夫でしょう。

328 :少年法により名無し:04/02/24 19:13
>>326
終身刑もイイが刑務所の中はそれほどの地獄でもない。
なれてしまえばなんてことない場所。
被害者意識として、犯人が苦痛もなしに生きていること
は耐えられないはず。死刑が最善とも思わないが。

329 :少年法により名無し:04/02/25 00:05
聴覚、嗅覚、味覚を奪って投獄。
視覚は残しておく。

330 :少年法により名無し:04/02/25 13:39
>>329
それぞれの感覚器官を奪うのは得策ではない。
それぞれの感覚器官は苦痛を認識するために
必要なのだから。

331 :中川泰秀:04/02/25 14:23
5回死刑の判決が出るものもいる。

332 :少年法により名無し:04/02/25 18:47
死刑制度にしろ、犯罪に対する処罰の厳罰化か治安の向上に
つながるかというと微妙な感じだとおもうのだが。
昔、やんちゃな時代に三面記事にのっちゃた連中と付き合ったことあるけど
厳罰化ぐらいでやめるような感じわしない。<そういう思考方法ではない>
むしろ、町の環境良くするほうが犯罪しづらくなるなと思った

333 :おろかもの ◆RdnXTChJz. :04/02/25 20:30
>>332
割れた窓理論ってやつだね。
「小さな犯罪を野放しにすることが大きな犯罪を引き起こす。
 大きな犯罪を減らすには小さな犯罪を徹底的に取り締まるのが良い」
って内容だった気がする。
確かにそういうの大事だろうね。
日本の場合
大きな犯罪(殺人、強盗、強姦等)
小さな犯罪(暴走族、路上駐車、落書き等)
って感じかな?
まずは暴走族から取り締まったほうがいい気がするんだけど
強引に捕まえて怪我させたりしただけでマスコミ大騒ぎするから警察やりづらいだろうけどね

334 :おろかもの ◆RdnXTChJz. :04/02/25 20:53
>>333
もっとも、それと死刑制度の是非は関係ないんだけどね。

335 :粘着系:04/02/25 21:55
死刑制度の是非、という論点と、
どうやれば犯罪が減るのか、という論点があって、
ずっと読んでるけど、死刑制度を廃止したら犯罪が減るって言う話は無いし、
何でもかんでも死刑にしちまえば(厳罰主義のこと)犯罪は減るっていう提案
への反論はないよね。応報刑主義とはまた違った考え方の(教育刑)の紹介は
あったけど。
>>1をよく読んで、その上での建設的な提案もほとんどないね。
板の趣旨は、「犯罪が減る」って言う点にあるんじゃないかな。それともこ
れはおいらだけの関心事かな。
死刑制度の是非ではなく、どうすれば犯罪が減るのか、しつこいようですが、
なんか提案はないですか?






336 :おろかもの ◆RdnXTChJz. :04/02/25 22:30
>>332さんの指摘に基づく>>333はどうでしょうか?

検挙率を高めることもかなり重要な気がします。
あと警察のパトロールを増やすとか街灯を増やすとか。
あまり思いつかないけど。

337 :少年法により名無し:04/02/25 22:32
拷問、拷問してから死刑にしましょうよ。


338 ::04/02/25 22:59
>>335
やはり「犯罪を起こしづらい環境」と「犯罪を起こしたくなくなる程の厳罰」が必要だとおもわれます。


339 :おろかもの ◆RdnXTChJz. :04/02/26 23:31
ヤマトタケルさん来ないですね。
もう来ないのかな?


・・・ま、いっか

340 :少年法により名無し:04/02/28 03:00
可能不可能は別として、死刑で「存在を消す」のではなく、生き長らえさせて
「最初からいなかった」ことにするというのもすごくキツイと思う。戸籍も出
生記録も抹消して一億総シカト。親も含めて世の中の誰一人として自分を知っ
ているものがいない。法的にも存在を認知してもらえない。自我というのは他
者を通して認識されるものである以上、自分の存在を自分で確認できなくなる。
間違い無く発狂して自殺するしかなくなるぞ。

341 :少年法により名無し:04/02/28 09:26
人間1度は過ちがある。だから万引きを2度したら死刑にすればいい

342 :少年法により名無し:04/02/28 17:09
日本は矛盾の多い国ですな
人権があるのに国が犯罪者をころす

343 ::04/02/28 19:11
>>340
>法的にも存在を認知してもらえない。
逆に言えば「犯人が開き直って犯罪起こしても法で裁けない」ということでは?


344 :粘着系:04/02/28 23:22
>>339
今、これちょっと、偏るよね、間抜けなデブの判決やら、なにやら。
なんか書くと流れ壊すレスがつく。いっぱい。それはそれで面白いけど。
せっかく休みの前だけど、書き込む事があまりなくて、また来週来ます。
sage
ってやれば、あがらないの?
って言うか、書き込んでみるしかないよね。じゃ。


345 :粘着系:04/02/28 23:22
ごめん、あがっちゃった。


346 :少年法により名無し:04/02/29 00:13
最高刑は死刑より拷問の方が・・
火ぃ体中おしつけて木刀で殴りつけて歯ぁ抜きまくって
目ぇつかえなくして冷水ぶっかけて釘体中に刺しまくって
1週間ほど立たせたままにしといて・・・死なない程度に水と
食事与えて・・・ローソクたらしてムチで叩きまくって壁に
叩き付けて・・・・・・・だぁぁぁぁぁぁああああ!!
酷い目にあわせてやりたい。殺られた。俺の・

347 :少年法により名無し:04/02/29 16:08
ほんと、宅間なんかをただ単に電気イスで殺してもなぁ。
裸にして人食いドラの檻に落とすとか。それくらい苦しみと恐怖を与え
ないと。

348 :おろかもの ◆RdnXTChJz. :04/03/01 15:58
>>345
E-mailのところに半角で
sage
と書き込んでおくと上がらなくなりますよ。


349 :粘着系:04/03/01 21:05
おろかものさま
また教えてもらいました。
前の分も合わせて、ありがとうございます。
ちょっとやってみますね。

350 :ヤマトタケル:04/03/05 16:22
おひさしぶりです。みなさんけっこう来てらっしゃるんですねー。
私はここに来れる都合がけっこう不規則なんで、それでもよかったら
お邪魔します。
さて、私が勝手な思い違いをしてはいけないので
おろかものさんへ確認をしておきたいことがあるんですが、
「廃止前なら死刑になり得た犯罪」
を抑止しているかも、というのは、
こういうことですか?
犯罪の発生の件数が死刑廃止の前後と関係ないのはわかるが、
1つ1つの犯罪の凶悪度(?)とでも言いましょうか、
増加はしなくとも、凶悪化(例えば廃止前に死刑になるような)
はするのではないか、そういう意味ですか?
教えてください。

粘着系へ
おひさしぶり。
「何でもかんでも死刑にしちまえば(厳罰主義のこと)犯罪は減るっていう提案
への反論はないよね」
とあるけど、全て死刑にすればいい、
あるいはそれに限りなく近いくらい厳罰化したらどうだって言いたいの?

351 :ヤマトタケル:04/03/05 17:04
ええと、もうひとついいでしょうか。といっても、今は触れておくだけにしますが。
おろかものサンへ
冤罪で死刑になる人よりは
「死刑殺人での」被害者の数のほうが多いだろう
という点と取り返しがつかないという点では終身刑も死刑も同じという点
とありますよね。
この話、冤罪の話こそがもっとも大きな論点なんですよね。
抑止力の話が1段落したら、腰をいれて話したいんですが、
冤罪になる人数と死刑になる人数、もちろん後者が多いでしょう。
しかし、そういう問題ですか?とくに生命の話では、
少数派を切り捨ててよいはずはありません。
たった一人でも、多くの被害者感情を埋めたりするために
犠牲になって良いハズがないと私は考えていますよ。
数は関係ないと思っています。
あと、ここが私とおろかものサンの1番の違いなんでしょうか。
私は、仮に冤罪が100%無くても、仮に大きな抑止力があったとしても、
仮に被害者感情が満足(真の満足ではないと思いますが)したとしても、
死刑に反対しちゃいます。
実は、私も生命の尊厳性を証明することについてはまるで自信がありません。
しかしいずれは・・・・ということで、
頑張っていきたいと思います。

352 :ヤマトタケル:04/03/05 17:10
あ、私は来なくなったりすることは無いのでご心配なく。
どんなに遅れても返事はしますよ。

353 :おろかもの ◆RdnXTChJz. :04/03/06 09:58
>>350 ヤマさんへ
う〜んと、説明下手だけど許してね。
例えば仮に死刑廃止前の殺人既遂の発生件数が1年で1000件だとします。んで日本では殺人の約10%が死刑判決を受けるから、
この例の場合殺人1000件中100件が死刑になる殺人(以下死刑殺人)ということになります(します)。
年によっては殺人の数は950〜1050件ぐらいの差はあると思うのでこの範囲での数の変化は「変化無し」ということにします。
アメリカの実験の詳細を知らないのでどの数を基準に「変化無し」としていたのかこの例では僕が勝手に基準を決め付けちゃいましたがもし知っていたら教えてください。知らなかったら別にいいです。
さて、実権では死刑を廃止して死刑殺人の数が50%増加して100件→150件に増加したとします。他の殺人の数に変化はないものとします。
そうすると死刑を廃止しても殺人全体の数は1050件であり「変化無し」ということになります。廃止以後の年毎の殺人の差は1000〜1100件。
死刑殺人の数が50%も増加したにもかかわらず1050件までは「変化無し」最大の1100件では「5%の増加」と評価される。
死刑殺人が50%も増加しても殺人全体の数の変化は5割が0%。残りの5割は0〜5%。よってこの例では死刑殺人を50%も増加させたにもかかわらず「死刑には殺人への抑止力はほとんどない」という結論になる。
だから死刑を廃止しても殺人の数がほとんど変化しなかったからといって死刑殺人への抑止力がないということにはならないということになります。

言いたい事は伝わったでしょうか?異議があればどうぞ。

>「何でもかんでも死刑にしちまえば(厳罰主義のこと)犯罪は減るっていう提案
>への反論はないよね」

僕のこれに対する考えを述べさせてね。
僕は全ての犯罪の刑罰を死刑にしたら窃盗や痴漢などの軽い(?)犯罪は減るが逆に強盗殺人や強姦殺人といった凶悪犯罪は増加してしまうと思う。
どうせ強盗(強姦)でも強盗殺人(強姦殺人)でも捕まったら同じ死刑になるんだから、どうせなら少しでも捕まらない可能性を上げるために口封じに銀行員や目撃者(被害者の女性)全て殺してしまえ!ってことになっちゃったりするような気がする。
やはり刑罰に「差」をつけることは大事だと思う。適度に「差」をつけた上で全体的に刑罰を重くするなら大賛成。

354 :おろかもの ◆RdnXTChJz. :04/03/06 21:09
>>353で死刑制度の死刑殺人への抑止力がないことは証明されていないと言いました。では逆に抑止力があるという根拠を僕なりに述べてみます。
前に日本で刑務所での生活に戻りたい、刑務所のほうが居心地が良いという理由で殺人未遂を犯した事件とタクシーに無賃乗車した事件がありました。詳細は忘ちゃったけど。
もしも終身刑が加えられ死刑が廃止されればこの犯人のような動機ならば確実に最も重い終身刑になるために死刑殺人を犯す可能性は高い。無賃乗車をした犯人も次からは死刑殺人を犯そうとするだろう。と、このように考えるのは自然だと思います。
以上の理由から抑止力はあると考えています。

>>351
冤罪は本当に悩むところですよね。以前6対4の割合で死刑賛成と言いましたが厳密には5.1対4.9ぐらいの割合でぎりぎり賛成です。4.9は冤罪が理由です。
何もしていないのに逮捕、起訴され死刑判決を受け殺される。何十人何百人と死者を出しても刑務所で規則正しい生活を保障される。どちらも絶対嫌だけどでもどちらかを選択しないといけない。

>冤罪になる人数と死刑になる人数、もちろん後者が多いでしょう。
>しかし、そういう問題ですか?とくに生命の話では、
>少数派を切り捨ててよいはずはありません。
>たった一人でも、多くの被害者感情を埋めたりするために
>犠牲になって良いハズがないと私は考えていますよ。

僕が天秤にかけているのは「冤罪の被害者の数」と「死刑制度があれば発生しなかったであろう死刑殺人の被害者の数」です。死刑になる人数ではありません。
どちらも何の落ち度もない被害者。どちらも大事。しかしどちらかを選択しなければならない。どうしても被害者の数で比べるしかないですよね?
僕の天秤は今前者が4.9後者が5.1の割合(つまり僕の中での死刑反対と賛成の割合)で後者に傾いています。もしも死刑制度には死刑殺人への抑止力がないことが証明されたならば死刑制度廃止に賛成になります。
死刑に抑止力がないという事は「死刑制度があれば発生しなかったであろう死刑殺人の被害者の数」が0ということになりますから。
あと被害者感情を埋めるためというのは確かに理由の一つですが主たるものではありませんから。(冤罪と死刑殺人の)被害者の命とどちらが大事かはわかっていますから。


355 :少年法により名無し:04/03/08 18:59
> >>353で死刑制度の死刑殺人への抑止力がないことは証明されていないと言いました。では逆に抑止力があるという根拠を僕なりに述べてみます。
> 前に日本で刑務所での生活に戻りたい、刑務所のほうが居心地が良いという理由で殺人未遂を犯した事件とタクシーに無賃乗車した事件がありました。詳細は忘ちゃったけど。
> もしも終身刑が加えられ死刑が廃止されればこの犯人のような動機ならば確実に最も重い終身刑になるために死刑殺人を犯す可能性は高い。無賃乗車をした犯人も次からは死刑殺人を犯そうとするだろう。と、このように考えるのは自然だと思います。
> 以上の理由から抑止力はあると考えています。

このスレ初レスなんだが、"刑務所のほうが居心地がいい"のなら、
・刑務所を居心地悪くするか
・シャバが居心地よくなるように、入所時の職業訓練を見直して雇用促進に繋げる
など、死刑廃止論議の枠外で簡単に政策上可能。「認識論」と「方法論」ていうロジカルシンキングが根本的に
イケテない。
 【刑務所のほうが居心地が良いという犯行理由(認識論)】に対して、【だから犯罪予備軍は確実に且つ
長期に入所するために最重大犯罪を犯す(根拠)】ので、【死刑制度残すことは抑止力になる(方法論)】
っていうのはどーかんがえても無理があるっしょ。方法論てのは勿論選択肢が沢山ある中で選ぶわけなんで、
死刑制度を残置しなくても刑事政策上メリットがあるなら上記の通り、より軽い方法でいいはず。

356 :おろかもの ◆RdnXTChJz. :04/03/08 22:06
ごもっともですね^^;
死刑殺人の例えには向いてなかったかも。

う〜ん、死刑制度の死刑殺人への抑止力が ないことの証明もあることの証明もされてない状態になっちゃたのかな〜。
死刑の廃止前後での犯罪の数や被害者の数を詳細にまとめたデータが欲しいな〜。どこにあるか誰か知りませんか?

日本は冤罪大国だと僕は考えています。根拠は有罪率が99.9%以上であること。原因は裁判官が無罪の推定を働かせていないどころか逆に有罪に推定を働かせている点にあります。
司法修習のときにそのように教わるんだそうです。無罪を出すと同じ法務省繋がりの仲間である検察官が出世に響くから気を使っているらしいです。
これも日本の死刑廃止派の論拠の一つ。日本の死刑制度に限って言うならば僕は5.1対4.9の割合で反対です。
日本では「冤罪の被害者の数」のほうが「死刑制度があれば発生しなかったであろう死刑殺人の被害者の数」より多いような気がするから。データがないからやっぱり強くはいえないんだけど。

357 :妄想厨:04/03/09 00:27
無実の罪の場合は?
正当防衛とかかなり際どい時があるんだけど

それでも拷問?

358 :男+女+男=嬲 ◆HDxHV0wEpM :04/03/09 19:50
私は死刑制度賛成派です。
死刑に抑止力があるからです。
↑を証明するために例え話をしますが、
「死刑」では実感が湧かないので同じく"死"を連想させる「拳銃」に置き換えます。
何かをしようとしている1000人の人に拳銃を突きつけ「それをすると撃つ(殺す)」
というとどうでしょう。
自己防衛(特に命にかかわることに対して)は人間にとってほかのどんな行動よりも優先度が高いのです。
「何かすれば死ぬ」という状況になった時、よほど特殊な場合以外はしようとしていた「何か」をやめるでしょう。
もし「死刑に犯罪抑止力がない」ということが正しければ、
「拳銃を突きつけられても一人もやめない」ということです。
そんなことはあるはずもなく「死刑」に犯罪抑止力があることは自明です。
したがって私は死刑に賛成します。

359 :男+女+男=嬲 ◆HDxHV0wEpM :04/03/09 19:54
訂正:7行目
×人間にとって
○生物にとって

失礼しました。

360 :少年法により名無し:04/03/10 14:14
本でも出せ!

361 :少年法により名無し:04/03/12 18:38
難しいことはヨグワガンネ。でも、国の予算がたんねーんだべ?それで刑務所サ
いる人間の数増えるだけ増えてるんしょ?じゃ、答えはひとつ。

                「 悪 い 香 具 師 は 殺 せ 」

死んだらオワリ?フッ。馬鹿言うでねーだよ。そう簡単に死ねねーよぉ。
首吊り?電気椅子?毒薬注射?死刑囚になんでそんな気を使うだよ??
古来から伝わる、様々な刑死があるやろが。東洋にも西洋にも。なんでそれらを
使わん?倫理?そこから逸脱した香具師には、逸脱したなりの刑死があるはず。
みんな一緒じゃワリに合わないんじゃねーか?

だから、「この国の最高刑が死刑でいいのか?」なんてスレが繁盛すんだなW

362 :少年法により名無し:04/03/12 23:31
死刑を越える刑罰として残虐刑なんかはどうだ?
死刑の場合は苦しまずに即死するが残虐刑の場合は十分苦しめてから処刑する。
そしてその被告人に殺害された遺族の中の希望者は(多数の場合は抽選あるいは、
その事件の中でもっとも残虐的に殺害された遺族が優先的にその権利を有する)。
自らの手でその被告人好きなようにいたぶり最終的に殺害することができる。
もちろん被告人は拘束されているので反撃はできない。
色々な武器が用意されており任意に選びその場、その被告に対してのみ報復措置として
行う事を法が保証する。

その他にも終身刑の導入と絶対禁固刑(労働を希望しても受け入れられず、ノイローゼに
なろうとどうなろうと決められた期間数牢屋に閉じこめられる刑罰(実は懲役よりも禁固の方が
長期間であればあるほど受刑者にとって精神的ダメージはでかい)。
当然絶対禁固刑による終身刑も新たに制定する。

俺が政治家になったら残虐刑、終身刑、絶対禁固刑を新たな刑罰に必ず制定してみせる。
そして未成年に対しても例外的にこれらの刑罰を与えられるように制定する。


363 :少年法により名無し:04/03/12 23:34
死刑には賛成なんだけど、さすがに残虐刑はなぁ・・・。
いや、これだけは冤罪がマジ心配。宅間みたいに明らかにわかってるならいいけど。

364 :少年法により名無し:04/03/13 01:20
二つほど案が浮かんだ。

1.某小説で読んだ拷問なんだが、
五感を奪って口には無味無臭の栄養剤が出るチューブを通す。(舌噛ませない意味も含)
あとは放置。

2.何にも無い真っ白い部屋に放置。
それをネットで公開する。
で、見てるヤシラで何させるか意見出して、投票。
一番多かったヤツを実行させる。
一年間誰にも見られなくなるまでずーっとその生活。


365 : :04/03/13 08:13
死刑より大きな罪なら拷問で殺れ
最近は死を望んで犯す奴もいるぐらいだから死刑じゃ償いにならん
もっと加害者の情報を出せ

366 :少年法により名無し:04/03/13 08:42
いや、死刑は不要だ。

生まれたときに、脳に防犯ユニットを埋め込むんだ。
また、入国する外国人にも、防犯ユニットを埋め込みを義務づける。
そして、よからぬことをたくらんだら、防犯ユニットを自爆させる。
もっとも、自爆といっても、脳が吹っ飛ぶような爆発は無用だ。
運動領野にダメージを与えて行動不能にできれば十分だ。
そういった装置は、現代のナノテクノロジーで十分に実用化できるだろう。

警察は、スピード違反の取締りの要領で、
駅や道路など人の行き来のあるところで、
防犯ユニットを装着していない市民を検挙すればよい。
それだけで大部分の犯罪を未然に防ぐことができる。

おっと、よからぬ夢を見たら誤爆するんじゃないかと心配するかもしれないが、
脳波を解析することで、誤爆の確率を十分小さく出来るだろう。
ゼロにはできないかもしれないが、交通事故で死ぬ確率よりも小さく出来れば問題ない。
しかも、誤爆しても死ぬわけじゃないからな。
リハビリして釈放すればよい。

これからのトレンドは、「犯罪の予防」だ。

367 :少年法により名無し:04/03/13 09:03
(・∀・)スッゲー

368 :男+女+男=嬲 ◆HDxHV0wEpM :04/03/13 14:31
>>366
>そして、よからぬことをたくらんだら、防犯ユニットを自爆させる。
それだと「考えること」自体が犯罪になってしまいます。
犯罪とは「よからぬことをすること」であり、「よからぬことを考えること」ではありません。
あなただって「殺意」「窃盗願望」「レイプ願望」の内、少なくとも一つは抱いたことがあるでしょう?
多くの人間がそうです。しかし我慢できれば問題ありません。
我慢できずに実行に移してしまう人間が「犯罪者」になるのです。

>ゼロにはできないかもしれないが、交通事故で死ぬ確率よりも小さく出来れば問題ない。
>しかも、誤爆しても死ぬわけじゃないからな。
>リハビリして釈放すればよい。
その程度の安全性ではまず採用されません。

369 :粘着系:04/03/13 21:11
>>366
時計仕掛けのオレンジって言う映画、見たことある?



370 :少年法により名無し:04/03/24 12:38
マイノリティーリポートが実現すれば・・・

>>366
それより生まれてl来たやつの指紋を採取して何か起こったら全員の
指紋と照合できるようにすればそれでいいと思う。それじゃあ金もかか
るし何より危ない。絶対に実現しない。逆にこれなら指紋とってそのデ
ータベース作るだけで済む。
犯罪制御にも十分効果的でしょ。

371 :ヤマトタケル:04/03/26 13:24
おひさしぶりです。
実は今ドタバタしていてなかなか来れないんです、すみません。

おろかものさんへ
その死刑殺人の話なのですが、質問しておきますね。
まず、当たり前のことを言っちゃって悪いんですが、
死刑が確定する際に、殺人件数の○割程度は必ず死刑にする、
というマニュアルはもちろんありません。
ですから、殺人犯の総数に対する相対的な数字を根拠にはせず、
その者が死刑に妥当であるかどうか絶対評価で決めていきますよね。
極端な話、もし殺人事件全てが死刑にしないといけない程の内容の場合、
1000件中1000件が死刑殺人になってしまうことになります(有り得ない話ですが)
つまり、あなたの言う『死刑殺人が増加した』というのは、
『廃止前ならば死刑判決を受けるのが妥当とされる情状の事件が増加した』
ということですよね?
これって要するに、『犯罪の凶悪化がみられた』
という意味だと思うのですが、合ってますか?

372 :ヤマトタケル:04/03/26 13:51
ええともう1つ
冤罪の被害者と、死刑廃止前に死刑になり得た犯罪の被害者の数を天秤にかけてらっしゃるんでしたね。
これは、抑止力があることを前提にして成り立つ議論ですが、仮にあるとしても
私は、これらを天秤にかける必要は全く無いと思います。
たしかに被害者は少ない方が良いに決まっています。
そうではないんです。
またまた論理性の無い話をしてしまいますが、
1人でも無実の被害者がでてしまう可能性があっても、
多数の無実の命を守るのには、私は反対ですよ。
おろかものさんの中で、命の重さには一定の質量があり、
たとえば死刑殺人者と健全な国民のように、
人によって『差』が生じてしまうとお考えのように察します。
私は違うと思います。罪の無い正しい人間同士でも、
命の重さに差は無いと思います。
そして、無実の人間が1対多だとしても、その天秤は動きません。
命の重さは無限大だと私が考えているからです。
無限大×1=無限大×100000000000000000
また、無限大=無限大x
だと思うんです。
数を根拠にせず、
『どちらが正しいのか』
で判断するべきだと思います(そう考えて人数に行き着かれたのかもしれませんが)。
全ての善き人を救うための1人の犠牲は、決して尊いものではないと思いますよ。


373 :ヤマトタケル:04/03/26 14:01
358の嬲さんへ
それは違うと思いますよ。
拳銃を突きつけられているのならばもう逃げようがありません。
また、実行後間髪入れずに即死です。
死刑よりもはるかに現実味をおびています。ですから全く異質のものだと思いますよ。
ですから、拳銃の例で犯罪を抑止しているからといって、
死刑でも抑止できているかというわけではないと思いますよ。


374 :ヤマトタケル:04/03/26 14:03
あの、SFっぽい話も出ているのですが、
教育の誠の進歩は犯罪抑止になると思いますよ。完全ではないでしょうが。
そのためには死刑はどうなんですかね、難しいところです。

375 :少年法により名無し:04/03/26 23:56
餓鬼でも1人殺したら死刑だ!

376 :少年法により名無し:04/03/27 11:39
死刑囚を10人ぐらいずつ牢屋へ入れ1ヶ月水も餌も与えずに共食いさせる。

377 :少年法により名無し:04/03/28 05:56
>>373
>拳銃を突きつけられているのならばもう逃げようがありません。
>また、実行後間髪入れずに即死です。
>死刑よりもはるかに現実味をおびています。ですから全く異質のものだと思いますよ。
確かに拳銃は適切ではありませんでした。
しかし「死刑判決」と「拳銃」は「"死"を突きつける」という意味で似ていると思いますよ。
法で監視されてるので逃げることもできませんし。
「現実味」という意味でも私達のように「客観的」ではなく「主観的」に見れば十分あるでしょう。

ただの空論になってしまいますが。

378 :男+女+男=嬲 ◆HDxHV0wEpM :04/03/28 05:56
失礼。
>>377は私です。

379 :妄想厨:04/03/28 12:58
自分で自分の首絞めている感が

380 :少年法により名無し:04/03/28 16:12
両足とチン○きを切断して
顔に刺青して、社会保障、財産募集の後
世間に放置する。

381 :少年法により名無し:04/03/28 16:28
↑OGURISH の見すぎ 例えばちん個切断されて血が噴出してるときに手首切断されてる刑の映像とか

382 :少年法により名無し:04/03/28 16:54
http://www.flashback.org/snuff/nbl10.jpg

383 :少年法により名無し:04/03/28 17:07
独房の中では、黒板をつめで引っ掻いたような音を大音響で
流す。当然夜は眠れんだろう。


384 :福沢:04/03/28 20:23
少しづつ体を切って、食わせる

385 :少年法により名無し:04/03/29 00:26
死刑は被害者の遺族が希望すれば直接リンチして殺すことができるってのはどうよ?
被害者の人権が無視されすぎだ

386 :>>370です。:04/03/30 18:41
>>370 を読んでください。意見が聞きたい。

387 :少年法により名無し:04/03/31 02:30
ttp://www.starblvd.com/aoiryuyu/no2.html

388 :少年法により名無し:04/04/01 01:34
>>386
意見がほしい時はAGEてみようw

389 :おろかもの:04/04/02 23:19
>>371
>死刑が確定する際に、殺人件数の○割程度は必ず死刑にする、
>というマニュアルはもちろんありません。

例えばの話ですから。僕が>>353で言いたかったのは『アメリカの実験では死刑制度の死刑殺人への抑止力が無いことを証明できていない』ということです。

>これって要するに、『犯罪の凶悪化がみられた』
>という意味だと思うのですが、合ってますか?

あってますよ。ちなみに>>353での例えでは死刑殺人50%増でそれ以外の殺人は数に変化無しということになってます。

>>372
>冤罪の被害者と、死刑廃止前に死刑になり得た犯罪の被害者の数を天秤にかけてらっしゃるんでしたね。

微妙に違います。
冤罪の被害者と、死刑があれば発生しなかったであろう死刑殺人の被害者の数を天秤にかけてます。

>そして、無実の人間が1対多だとしても、その天秤は動きません。
>命の重さは無限大だと私が考えているからです。
>無限大×1=無限大×100000000000000000
>また、無限大=無限大x

理屈というよりもむしろ感覚的なものなんでしょう。この点は話し合っても無駄かな?
冤罪被害者ならともかく犯罪者の命がその被害者と同等だとは僕にはどうしても考えることができません。
この問題での命に対する僕の価値観とあなたの価値観、どちらが正しいかはわからないがどちらが日本では多数派かを考えれば、僕の価値観のほうが多数派だとは思うんです。いろんな掲示板を見て回れば多くの人の『本音』を知ることができますから参考にしてください。


390 :少年法により名無し:04/04/05 21:08
凶悪犯には、死による報復しかあり得ない。
http://www.jttk.zaq.ne.jp/baags702/tansi52.html

391 :ヤマトタケル:04/04/06 12:44
お返事どうもです。
なるほど、そういう意味だったんですか。
適切な説明ができなくてどうもすみません。お手数かけました。
アメリカの場合もそうですが、フランスが死刑を廃止した場合にも、
犯罪件数の増加に加え、犯罪の凶悪化もいっさい報告されていないそうですよ。
たしかに、犯罪の検挙数と実数の差というものがありますから、
単純に数だけで絶対視できたりはしないかもしれません。
死刑制度の犯罪への諸影響を皆無と位置付けることは困難ですね。




392 :ヤマトタケル:04/04/06 13:02
しかし、おろかものさんの言われる死刑殺人の増加が認められていない以上、
死刑制度の犯罪抑止力を肯定はできません。今のところ、死刑殺人に対しても、
抑止効果は認められませんよ。
また、これから先仮に肯定できたとしても死刑制度には反対ですね。

命の話についてです。
話し合っても無駄、とは思いませんが、
現在の私はまだまだあらゆる人を説得する自信がありませんし、現に無理だと思っています。
ただし、今のところは、です。
犯罪者の命とその被害者の命が同等とは思えない、これは当然です。
私も幼い頃に同じ話を母から聞かされ、同じように疑問をもちました。
たしかに感覚的なものとしか、誰もが思えないでしょうね。
しかし、正しく健全な感性は、正しい理論によって裏づけが可能だと思います。
同様に、本当に正しい理屈は、正しい感性を集めることができると思っています。
生命の尊厳については、いずれ明確な証明がなされる、
というよりもむしろなされるべきだと思います。
犯罪や戦争や日々の醜い争いまで、その根幹には生命への不遜があるような気がします。
私は将来このことへの明確な証明、あるいは必要性を、
宗教などではなく、教育として全世界へ普及させることができたらいいな、
と思っています。
もし私の生命に対する考察が一定の充実をみせたならば、
ぜひおろかものさんにも話したいと考えています。





393 :ヤマトタケル:04/04/06 13:12
嬲さんへ
確かに、死を突き付けるという1点のみを見れば同じでしょうね。
しかし、現実に拳銃をつきつけられれば、
誰も犯罪を犯せないのではないでしょうか。
しかし、死刑があっても犯罪を犯す人間はたくさんいます。このことから、
拳銃を突き付けられた場合の威嚇効果と、死刑がありますよ、
というのでは、まるで影響力が違います。
直接的か、間接的か、ということもそうですが、
実感が湧くのと湧かないのとでは、実は全然違うんです。
実際に、逮捕されずに逃げのびる凶悪犯罪者は、
我が国においてもまだまだいるだろうと言われていますしね。

394 :少年法により名無し:04/04/06 13:16
死刑はないと犯罪者になめられるだろうね。
だいたい自分の利益だけのために人の命を奪うような人はいなくなったほうがいい。
正当防衛とかなら致し方ない面はあるけど。

でも思うけど、死刑って何より実行する刑務官の人が気の毒。
合法的にとはいえ殺人をするわけだし。
死刑囚が自分で首つるんならいいけどね。

395 :ヤマトタケル:04/04/06 13:18
そしてそして
おろかものさん、命に対しての私の考え方が少数派か多数派かというのは、
議論の正しいかどうかを決定する根拠にはなり得ませんよ。
しかも、圧倒的少数だとも思いません。掲示板を見るよりは、
世論調査を参考にされるとよいかと存じます。
民主主義というのは、世論に追従することではありません。
市民の意志を尊重することです。
とはいっても、ごく一部の価値観の相違が見られただけで、いまのところ
この話はこれ以上進みそうにありませんね、すみません。

396 :ヤマトタケル:04/04/06 13:24
394さんへ
死刑になる人間の全てが、自らの利益のために犯罪を犯すのではありませんよ。
しかし、おっしゃるとおり、死刑を仮になくしても、それに代わる最高刑罰を
用意できなくてはなめられてしまう可能性も、あるかもしれませんね。
刑務官の話はまったくその通りだと思います。自殺される方や、
精神に病を患ってしまう方もいらっしゃいます。

397 :ヤマトタケル:04/04/06 13:27
おろかものさんへ
もう1つお聞きしていいですか?
無実の人間1人と無実の人間多数では、やはり重さが違うと感じられていますか?

398 :394:04/04/06 14:09
>>395
お尋ねなんですが、自らの利益の為以外と正当防衛以外で
殺人を犯すのってどういう場合があるんですか?
あまり思いつかない・・・。

刑務官の話は以前本だったか深夜のTVだったかで見ました。
執行するときってなるべく大勢の人数で分担して実行して
意識を和らげるそうですね。
でもって、新人はそれを経験して先輩に「一人前になったな」と言われるとのことでした。
この場合一人前になりたくないですね。


399 :少年法により名無し:04/04/06 20:42
死刑になる瞬間はものすごい恐怖、言葉に言い表せない

複数を人間にその恐怖を与えたならば              4回半殺しの後5回目電気椅子でどうぞ

400 :おろかもの:04/04/06 22:43
ヤマさんへ
>アメリカの場合もそうですが、フランスが死刑を廃止した場合にも、
>犯罪件数の増加に加え、犯罪の凶悪化もいっさい報告されていないそうですよ。

フランスの刑法に関しては僕は全く無知ですが、日本では死刑になりうるのは人を殺した場合と反乱だけです。だから死刑を廃止し、それら以外の犯罪の数に変化がなかったとしてもそれは至極当然のことだと思うのです。
犯罪総数に占める死刑殺人の割合が何%か、だいたいはヤマさんだって予想できるでしょ?似たようなことを前述したと思いますが、「犯罪総数に変化がなかった」からといってそれが「死刑殺人の数に変化がなかった」ということにはなりませんよ。(>>353参照)
それとヤマさんは犯罪総数は増加していないと言いましたが『全く、微塵も、1件も、被害者の数も』増加してないんですか?犯罪数は毎年少しながらも変化するものなのに、何と比較して増加していないといっているのかがわからない。

というかそのフランスでの事実に関する詳細なデータが欲しい。どこに行けば手に入るんだろ。

>しかし、おろかものさんの言われる死刑殺人の増加が認められていない以上、
>死刑制度の犯罪抑止力を肯定はできません。今のところ、死刑殺人に対しても、
>抑止効果は認められませんよ。

まぁ、そのとおりなんですけどね。抑止力があることもないことも証明されてないって感じかな。でも僕は理屈からいえば抑止力はあると思うんですよ。根拠は多くの人は死刑か終身刑かどちらかを選択しろと言われればほとんどの人が終身刑を選ぶであろうこと。
てかこれも詳細なデータがないと議論が進まないですね。


401 :おろかもの:04/04/06 22:43
つづき
>掲示板を見るよりは、世論調査を参考にされるとよいかと存じます。

ごもっとも。これに関する世論調査ってされたことあるのかな。またまたデータが足りない。欲しい。

>無実の人間1人と無実の人間多数では、やはり重さが違うと感じられていますか?

無実の人間多数の命のほうが重いと感じています。もちろん無実の人間1人の命が軽いものだとは断じて微塵も少しも全く思っていません。それでもどちらかを選ばなければならないとしたら…多数を選ぶのは仕方のないことだと思っています。


ヤマさんは仮に冤罪が絶対になくて且つ抑止力もあったとしても死刑に反対だとの考えらしいですが、はっきり言ってそれはおかしいと思います。
仮にヤマさんの言うとおり殺人犯の命もそれ以外の人の命も価値は常に等価なものだとしましょう。
もしも抑止力があるというこの例の状態で死刑を廃止したら、殺人の犠牲者の数が増えることになります。
命の価値が等価だというのならば、なぜ犯人ではなく犠牲者を切り捨てるのですか!犯人とその犠牲者、どちらかを選ばなければならないこの状態でなぜわざわざ犯人の命を選び罪無き犠牲者の命を切り捨てるのですか!?
ヤマさんが犠牲者の命を切り捨てる理由を教えてください。
僕ならば何ら迷うことなく犯人の命を切り捨てます(死刑)。この例に関しては僕のこの判断、感覚は間違っていないと自信を持っていえます。


402 :少年法により名無し:04/04/09 23:39
凶悪犯罪者は全員「対人地雷撤去の刑」でいいでしょ?

人の未来を奪ったやつは人の未来を救うことでしか罪を贖えまい

403 :少年法により名無し:04/04/09 23:44
>>402
>人の未来を奪ったやつは人の未来を救うことでしか罪を贖えまい
ヤバイ!目から鱗・・・いいこといった!!

404 :少年法により名無し:04/04/09 23:51
その刑ケッコウいいな・・・w

405 :少年法により名無し:04/04/10 00:17
OTL

406 :少年法により名無し:04/04/10 00:17
ってか死刑の上って?

407 :少年法により名無し:04/04/10 21:36
>>406
拷問刑


408 :少年法により名無し:04/04/10 22:21
やっぱ、昔みたいな あだ討ち がいいんじゃない?
〇〇のかたきーーー、お命頂戴とか。
助っ人は、もち武装警官!

409 :少年法により名無し:04/04/11 14:39
日本は基本的に刑が軽すぎる
今の判決に最低10年はプラスしろや

410 :少年法により名無し:04/04/11 18:39
死刑でも生ぬるいようなやつは拷問にかけるしかないだろ?
歯を全部叩き折れば、自らあぼーんは出来ない。
その後にガス溶接機にて四肢焼切断、眼球えぐり、性器切断etc
その後は脱出不能な肥溜めに放置。クソを食らい、
尿で喉を潤し命をつないでいくのだろう。
とりあえず、宅間守や林真須美あたりで実験してみようや。

411 :少年法により名無し:04/04/16 21:21
age

412 :少年法により名無し:04/04/16 21:22
私刑による死の方があまぬるいよ!

http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/youth/1080561475/l50

413 :少年法により名無し:04/04/16 21:33
オナニーを禁止した上で、AVを毎日無理矢理見せる。

414 :少年法により名無し:04/04/17 09:48
いやぁ…今日授業で死刑の是非についてちょっと触れまして、
検索してみて初めてこの板来たんだけどね。すごい。
すごく勉強になる…気がします。
頭の悪いレスもちらほらあるけど、議論続けていただけると嬉しいです。

415 :414:04/04/17 10:09
ttp://home.imai.nu/k-imai/diary/2001/01/10h.shtml
ちょっとおもしろいと思った。自己申告制の死刑。

416 :少年法により名無し:04/04/21 23:52
age

417 :少年法により名無し:04/04/22 02:11
少なくとも、犯罪者の人権なんて守る必要はないし、守る気もない。
人を殺した人間は同等の刑罰を受けて然りだろ?

5人殺して、死刑じゃ生ぬるいと言うのなら、そいつを4回ほど
死の淵に立たせて、5回目でとどめを刺してやれ。

418 :ヤマトタケル:04/04/23 13:07
そうですね。
抑止力を根拠に死刑を存置するならば、
抑止力を証明できていなくてはいけません。
できていないのですから、話が進まないというよりは、
抑止力を根拠に今のところは、死刑を肯定できない、という一時的な判断のもとに、
話がふりだしに戻ったといったところでしょうか。

犯罪の増加に関してですが、1件だけ増えた、程度では、実証できないんですよ。
私も統計学の専門家ではありませんからあまりえらそうには言えませんが、
それが毎年恒例の偶然ともいえる出来事かどうか、
死刑の抑止力の喪失によるものだという裏づけができているのかどうか。
その証明ができる「有意的な」増加をしているのか、
という問題なんです。
その視点から抑止力が証明できていないんです。
そして、あなたのおっしゃる死刑殺人も増加の報告はありません。
死刑存置状態ならば死刑になり得たであろう犯罪というジャンルにしぼってみても、
増加していないということです。
犯罪大国、裁判王国アメリカでもです。



419 :ヤマトタケル:04/04/23 13:31
また、時間が空いたら来ます。
次は命の話をします。
犯罪者の命と無実の被害者の命を天秤にはかけていません。
それは、大きな大きな誤解です。天秤など無いということと、
最高・等価・唯一・普遍だからこそ廃止を唱えているのです。
また来ますね。
また来ますね。


420 :少年法により名無し:04/04/25 00:39
>410.417殿 大賛成です! >419殿天秤はありますよ。天秤がなきゃ駄目です。
極悪犯罪者には死で償いを!

421 :少年法により名無し:04/04/25 00:42
age

422 :少年法により名無し:04/04/25 06:06
あのね、死刑囚のね、あなるちゃんにね、出ん居k

423 :それはそうと:04/04/25 07:57
一人目を殺して無期、何年かで出てきて又殺人を犯す。
こういった例は、たくさんある。
最初の事件で、死刑にしておけば、次の事件は起きず
被害者も生まれなかったはずだ。
死刑にしておけば、2度目の事件は起きなかった。
抑止力は、おもいっきり、ある。

424 :少年法により名無し:04/04/25 08:05
人を一人殺せば、死刑!これ基本。
シリアルなら、その分死刑の確度が高まる。
情状酌量の余地があるのなら、差し引きで計れ!

まずは死刑ありきだ!

425 :少年法により名無し:04/04/25 08:13
どっかの国の死刑方法の一つで、受刑者をはりつけにしてそれに向かって被害者血縁者や怒りに燃えた一般市民らが交代しながら全力で石を投げ続けるというのを聞いた事ある。長い時間苦しんで最後は体中グチャグチャに潰れて絶命するらしい

426 :少年法により名無し:04/04/26 05:36
殺人をエンターテイメントのように考える人が多すぎる。

427 :少年法により名無し:04/04/26 09:32
初犯だから8年とか、トテモ変。だから舞い戻って再犯。
何人やろうが、初犯だろうが死〇。ただ、最高刑が死〇より、
終身刑にした方がいいと思うな。

無期懲役が実質15年で(減刑されるともっと早く)出るのはねぇ。
もっと犯罪によっては20年・30年の判決があったほうが抑止力は上がると思う。

428 :少年法により名無し:04/04/26 09:55
マット殺人の山形県新庄市なんか
犯人死刑どころか
核兵器で土地ぐるみ抹殺してしまいたいぐらいだ。

429 :少年法により名無し:04/04/26 17:06
視神経と聴神経を切断し、壁に張り付け、栄養は注射器で取らせる
これで一生過ごす

・・・ってのは?

430 :少年法により名無し:04/04/26 17:52
≫429
いけてる。
でも最悪冤罪とかあるから、なんとも言えない問題だよなー。
まあ、閻魔様がしばいてくれたらいいんだけど。


431 :少年法により名無し:04/04/26 18:03
>>429、430
死刑と私刑は別物

432 :少年法により名無し:04/04/27 00:58
最高刑は鞭打数回
傷が塞がったら再開

これを20年くらい繰り返してやりゃ再犯はなくなるヨカーン

162 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)